入力できない?パソコンとスマホのアンダーバーの打ち方・出し方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アンダースコア

メールアドレスやパソコンのファイル名など、様々な場面で入力する機会のある「アンダーバー(_)」。

ですが、「この文字を入力する方法が分からない…。入力できない。」と困っているパソコン・スマートフォン初心者の方もいらっしゃるはず。

「アンダーバー」と入力しても変換することができません。どうすれば、アンダーバーを打つことができるのでしょうか?

そこで今回の記事では、アンダーバーの入力方法について、パソコン・スマートフォン初心者の方にも分かりやすく解説していきます。

*この記事では、Windows、Mac、iPhone、Androidのアンダーバーの打ち方を紹介しています。

スポンサーリンク

パソコンのアンダーバーの打ち方・出し方

Windowsの場合…

windowsアンダーバー
キーボードの左端に「Shiftキー」というものがあります。Shiftキーは、他の文字キーと一緒に押すことで入力される文字を切り替える(シフトする)役割を持っています。このキーを利用すれば、アンダーバーを容易に入力することが可能です。

入力方法は、「Shiftキー」と、ひらがなの「ろ」が書かれているキーを同時に押すだけ。これで「_」と入力ができるはずです。

ちなみに、キーボードの配置によっては「ろ」の横にShiftキーが配置されていない場合もあります。そういった場合は、一番左の列にあるShiftキーを使いましょう。

Macの場合…

macアンダーバー
Apple社のMacの場合も、Windowsでの入力方法と一緒です。

「Shiftキー」を押しながら、ひらがなの「ろ」を押せばアンダーバーを入力することができます。

もちろん、Mac bookシリーズでも同様に入力することが可能です。

スマホのアンダーバーの打ち方・出し方

iPhone・iPadなど(iOS)の場合…

続いて、iOSシリーズでのアンダーバーの入力方法を解説します。前述したMacと同様のApple社製品ですね。

iOSでは、文字入力方法が2種類存在します。パソコンのキーボードと似た配列が出てくる「フルキーボード入力」と、従来の携帯電話(ガラケー)に似た配列の「携帯入力」の2つです。

この2つの入力方法は、キーボード画面に出てくる「地球マーク」をタップすることで切り替えができます。

「フルキーボード入力」「携帯入力」、どちらからでもアンダーバーを入力することが可能です。

フルキーボード入力…

iphoneアンダーバー1
「フルキーボード入力」画面を開くと、左下に「123」と書かれたボタンがあります。

それをタップすると、英語入力から数字・記号入力に変わります。ですが、表示されている中にアンダーバーはありません。

アンダーバーを出すには画面左端にある「#+=」というボタンをタップしてください。これをタップすることで、キーボードの配列がまた入れ替わります。すると、画面左端に「_」が出てきます。

この手順でアンダーバーの入力をすることができます。

携帯入力…

iphoneアンダーバー2

携帯入力の場合、最初に左側にある「ABC」タブをタップ。すると、「@#/&_」というボタンが画面左上に出てきます。

あとは従来の携帯電話と同様に、このボタンを5回タップすれば「_」を入力することが可能です。

「素早く入力したい!」という方は、「フリック入力」を利用してみましょう。フリック入力を使いこなせれば、

  • 「@#/&_」キーを長押しし
  • 下方向へスライド

このように、先ほどより簡単にアンダーバーを入力することができます。

Androidのアンダーバーの場合…

androidアンダーバー
最後に、Android端末の場合でのアンダーバー入力方法を解説します。

キーボードを開いたら「文字あA1」と書かれたボタンをタップして数字入力モードにしてください。「1」の色が変われば数字入力モードに移行ができています。

次に、その上にある「↑」ボタンをタップ。すると画面中央部からやや右のあたりに「アンダーバー」キーが出現します。これで入力することができますね。

また、日本語かな入力モード(「文字あA1」ボタンの「あ」が灯っている状態)にて、「記号」ボタンを2回タップすることでも、「アンダーバー」キーを表示させることができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)