アンドロイドのバージョンアップができない時の対処法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
josei_gimon

アンドロイドのバージョンアップがしたいのに、何故かアップデートできない!

アップデートできないと、アプリが対応していなかったり、最新の機能が使えなかったりと何かと困ることが多いですよね。

今回は、そんなアンドロイドがアップデートできない時の対処法について紹介します。

スポンサーリンク

アンドロイドがアップデートできない原因

アンドロイドのスマホ・タブレットといえば、Galaxy、Xperia、Nexusなどが有名です。

こういった端末でアップデートができない原因としては、次の2つが考えられます。

  1. スマホ・タブレットの容量不足
  2. スマホ・タブレットが最新のアンドロイドOSに非対応

具体的に、アンドロイドがアップデートできない原因を見ていきましょう。

1.スマホ・タブレットの容量不足

まずアップデートできない原因として1番考えられるのが、端末の容量不足です。

アンドロイドは、端末の空き容量が十分でないとアップデートできません。

そのため、画像や音楽などのメディアデータやアプリによって容量がいっぱいになってしまうと、最新のアンドロイドのデータをインストールすることができなくなってしまいます。

2.スマホ・タブレットが最新のアンドロイドに非対応

アンドロイドOSの大元はGoogleが開発しています。

ところが、機種ごとのアンドロイドOSは、それぞれのメーカーが独自の機能を付けて販売しています。

そのため、メーカーがバージョンアップを提供しない限り、最新のアンドロイドへアップデートすることができません。

特に2年以上経過したスマホ・タブレットは、メーカーがアップデートを提供しないケースが多いようです。

容量不足でアップデートできない時の対処法

まずは、何が原因で容量不足になっているか確認してみましょう。

【設定】→【ストレージとUSB】を見ることで、何に容量を使っているかを確認できます。

特に使用量が多いデータは、削除するかSDカードなどに移動することで空容量を増やすことができます。

空容量を増やすポイントとしては、次のとおりです。

  • 画像・動画・音声のデータの削除 or 移動
  • 不要なアプリの削除
  • 溜まったキャッシュデータの削除

空容量が増えたら、再度アンドロイドのアップデートを試してみましょう。

最新のアンドロイドOSに非対応の時の対処法

通常リリースから2年以内の機種であれば、メーカーによって継続的にアップデートが提供されます。

そのため、機種が新しいのに、新しいアンドロイドのアップデートが通知されない場合は、基本的に待つしか方法はありません。

また、2年以上経過してしまっている場合で、アップデートの通知が来なくなった場合は、メーカーがその後アップデートを提供する可能性は極めて低いです。

こういった場合は、大人しく今のアンドロイドOSのバージョンで我慢するか、新しい機種の購入を検討しましょう。

アンドロイドのバージョンアップができない時の対処法まとめ

スマホとして、iOS以上に普及しているアンドロイドOSですが、アンドロイドOSは機種によってバージョンがバラバラになります。

単なる容量不足でアップデートできない場合は、空容量を増やすことで解決できます。

しかし、機種自体が原因となっている場合は、機種を買い替えない限り、最新のアンドロイドOSにすることは残念ながらできません。

最新の機種にしても当然アップデートできる期間は限られているので、お金の面も考えて賢くアンドロイドを使っていきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*