なぜ反応しない?マウスの左クリックができない・効かない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
マウス左クリックできない

「windows10で左クリックができない」という不具合が、ネット上で多く報告されているようです。

それも、スタートボタンや設定アイコンなど「特定の部位」限定でクリックできない、という症状が多いそうな。

そこで今回の記事では、「Windows10使用時の左クリックができない場合の対処法」をまとめてみました。

スポンサーリンク

「マウスの不調か、パソコンの問題か」を判断する

マウス不調
真っ先に考えられるのは、「マウスそのものの不調」が疑われます。

まずは次の2つの方法を行って左クリックができないか試してみてください。

  • マウスのUSBを刺し直してみる(ワイヤレスの場合は、マウス子機を刺し直してください)
  • ワイヤレスマウスの場合は、電池の交換をしてみる

上記の方法で症状が変わらない場合は、マウスの故障の可能性があります。

もし予備のマウスを持っている方は、今使っているマウスの代わりに使用してみましょう。

通常通りの動作ができる場合、先に使用していたマウスの故障が濃厚です。

>>通販で今人気のマウスを見る

「それでも動かない…」という場合、パソコン本体に問題がある可能性が考えられます。

Windows10のスタートボタンが左クリックできない場合…

スタートボタンがクリックできない
最初に取り上げるのは、「Windowsのスタートボタン」がピンポイントで左クリックできない場合。

このような症状が発生した場合、有効な対処法は下記の2つになります。

キーボードを利用して再起動してみる

キーボードから再起動
キーボードを使用することで、強制シャットダウンすることなく安全にパソコンの電源を切ることができます。

手順としては、WindowsキーとXキーを同時押しして「シャットダウンまたはサインアウト」をキーボードのカーソルを使って選択します。

「スリープ」「シャットダウン」「再起動」から再起動を選択すればOKです。

再起動きっかけで、症状が回復する場合があります。

「高速スタートアップ」を有効→無効にする

高速スタートアップ無効
Windowsスタートボタンを右クリックし、コントロールパネルを操作することで左クリックができるようになることがあります。

この場合、Windowsに搭載されている「高速スタートアップ」機能が原因と考えられます。

この機能は、その名の通りパソコンの起動時間が早くなるものなのですが、この機能が原因でWindowsのスタートが押せないなどの不具合が発生するケースがあるようです。

コントロールパネルを起動後、「システムとセキュリティ」をクリック。次に「電源オプション」→「電源ボタンの動作を選択する」の順に選択。

「現在利用可能ではない設定を変更します」を選び、シャットダウン設定の項目の「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外して下さい。この時、チェックがついていなかったらチェックを入れるようにしましょう。

最後に「変更の保存」をクリックし、再起動すればOKです。

タスクバー全般の左クリックが効かない場合…

windows10タスクバー押せない
スタートボタンだけでなくタスクバーすべてにおいて左クリックが反応しない場合は、システムに不具合が起きていることが考えられます。

こういった場合、コマンドプロンプトを利用してWindowsの修復をする方法が有効です。

まず、Ctrlキー+Altキー+Deleteキーの同時押しでタスクマネージャーを起動します。

起動したら、「ファイル」→「新しいタスクの実行」の順にクリックして、ボックスの中に「cmd」と入力し「このタスクに管理者特権を付与して作成します。」にチェックを入れOKを押してください。

これでコマンドプロンプトが起動するはずです。

windows修復

コマンドプロンプトが立ちあがったら、

dism /online /cleanup-image /restorehealth

と入力しEnterキーを押してください。

こちらは、Windowsイメージを修復する作業となり、30分もあれば終了します。

次に、システムの修復を行います。

sfc /scannow

と入力しEnterキーを押してください。こちらは20分程度で完了となります。

最後に

Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}

とコマンドプロンプトに入力しEnterキーを押します。

以上で作業完了となります。コマンドプロンプトを閉じ、パソコンを再起動・あらためて症状を確認してみましょう。

これでも直らない…という場合は、クリーンインストールを行うことも視野に入れた方が良さそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)