スマホはいらない?スマートウォッチの実用性・できることは何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Apple Watchを代表として、数年前より一部で利用されているスマートウォッチ。

名前の通り時計として利用できることはもちろんのこと、通知をスマートフォンを見ないで受け取ることができたり、様々なことができるようになっています。

そんなスマートウォッチの実用性は実際のところどうなんでしょうか。

スマートフォンの代わりになるのか!?現在のスマートウォッチができることを整理してみましょう。

スポンサーリンク

スマホはいらない?スマートウォッチだけで使えるの?


発売当初のスマートウォッチは、スマートフォンとペアリングさせて使う機種が多かったです。

ペアリングが必要な機種は、スマートウォッチ自体が通信をしている訳ではなく、スマートフォンの利用を借りて様々な便利な機能を成立させています。

しかし最近では、スマートウォッチ自体に通信機能が搭載された機種が増えてきました。(Apple Watch Series 3のセルラーモデル等)

こういった機種であれば、スマートフォンが無くても通話やメールの機能を使うことができます。

通信機能搭載のスマートウォッチは通信契約が必要

スマートウォッチのみで通信をする場合、データ通信を契約をしないと利用ができません。そのため、毎月の通信費が若干高くなるという弱点があります。

データ通信を契約せずペアリングのみでスマートウォッチを使う場合は、スマホを持っていないとエラーマークが表示され通信ができません。

この状態になってしまうと、ただの電池持ちが悪いだけの腕時計となってしまいますので、正直付けているメリットはあまり感じられないかもしれません。

スマートウォッチの実用性・できること

それでは、スマートウォッチを使うメリットや利便性は実際のところどうなのでしょうか。

現状のスマートウォッチのできることについて紹介します。

1.スマホの通知の受け取り・返信ができる


スマートウォッチの代表的な機能として、使っているスマホとペアリングするで通知をスマートウォッチで受信できます。

ポケットや鞄のスマートフォンが振動!何かと思って見てみたらあんまり興味も無いメールマガジンからの通知……。なんていうことは皆さんも経験があるのでは無いでしょうか?

そんな通知をスマホを開かずスマートウォッチで簡単にチェックすることができます。

更に機種によっては、スマートウォッチからメッセージの返信もできます。

ただし大半の機種は音声入力による返信しかできないようです。家の中ならいいですが、街中で返信するには少々抵抗がありますよね。

音声ではなく簡易文を使った返信ができる機種もあるようですので、ビジネスシーンなどであれば活用できるかもしれません。

2.アクティビティ(活動履歴)を取得できる


スマートウォッチの機種によっては、心拍数計が付いており、運動をしている間の身体の情報を簡単に取得することができます。

さらにGPSが付いている機種であれば、自分の移動したコースを保存することができます。

他にもスマートウォッチを付けて寝ることで、睡眠の質をチェックできるような機能(睡眠計)も存在しています。

スマートウォッチには、上記のような利用者のアクティビティ(活動履歴)を手軽に保存できる機能が充実しています。使い方によっては生活改善に一役買ってくれそうですね。

3.オサイフケータイ代わりにも利用が可能


機種は限られますが、オサイフケータイとしてスマートウォッチを使うこともできます。

改札に向かってポケットから何かを取り出したりせず、スマートウォッチを当ててあげるだけで改札を通過することができます。

改札前でパスケースが見つからなくて慌てている方を見かけたりしますが、スマートウォッチは腕時計として、常備身につけている物ですから、そういった心配も必要ありません。

しかし便利な反面、「電池が切れてしまうと改札出口で使えない…」ようなスマートウォッチならではのトラブルもあるようです。

電池の管理などはスマートフォン以上に敏感に使ってあげる必要があります。

4.子供の防犯用に使える


子供の防犯のためにスマートウォッチを検討する親が増えているようです。特に中国では子供向けのスマートウォッチが大流行しています。

スマートウォッチは簡易的なスマホとして使えますし、GPSによって位置情報を確認することもできます。

そのため、「スマホは大げさだけど子供と確実に連絡をとれる手段がほしい!」という親に一定のニーズがあるようです。

利用者次第?スマートウォッチの必要性

日本の普及率から見ると、スマートウォッチのおかげで便利になる!という部分はまだまだ少ないように思えます。

スマートウォッチは文字を打ち込むことも向いていないですし、画面が小さいので長文を読むことにも向いていないです。

ただ、「短文を確認する」「スマホの通知を確認する」「簡単な連絡をとる」などの場面においては、手軽さが大きなメリットと言えます。

もしも興味がある!という方は是非とも、スマートウォッチがあったら何が便利になるかを検討して本当に役に立つかどうかを判断してみて下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)