フリーダイヤル0120から始まる電話番号からの着信は出るべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
0120から始まる電話番号

「0120」と言えば、多くの人は“フリーダイヤル”ということを思い浮かべると思います。

フリーダイヤルは、着信を受ける側(多くの場合、企業側)が料金を払う電話番号のこと。「0120」と「0800」の2種類がありますが、「0120」の方が有名ですよね。

ですが、「フリーダイヤルの0120から始まる電話番号から、電話がかかってくる」という事例が起きることがあるようです。このような場合、折り返しの電話を入れたほうがいいのでしょうか?

そこで今回は、「0120」から始まるフリーダイヤル番号から着信があった場合、電話に出る・発信しなおすべきなのか、それとも無視した方がいいのかを、記事にしてまとめてみました。

スポンサーリンク

フリーダイヤル「0120」から掛かってくるパターンは?

フリーダイヤル「0120」から着信がくる電話は、主に2種類あります。以下の通りに分類ができます。

  • セールス電話・詐欺電話
  • すでにやりとりをした会社からの電話

1.セールス電話・詐欺電話の場合…

迷惑電話
こちらは、“迷惑電話”と言える分類のものですね。

手当たり次第に電話をかけて、自社の製品の紹介・購入を勧めてきます。

悪徳な詐欺業者の場合、法外な値段をのちのち請求してくることもあるでしょう。「業者だな」と感じたら即切ってしまうのが良い、というパターンですね。

2.すでにやり取りをした会社からの電話

カスタマーセンター
こちらの場合、着信以前に会社側と何らかのコンタクトを取っている場合が多いです。

例えば、その会社をネットショッピングなどで利用・商品購入をしているという場合。そのサポートの電話である可能性があります。

もし、0120からの番号が利用したことのある会社だと分かる場合は、電話をかけ直した方がいいでしょう。

フリーダイヤルからの電話は、なぜセールス電話が多い?

フリーダイヤル「0120」からの電話は2種類に分けられる、と前項で述べました。

が、実際のところ、大半がセールス電話のようなのです。それではなぜ、「0120」から始まるフリーダイヤルの着信はセールス電話が多いのでしょうか?

近年、「オレオレ詐欺」などの電話を利用した詐欺の被害が多く報告されてきました。

そのため、最近では電話詐欺に対するガード機能が豊富な固定電話や携帯電話が増えています。

  • かかってきた電話番号が分かるナンバーディスプレイ付きの固定電話
  • 電話番号を簡単に確認・着信拒否できるスマートフォン

煽りを受けた善良なセールス会社は、その上を行くため「市外局番が分からない」「知名度=信頼感がある」「非通知拒否をされない」という理由からフリーダイヤルを利用して発信をするようになってきました。

そのため、「フリーダイヤル=セールス電話」という方程式が成り立つようになったのです。

また、詐欺団体も上記の理由からフリーダイヤルを使用するようになりました。そのため、フリーダイヤルで着信があった場合は、セールス or 詐欺と思っていいでしょう。

フリーダイヤルを調べるサイトは多々あり!

しかし、「コンタクトを既にとっている会社」からの電話ということも考えられます。

優良な会社でしたら、留守番電話を入れてくれる可能性もありますが、すべての場合で留守番電話が入っているとは限りません。

この場合、迷惑電話との選別をするにはどうすればいいのでしょうか?

一番安全な策は、「ネットで発信者の電話番号を検索し、危険度を調査すること」です。

インターネット上には、フリーダイヤルの電話番号を記録しているサイトが多々あります。

>>『jp number 電話番号検索』

このようなサイトを利用し発信元の安全が確認できた場合のみ、折り返しの電話を入れるのが賢明かと思われます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)