iPhone・AndroidでMMSの機能を有効にする設定方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
mms_icon

スマートフォンでのメッセージのやり取りを行うサービス「MMS」。LINEなどのアプリが人気を誇っていますが、純正メッセージアプリも根強い人気を誇っています。

そこで今回の記事ではMMSに着目し、iPhone・AndroidなどのスマートフォンでMMS機能を有効にする方法・手順を調べてみました。

スポンサーリンク

はじめに…MMS機能とは?

設定方法を解説する前に、改めて「MMS」について説明いたします。

MMSは、「マルチメディア・メッセージング・サービス」の略称で、ガラケー時代に登場したメールアドレスを使用してメッセージのやり取りができる携帯メールのことです。

メールアドレスはキャリアのアドレスを使います。

  • ドコモ・・・@docomo.ne.jp
  • au・・・@softbank.ne.jp
  • ソフトバンク・・・@ezweb.ne.jp

よく似たサービスに「SMS」(ショート・メッセージング・サービス)と「iMessage」というものがあります。

前者は電話番号で70文字以内のメッセージで、後者はApple製品ユーザー同士で使用できる無料メッセージサービスです。

「MMS・SMS」と「iMessage」を見分ける方法

imessage
iPhoneユーザーの場合、MMS・SMS・iMessageの3種類のサービスすべて「メッセージ」アプリより利用できます。

が、誰とどのサービスを介してメッセージのやりとりをしているか分からなくなる時がありませんか?

そのような時は、「フキダシの色」に注目することで判別をすることが可能です。

緑色の吹き出しで会話をしている時は「MMS」もしくは「SMS」でのやりとり、青色の吹き出しで会話をしている時は「iMessage」を利用中なのが分かります。

iPhoneでのMMS設定方法…

softbankmms
それではMMSの設定方法をスマートフォン・キャリア別に見ていきましょう。

ちなみに、2017年6月現在docomoキャリアでは、iPhoneのMMS機能に対応していません。

そのため、初期アプリでメッセージのやりとりをするにはSMSか、メールアプリの設定が必要ですのでご了承を。

softbankの場合…

softbankでは、初期状態よりMMSの利用が可能になっています。

ただし、「MMS機能を使用するにはMMSメールアドレスが必要です」というアナウンス画面が出た場合、設定が必要となります。

設定の手順は、「設定」アプリを開き「メッセージ」をタップしましょう。

次に「MMSメッセージ」という項目がオンになっていることを確認。オフになっていたらオンにしましょう。

最後に、MMSメールアドレスの欄にスマートフォンのメールアドレス(@softbank.ne.jp)を入力してください。

以上で、メッセージアプリよりMMSを利用可能になります。

auの場合…

auキャリアのiPhoneを使用する場合、Safariなどのブラウザアプリから「auお客さまサポート」へアクセスして設定する必要があります。その際、Wi-Fiをオフにしてからアクセスしましょう。

auお客さまサポートにアクセスしたら、「製品別各種設定・ご利用ガイド」という項目をタップしましょう。

次に「STEP1:メール初期設定」→「メール初期設定へ」の順に選択、次の画面でiPhoneの電話番号を入力します。

すると、初期メールアドレスの確認画面へと移行します。アドレスを変更したい方はこの時に変更しておくと良いでしょう。

ちなみに、変更する際に契約時に設定した4ケタの暗証番号の入力を求められます。

アドレスを設定できたら、「設定」アプリより「メッセージ」をタップします。

最後に、MMSメッセージをオンにし、MMSメールアドレスのところに取得したアドレスを入力すれば設定完了となります。

docomoの場合…

docomoは、iPhoneでMMS機能を使うことができないため、メールアプリにドコモのアドレスを設定する必要があります。

設定方法については、Docomo公式の設定手順の記事を参考にしてください。

>>docomo公式ページ「iPhone・iPadでドコモメールを使う」

AndoridでのMMS設定方法は?

android標準アプリ
Androidの場合、標準アプリの「メッセンジャー」、もしくは「ハングアウト」を利用してMMSを送受信するのが一般的です。

また「無線とネットワーク」→「標準のメッセージアプリ」から、MMS送受信専用のアプリを変更することができます。

こちらを変更することで、Android標準アプリ以外のサードパーティ製のアプリで、MMSを利用することができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)