Windows10でデスクトップからアイコンが消えた時の解決方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
windows_desk

いつもの様にパソコンを使っているつもりが、突然Windows10のデスクトップからアイコンが消えてしまうことがあります。

「もしかして誤操作でアイコンを消しちゃた?」「パソコンが壊れたの?」と心配される方も多いと思います。

そんな方のために、Windows10でデスクトップからアイコンが消えた時の解決方法について紹介します。

スポンサーリンク

デスクトップからアイコンが消える原因

デスクトップから突然アイコンが消えてしまう原因としては、次のようなことが考えられます。

  • 誤ってアイコンを削除してしまった
  • アイコンをドラッグ操作で移動してしまった
  • デスクトップアイコンの表示が無効になっている
  • Windowsのプロファイルが壊れている

デスクトップから一部のアイコンだけ消えてしまったのか、すべてのアイコンが消えているかで原因が異なります。

アイコンが消える原因は1つではないため、それぞれの解決方法について順番に紹介していきます。

1,デスクトップから一部のアイコンが消えた時の解決法

デスクトップから一部だけアイコンが消えている場合は、移動や削除などの誤操作によってアイコンが消えた可能性が高いです。

誤ってアイコンを削除している場合

デスクトップのファイルを消す時に、ドラッグでアイコンを巻き込んでしまい、気づかないうちにアイコンが消えるケースはよくあります。

もし削除してしまった可能性がある場合は、ゴミ箱のフォルダにアイコンがないか確認してみましょう。

アイコンが見つかった場合は、アイコンを右クリックして【元に戻す】を選択することで、デスクトップにアイコンを戻すことができます。

*ゴミ箱のアイコンも表示されなくなってしまっている場合は以下の記事を参考にしてみて下さい。

>>Windows10で消えた?ゴミ箱の場所とアイコンを表示する方法

アイコンをドラッグで移動してしまった場合

ファイルを移動する際に間違えてアイコンをドラッグして途中で離してしまうと、たまたまその位置にあっやデスクトップにあるフォルダにアイコンが移動してしまう場合があります。

アイコンを見つけるには、単純にデスクトップのフォルダを開いてもいいですが、ファイル数が多い場合は、フォルダの検索機能を使うと便利です。

また、何らかの操作でアイコンが画面外に出てしまう場合もあります。

そういった場合は、デスクトップ上で右クリックして【アイコンの自動整列】を選択してみて下さい。画面外にアイコンが出てしまっている場合は、表示されるはずです。

2,すべてのアイコンが消えてしまった時の解決法

すべてのアイコンが突然消えた場合は、誤操作ではなくWindowsの設定やシステム上のトラブルが発生しているケースが多いです。

デスクトップのアイコン表示が無効になっている場合

Windowsにはデスクトップのアイコンの表示・非表示を切り替えれる設定があります。

アイコンのみ表示されていない場合は、まずデスクトップ上で右クリックをしてください。

表示されたメニューから【表示】にカーソルをあてると、【デスクトップアイコンの表示】という項目があります。

この項目にチェックが入っていないと、デスクトップ上のアイコンは表示されません。チェックが入っていない場合は、クリックしてチェックを入れて下さい。

Windowsのプロファイルが壊れている場合

Windowsのデスクトップ情報などは、すべてプロファイルという機能が管理をしています。

そのため、プロファイルのデータが破損すると、デスクトップの情報を取得することができず、アイコンがすべて消えたように見えてしまいます。

普通にパソコンを使っているだけでは、プロファイルが破損するようなことはまず考えられません。

しかし、Windowsのアップデートやアプリケーションのインストール、ウィルスの侵入などにより、プロファイルが壊れてしまうケースがあります。

Windows10では、プロファイルが破損している場合、起動時に「プロファイルを読み込めませんでした」と表示されます。

もし、この表示が出る場合は、プロファイルの修復は簡単にできないため、新しくユーザーを作り直して下さい。

まとめ

デスクトップからアイコンが消えるのには、大きく分けて4つの原因があることがわかりました。

プロファイルの問題でない限り、アイコンを戻すことはそれほど難しくないので試してみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)