保存の時にフリーズ!エクセルが【応答なし】になる原因と対処法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
excel_outo

表計算アプリケーションとして定番のエクセル。デスクワークでは、欠かせない存在ですよね。

そんなExcelを使っている時に、よくあるトラブルが、突然の「応答なし」の表示!

特に保存するタイミングでフリーズしてしまって頭を抱えた経験のある方も多いのではないでしょうか・

そこで、今回は、エクセルが応答なしになってしまう原因と対処法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

保存時にエクセルが応答なしになってもまずは待つ

エクセルが応答なしになってフリーズしたように見えても、まずは慌てず閉じないようにしてください。

ここで、焦って閉じてしまうと編集したデータが保存されない可能性が高まってしまいます。

また、エクセルには自動保存機能が標準で10分に設定されているため、データを回復できる可能性があります。

そのため、編集したデータを残したい場合は、応答なしになってもまずは10分前後放置するようにしてください。

待っても応答なしが消えない場合は?

応答なしの状態に変化がないようであれば、バツマークを押して閉じるか、強制終了をするしかありません。

再度Excelファイルを開いてみて、【Excelの情報を回復しています】と表示されれば、自動保存からデータが回復します。

ただし、自動保存がうまくいっていない場合は、残念ながら編集したデータを復旧できませんのでご注意ください。

エクセルが「応答なし・動作を停止しました」になる原因は?

エクセルの「応答なし」や「動作を停止しました」に何度もなる場合は、とてもじゃないですが作業になりませんよね。

エクセルが応答なしになってしまう原因として、次の5つが考えられます。

  1. Excelファイルのデータが大きすぎる
  2. パソコンのスペックが足りていない
  3. 設定やアドインでトラブルが起きている
  4. Excelプログラムの不具合・バージョンが古い
  5. ウィルス対策などの常駐ソフトの干渉

原因が多いですが、応答なしが一部のExcelファイルのみで起きるのか、常に頻発するのかである程度原因を切り分けることができます。

一部のファイルのみの場合は1か2、頻発する場合は3〜5の可能性が高いです。

それぞれの原因と対処法について見ていきましょう。

1.Excelデータが大きすぎる時の対処法

エクセルはかなり自由にデータを増やしていけますが、数式のセルやシートの枚数が大量になると、パソコンへ掛かる負担が大きくなって動作が重くなってしまいます。

それでも処理しきれれば止まることはありませんが、パソコンのスペックの限界になってしまうと、Excelが応答なしになってしまいます。

一部のファイルのみ応答なしが発生するようであれば、まずはファイルサイズや数式セルの数、シート数を確認しましょう。

もし、他のファイルに比べて多いようであれば、シートを一旦別ファイルに分けるか、不要なシートを削除して運用するようにしてみてください。

2.パソコンのスペックが足りていない時の対処法

データの少ないExcelファイルは快適に動くのに、データが多いExcelファイルで応答なしが起きやすい場合は、単純にパソコンのメモリ不足も考えられます。

エクセルを快適に使うためにも、パソコンのメモリの量が大切です。

Office2016の推奨環境でメモリは2GB以上になっていますが、他のアプリケーションと併用してエクセルを使う場合、4GB以上ないと動作が遅くなるケースが多いです。

パソコンのメモリ量を確認して、4GB以下の場合は、できればパソコンの買い替えかメモリの増設が望ましいです。

すぐには変えれない!という場合は、Excelを起動している時に、できるだけ他のアプリケーションを同時に使わないようにして見てください。

3.設定やアドインでトラブルが起きている時の対処法

エクセルの応答なしが、どんなファイルを開いても頻発するようであれば、設定を見直すことで改善するケースがあります。

次の2つの項目の設定を変更して、症状が改善しないか試してみてください。

マルチスレッド計算・アクセラレータを無効にする

エクセルの初期設定でONになっている、数式のマルチスレッド機能、グラフィックのアクセラレータ機能をOFFにすると応答なしが改善する場合があります。

設定の変更手順は次のとおりです。

  1. ファイルを選んでエクセルのオプションを選択します
  2. 詳細設定を選択します
  3. 数式の項目にある【マルチスレッド計算を行う】のチェックをはずします
  4. 同じく全般の項目にある【マルチスレッド処理を有効にする】のチェックをはずします
  5. 同じく表示の項目にある【ハードウェア グラフィック アクセラレータ】のチェックをはずします

以上の設定が終わった、念のためエクセルを再起動して、応答なしが起きないか確認して見てください。

こちらは、Excel2007、2010、2013、2016で確認されている不具合のようです。

アドインを一旦無効にしてみる

エクセルのアドインは、便利な機能を簡単に追加できるので、利用されいる方も多いかと思います。

ところが、追加したアドインが原因となってExcelが応答なしになってしまう場合もあるようです。

一旦次の手順に従ってアドインを無効化してみてください。

  1. ファイルからExcelのオプションを表示します
  2. アドインを選択するとアクティブなアドインが表示されます
  3. セレクトボックスが【Excelアドイン】になっていることを確認して【管理】ボタンをクリックします
  4. 有効になっているアドインのチェックをはずして【OK】を押します
  5. 同じくセレクトボックスで【COMアドイン】を選択して【管理】ボタンを押します
  6. 有効になっているアドインのチェックをはずして【OK】を押します

以上の手順で、現在有効になっているアドインを無効化することできます。

アドインを無効にして、症状が改善した場合は、アドインが原因になっているため、今後は利用しないか、どうしても使いたいアドインがある場合は、代用のアドインを探してください。

4.Excelプログラムの不具合の対処法

ある日を境に、応答なしが頻発するようになった場合は、Excelのプログラム自体に問題が起きている可能性もあります。

Excelの異常を解決するには、Excelの修復とアップデートを試してみましょう。

Excelの修復方法

  • 【スタート】から【プログラムと機能】を選択します
  • アプリケーションの一覧が表示されるので、Excelを右クリックして【変更】をクリックします
  • 【クイック修復】を選択するとExcelの修復が始まります

クイック修復は時間もあまり掛からないためおすすめですが、複雑な問題が発生している場合、完全に修復できない場合があります。

もし、クイック修復を行っても、状況が変わらず時間がある場合は、【オンライン修復】を試してみてください。

Excelを更新する手順

Excelが最新のバージョンか確認するために【ファイル】から【アカウント】を選択します。

Officeの更新プログラムの項目にある、【更新オプション】をクリックして、【今すぐ更新】を選択してください。

以上でExcelが最新バージョンになるので、Excelプログラムに不具合が起きている場合は、解消されるはずです。

5.ウィルス対策などの常駐ソフトの干渉

パソコンには、バックグラウンドで起動しているソフトが多くあります。

この中で特に処理が重くなるのが、ウィルス対策系のアプリケーションです。

ウィルス対策ソフトをインストールしている場合は、一時的にソフトを停止してからExcelを使ってみてください。

状況が改善されれば、ウィルス対策ソフトが原因になっている可能性が高いです。

そういった場合は、使っているウィルス対策ソフトを軽くする設定を行うか、もっと処理の軽いウィルス対策ソフトを使うようにしましょう。

まとめ

エクセルが応答なしになっても、自動保存の機能で回復できるケースが多いので、まずは慌てないようにしましょう。

毎日のようにExcelが応答なしになる場合は、様々な原因がありますので、今回ご紹介した対処法を参考に、改善できないか試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)