突然大きくなった!Windows10でパソコン画面の拡大を戻す方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

パソコンを操作していて、急に画面が大きくなった!理由が分からないとパソコンが壊れたんじゃないかと不安になりますよね。

なぜ突然パソコンの画面が拡大されてしまうのでしょうか。トラブルが発生した時に発生理由と対処方法を知っていると対応が簡単になります。

今回は、Windows10でパソコン画面の拡大を戻す方法について紹介します。一緒に対処方法を学んで行きましょう!

スポンサーリンク

パソコン画面が突然大きくなる3つの原因

急に画面が大きくなってしまった。この時の主な原因は大きく分けて3つの理由が考えられます。

  • 拡大鏡が起動している
  • 解像度の設定がおかしい
  • ディスプレイドライバーに問題がある

画面が急に拡大されてしまった原因を切り分けるために必ず確認したいポイントがあります。

それは「マウスカーソルを画面の外に持っていこうとすると画面自体が動くか?」です。

マウスカーソル移動時の画面の挙動を見ることで原因を簡単に切り分けることができます。

それでは、それぞれの対処方法について確認してみましょう。

画面が動く場合は「拡大鏡のON/OFF」を確認


マウスカーソルを画面外に移動すると画面が動く場合は、「拡大鏡」が起動していることが考えられます。

拡大鏡とは、画面を拡大して文字を読みやすくするWindows10の機能です。

普段は使うことも少ない機能ですが、実は[Winキー]と[;キー]を同時に押すことで、拡大鏡が起動してしまいます。

そのため、キーボードの上に物を置いたときや、なにかの誤操作で拡大鏡を起動してしまうケースがあります。

Windowsの「拡大鏡」を解除するには?

万が一、拡大鏡を起動してしまった場合は、[winキー] + [ESCキー]を押すことで拡大鏡を解除することができます。

興味がある方は、[Winキー] + [;キー]を押して拡大をしてみて、[Winキー] + [ESCキー]で解除してみると分かりやすいです。

画面が動く場合、大半はこの拡大鏡が原因ですので、とりあえずショートカットキーで拡大鏡を解除できることを覚えておきましょう。

画面が動かない時は「解像度の変更」


マウスカーソルを画面外に移動しても画面が動かない場合は、画面解像度の設定に問題があることが考えられます。

フルHD、4Kなどの言葉を最近耳にすることがあると思います。解像度というのは、画面の中に「敷き詰められている点の数」を示す言葉となっています。

解像度が大きければ大きい程、細かく繊細な表示ができ、逆に数字が少ない程、大雑把で少しぼやけた画面が表示されます。

この解像度の設定が何かしらの原因により、急に数字が変わってしまい、画面が拡大されているケースが考えられます。

画面の解像度を変更するには?


画面の解像度を変更するには、デスクトップ画面の何もない所を右クリック→[ディスプレイ設定(D)]→[解像度]の順に選択しましょう。

[解像度]をクリックすると [横サイズ * 縦サイズ(1920*1080、1600*1200など)]の形式で解像度の数字が表示されます。

この中に、(推奨)と書かれた解像度の数値があるかと思います。Windows10では、現在の画面表示で一番綺麗に表示される選択項目に(推奨)という項目が自動的に付く仕様となっています。

選択されている項目が(推奨)と付いていない場合、アプリケーションやドライバーが原因で解像度が勝手に変更されていることが考えられます。

そのため、解像度を推奨設定に戻して、画面の拡大が直らないか確認してみましょう。

*推奨設定に変更しても画面がぼやけるような場合は、解像度を1つずつ変更して最適な画面サイズを探してください。

それでも直らない時は「ディスプレイドライバ」を確認


ここまでの内容を確認しても画面の拡大が直らない場合は、パソコンの中に入っている「ディスプレイドライバ」に問題があることが考えられます。

ディスプレイドライバとは、コンピュータがディスプレイを制御するためのソフトウェアです。

ディスプレイドライバを更新するか、再インストールして画面の不具合が解消しないか確認してみてください。

ディスプレイドライバを更新する手順


[Windowsマーク]を右クリックして、[デバイスマネージャー]を起動します。

[ディスプレイアダプター]の項目をダブルクリックすると、インストールされている[ディスプレイドライバ]が表示されます。

[ディスプレイドライバ]を右クリックして、[ドライバーの更新] – [ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索]を選択しましょう。

以上でディスプレイドライバの更新が完了します。

ディスプレイドライバを再インストールする手順


上記と同じ手順で[デバイスマネージャー]を起動して、インストールされている[ディスプレイドライバ]を右クリックします。

[デバイスのアンインストール]を選択して、[このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します]のチェックが外れていることを確認して[アンインストール]をクリックしてください。

最後にパソコンを再起動するとドライバーが自動で再インストールされます。

補足:ビデオカードを搭載しているパソコンは手順が異なる


GeForceやRadeonなどのビデオカードを搭載しているパソコンは、ドライバーを再インストールする手順が異なります。

お使いのパソコンに搭載されているビデオカードのメーカーページよりマニュアルを参考にしてください。

スポンサーリンク

コメント

  1. 横山 より:

    マウスカーソルは外に行かず画面が動かない。
    winキー+;, +Escの操作で拡大鏡の画面は出るが100%にしても
    拡大画面のまま
    クリックやキーを押すと画面が黒くなってしまい
    拡大鏡画面はそのまま残り、
    何も出来ない場合は
    どのようにしたらよいでしょうか。

    1. ITおじさん より:

      拡大鏡が100%ということであれば、画面解像度の問題ではないかと思います。

      画面の適当な位置で右クリック→「ディスプレイ設定」→「解像度」より解像度を今より大きい画面に変更してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)