iPhoneの音楽が同期できない時の解決方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
itune

パソコンのiTunesに保存されている音楽をiPhoneでも聞けるようにするためには、同期という作業が必要になります。

この作業は、音楽をよく聞かれる人達にはもはや慣れたものになっているでしょう。

しかし、稀にですがこの同期がうまくいかない時があります。

そこで、今回はiPhoneに音楽が同期できない時の解決方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

原因その① iPhoneの「iCloudミュージックライブラリ」がオンになっている

パソコンのiTunesからiPhoneに音楽を同期できないパターンの一つ目として、同期しようとするとiTunesに「iCloudミュージックライブラリはオンです」と表示されて同期できないというケースがあります。

iCloudミュージックライブラリとは、インターネット上に音楽ファイルやプレイリストを保存していろんな端末で聴けるようにしたり、プレイリストを共有できるようになるiPhoneのサービスです。

これがオンになっていると、パソコンのiTunesから新しく曲を追加しようとしても同期ができなくなることがあるようです。

そこで、このような表示が出たら、下記の操作手順でiPhoneのiCloudミュージックライブラリの設定をオフにして、再度同期をしてみてください。

  1. 【設定】を開く
  2. 【ミュージック】をタップする
  3. iCloudミュージックライブラリをオフにする
  4. オフにすると再度オフにしますかと聞かれるので【オフにする】をタップする
  5. パソコンとiPhoneを繋ぎなおす
  6. 同期のチェックボックスが使えるか確認する

これでうまくいくはずです。これでももし同期がうまくいかない場合には、iPhone上の曲を全部消してから再度同期をする必要が出てきます。

消し方と、そこからの同期の仕方も下記に記載します。

  1. iPhoneとパソコンを繋いで音楽を同期のチェックを取り消す
  2. すると警告が出るのでここで削除を選択する
  3. iTunesの右下にある適用を押すと同期が始まってiPhoneに転送した曲が全部消える
  4. 削除が終わったら、消した音楽の同期のチェックを入れ直してiTunesの右下にある適用をクリックして終了

原因その② iTunesの「チェックマークのある曲とビデオだけを同期」が有効になっている

同期をしたけれど曲が入っていないケースでは、iTunesの【チェックマークのある曲とビデオだけを同期】という設定が有効になっているパターンがあります。

この設定が有効になっていると、チェックマークをしていない曲が同期されないので注意してください。

解除の仕方は簡単で、iTunesのメニューから【iPhone】を選択して【概要タブ】を開いてください。

オプションの【チェックマークのある曲とビデオだけを同期】のチェックを無効にしましょう。

原因その③ 「音楽とビデオを手動で管理」が有効になっている

iTunesでは「音楽とビデオを手動で管理」が有効になっていると同期をしても曲が転送されなくなります。

こちらの解除の仕方は、「原因その②」と同じで概要のオプションでチェックを外してください。

原因その④ そもそもの容量が無い

すごい単純なことですが、iPhoneで容量が足りない場合は曲が転送されません。

上記の方法を確認及び試してみても解決されない場合は一度容量を確認してください。

iTunesの概要タブからもiPhoneの空き容量を見ることができます。

解決方法はこちらも単純で、不要な画像や音楽・アプリを削除して容量を確保してください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)