消す前に確認!iCloudフォトライブラリを削除する方法と注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
icloudpfhoto

iOS8.3から追加されたサービス「iCloudフォトライブラリ」。iPhone・iPadで撮影した写真や動画を、他のiOSデバイスと同期できる便利な機能です。

インターネット上でもiCloud.comでも見られるという優れもの、写真撮影が仕事・趣味という方が利用していることも多いはず。

そんなiCloudフォトライブラリですが、削除をする際に注意しなければならないことがあるそうです。そこで今回の記事では、「iCloudフォトライブラリの削除方法と注意点」をまとめてみました。

スポンサーリンク

改めて「iCloudフォトライブラリ」の紹介を!

早速、削除手順を紹介…の前に、「iCloudフォトライブラリ」がどのようなサービスなのかを一度おさらいしてみましょう。

「iCloudフォトライブラリ」は、iPhoneやiPadなどAppleデバイスから撮影された写真を、自動的にiCloudへと保存してくれる機能です。

「iCloud写真共有」をオンにすることで、同じIDでログインしている他のデバイスとも同期でき、パソコンからでもiCloudから写真を確認することが可能です。

主な活用法として、Appleデバイスから撮影した写真・ビデオのバックアップツールとしてiCloudフォトライブラリ機能をオンにしている方が多いです。

Appleデバイスの容量を節約しよう!

iCloudフォトライブラリを使う利点として挙げられるのは、デバイスの容量を節約できること。

iCloudフォトライブラリには撮影したままの高品質データがアップロードされますが、それと同時にiPhone・iPadへ“サイズを小さくして容量を節約した画像”を保存することができます。

デバイスの設定画面より「一般」→「写真とカメラ」を選択し、「iPhoneストレージを最適化」へチェックを入れれば設定完了です。

「マイフォトストリーム」との違い…

ちなみに、iCloudフォトライブラリと似た機能に「マイフォトストリーム」という無料のサービスがあります。

こちらも、iPhoneで撮影した写真をインターネット経由でパソコンと共有できるサービス。ただし、マイフォトストリームはiCloudストレージを利用しないため「iCloudの上限容量が気になる!」という方はこちらを使うのがベストかもしれません。

欠点としては、保存期間(30日)・保存枚数(上限1000枚)が決まっているところ。「たくさんの写真を扱いたい!」という方にはiCloudフォトライブラリを迷わずオススメします。

iCloudフォトライブラリからデータを削除したい時は?

「iCloudフォトライブラリのデータを簡単にすべて消したい!」

そんな時は、デバイスの設定画面からiCloudを選択しましょう。

「容量」→「ストレージを管理」の順にタップし、赤字表記されている「無効にして削除」を選択してください。

これで、iCloudフォトライブラリのデータをカンタンに全削除することができます。

ただし、iCloudフォトライブラリの削除を試す前に注意することがあります!

フォトライブラリから写真を削除する際の注意点

「iCloudフォトライブラリ」は、クラウド機能を使ったサービスです。

そのため、いずれかのiOSデバイスから写真・動画を削除してしまうと、iCloudフォトライブラリから削除=すべてのデバイスからデータが削除されてしまいます…。

消えたら困るような大切なデータは、iTunesを利用してパソコンなどにしっかりバックアップを取っておきましょう。

iCloudドライブの容量にも気を付けよう!

また、iCloudドライブは初期設定で5GBまで無料で利用が可能です。

それ以上の容量を使用したい場合は、容量プランに応じて月額100~2,400円を支払わなければなりません(容量プランは20GB・200GB・500GB・1TBの4種類)。

無料の範疇である5GBも、利用する人によってはすぐ消費してしまうかも…。思い切って有料のプランに移るのも1つの手です。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)