見れない?iPhoneの写真・画像がパソコンで表示されない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
iphone写真が見つからない

iPhoneで撮影した写真や保存した画像を、パソコンで閲覧される機会がある方も多いのではないでしょうか。iPhoneとパソコンをUSB接続すれば、簡単に見ることができますよね。

ですが、「なぜか写真を見ることができない…」という症状に陥る方がいらっしゃるようです。その症状というのも、全ての写真が見られない場合や、一部の写真・画像のみが見られない場合など様々。

このような場合、どのような策を講じればパソコンで閲覧をすることができるのでしょうか?

今回の記事では、「iPhoneの写真や画像がパソコンで表示されない場合」の対処法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

iPhoneの写真はどこに入っているの?

画像がパソコンで表示されない場合の解決法を紹介する前に、「iPhoneの写真やスクリーンショット・画像はどこに保存されているのか?」について解説していきます。

iPhoneで撮影した写真や保存した画像は、iPhone内の「DCIM」フォルダと呼ばれる場所に保管されています。

DCIMフォルダを開く手順

dcimフォルダ
iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続したら、パソコンで適当なフォルダを開いて、左メニューから「マイコンピュータ」を開いてみましょう。

すると、「ポータブルデバイス」の欄にiPhoneの機体名が表示されるようになります。

それを開くと「Internal Storage」という項目が表示されるので、こちらもクリックして開きましょう。

すると「DCIM」と書かれたフォルダが見つかります。

DCIMフォルダを開くと、過去に撮影した写真や画像・スクリーンショットが保存されたフォルダが見つかります。

このフォルダより写真をパソコンに直接移動したり、削除したりすることができます。

写真や動画の数が多いと、DCIMフォルダ内に1000番区切りで、複数のフォルダが表示されます。

通常であれば、このDCIMフォルダ内に、すべての写真データが入っていることになります。

すべての画像が閲覧不可能の場合…

iphoneフォルダ空
上の手順のとおりDCIMフォルダを開けば、iPhone内の写真を表示することができます。

ところが、「DCIM」フォルダを開いても中身が何もない…というケースがあるようです。

このような場合、一度パソコンとiPhoneの接続を解除して以下の手順を試してみてください。

DCIMフォルダに写真が表示されない時の対処法

もう一度パソコンとiPhoneを接続します。

このタイミングで、iPhoneの画面に「このコンピュータを信頼しますか?」というポップアップが表示されるので「信頼」をタップしましょう

このコンピュータを信頼しますか

そして、先程と同じ手順でマイコンピュータよりDCIMフォルダを開いてください。

すると、何も表示されていなかったフォルダ内に、写真やフォルダが表示されるようになります。

「DCIMフォルダ内に何もない…」という事例に遭遇した際は、まず「iPhoneのロック解除」をすることを覚えておきましょう。

一部の画像だけが閲覧不可能の場合…

iphone画像300

iPhoneのカメラロール内には2000枚近く画像があるのに、パソコンのDCIMフォルダの中には300枚しか画像が表示されない…。

このように、iPhoneでは閲覧ができるのに「パソコンからアクセスするとなぜか一部の写真が見つからない」という事例がネット上で多々報告されています。

このような場合、「データ転送ソフト」と呼ばれるソフトウェアを利用すれば、iPhone内にあるすべての画像を確実にパソコンに移すことができます。

「データ転送ソフト」にはどんな種類がある?

データ転送ソフトで一番メジャーなものがiTunes。

iPhoneユーザーであれば誰しもが導入しているこのソフトですが、

  • 動作が重い
  • バックアップ時に全データを同期するため時間がかかる
  • 使い方に慣れるまで操作が難しい

このような理由から、あまりバックアップを取らない・データ転送に利用しないという方もいらっしゃいます。

頻繁にiPhone内の写真を使う方は、iTunes以外のソフトを検討してみても良いかもしれません。

最後に、iTunes以外のおすすめのiPhoneデータ転送ソフトを紹介します。

おすすめの転送ソフト1「Apowersoftスマホマネージャー」

Apowersoftスマホマネージャー
「シェアウェアではなく無料ソフトを利用したい…」と言う方には、「Apowersoftスマホマネージャー」をオススメします。

オンラインで使用ができ、ダウンロードの必要が無いお手軽ソフトになっています。データのバックアップ・転送以外にも削除することが可能です。

Androidにも対応しているので、iPhoneユーザーでない方にもオススメのフリーソフトです。

■「Apowersoftスマホマネージャー」公式ページ

おすすめの転送ソフト2「Aiseesoft FoneTrans」

Aiseesoft FoneTrans
「多少お金がかかってもいいので高機能で使いやすいソフトが良い」という場合は、同じ配信元が提供している「Aiseesoft FoneTrans」がおすすめです。

写真以外にも音楽や動画をiPhone → パソコンへと転送することが可能です。

使用方法も非常にシンプルなため、パソコン初心者の方でも簡単に使用することができます。

こちらのソフトはシェアウェア(有償ソフト)であるため、使用には年間約4000円が必要となります。

■「Aiseesoft FoneTrans」公式ページ

iPhone内のデータの移動でトラブルが起きる方や、手間を削りたいという方はこういったソフトウェアを検討してみても良いかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)