エラー!エクセルのファイルを保存できない時の解決法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
excel_image

今では広く普及している、マイクロソフトのオフィスソフト。

ExcelやWordやPowerPointは、いろんな人が使うソフトとなっていて、データのやり取りも、直接オフィスソフトのデータそのもので行うことがたくさんあります。

これらのソフトを使っている時に一番困るエラーと言えば、保存ができない状態でしょう。

今回は、エクセルのファイルを保存できない時の解決法についてお伝えします。

スポンサーリンク

エクセルのファイルが保存できない時の一時的な解決法

エクセルファイルを保存できない場合は、まずどこに保存しようとして保存できないかを確認しましょう。

保存できない場所が、

  • 共有フォルダ
  • 外付けのHDD

などの場合は、原因を調べる前に一旦自分のパソコン内に保存しておきましょう。

そのままファイルを閉じてしまうと、編集したファイルが保存できずに消える可能性があります。

もし、パソコン上に保存できない場合は、一旦全てのシートを新規のExcelファイルにコピーしておくことで、編集ファイルが消えることを防ぐことができます。

Excelのシートのコピー手順

  1. 全てのシートを【Shiftキー】を押しながら全て選択
  2. 選択したシートのラベル部分を右クリックして【シートの移動またはコピー】をクリック
  3. 移動先ブック名が「新しいブック」、コピーを作成するのチェックボックスがオンになっているかを確認して【OK】をクリック
  4. コピーしたExcelファイルが新規にできるので、【ファイル】から名前をつけて保存

エクセルのファイルが保存できない原因は?

エクセルのファイルを保存しようとして、「保存できませんでした」とエラーメッセージが出る場合は、次の5つの原因が考えられます。

  1. 保存先の容量不足
  2. ファイル名が制限を超えている
  3. 保存タイミングが同時になる(Excelファイルを共有している場合)
  4. ネットワーク上のトラブル(共有フォルダの場合)
  5. 保存できるアクセス権限がない

先に紹介した方法は、応急処置の解決方法になるので、根本の原因を解決しないと、また同じトラブルが起きる可能性があります。

保存できない時の原因について、細かく紹介していきますので、何が原因になっているか確認するようにしてください。

原因1 ハードディスクの空き容量が無い

これはシンプルな問題ですが、データを保存するための容量が無いと保存そのものができなくなります。

データの保存先が自分用のパソコンであった場合は、そんなことめったにないでしょうが、会社などのデータ保存用の共有ファイルだと、誰かが一気に容量を使って保存できなくなるケースが稀に発生します。

ただし、容量がいっぱいになったケースですと「ディスクがいっぱいです」というエラーメッセージが出るので、すぐに気が付くことができるでしょう。

解決方法は、とにかく空き容量を作ってあげることです。

保存先の場所(パソコン上、共有フォルダ、外付けハードディスク)の容量がいっぱいの場合は、余計なファイルを削除して空き容量を確保してください。

原因2 ファイル名が長すぎる

このトラブルはそう多くはありませんが、発生した時に気が付けない可能性の高いトラブルです。

解決方法は、ファイルを右クリックして「プロパティ」を開き、「全般」タブにある「場所」の文字数とファイル名が218文字を超えているか確認し、超えないようにしましょう。

ファイル名が制限を超えてしまうケースで良くあるのが、共有サーバーのディレクトリ構成が変更になって、パス名が長くなってしまったケースです。

会社で部署の名前が変わったり、データ整理が行われた際に、フォルダの名前や保存場所が変わって保存ができなくなったら、ファイル名制限を疑いましょう。

原因3 保存のタイミングが同時になってしまった

共有されているExcelを編集している場合、別のユーザーと同時に使うことがあります。

同時編集を可能としているExcelでは、複数のユーザーが同じタイミングで編集をして保存することもあり、保存のタイミングがかぶってしまうとエラーメッセージが表示されることがあります。

解決方法は、タイミングをずらしてもう一度保存を行えば問題ないでしょう。

原因4 ネットワークから切断された

共有フォルダ内にあるExcelを編集している時に、そのサーバーとの接続が切れてしまうと保存ができなくなることがあります。

その場合は、一度別の場所に保存して、接続をし直してもとのデータがあった場所に保存し直しましょう。

原因5 保存できるアクセス権限がない

自分のパソコン上に保存する場合は、めったにありませんが、共有フォルダやネットワーク上のハードディスクを使っている場合、アクセス権限が原因で保存できないケースがあります。

Excelファイルを保存する時には、ファイルの生成および削除処理を行っています。

この時に、「読み取りのアクセス許可権限」「書き込みのアクセス許可権限」「名前の変更のアクセス許可権限」「削除のアクセス許可権限」が無い場合エラーが出ることがあります。

解決方法は、これらの権限があるユーザーアクセスで、Excelファイルの保存をすることです。

一度パソコンをサインアウトし、権限のあるアカウントでサインインし直しましょう。

会社のパソコンの場合は、ネットワーク管理者に問い合わせを行って確認をしたほうが早く解決することが多いので、権限関連でエラーが出ている旨を伝えて確認をとりましょう。

エクセルのファイルを保存できない時の解決法まとめ

エクセルが保存できない時は、まずは編集しているファイルが消えてしまわないように、一時的に別の場所に保存することが大切です。

ファイルを保存できたら、どこに保存できないのかを確認して、原因を特定するようにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*