マウスの右クリックができない・効かない時の解消法【Windows10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パソコンを使っていて、なぜかマウスの右クリックが効かない時があります。

Windowsで右クリックできないとメニューが開けないので、かなり不便になってしまいますよね。

そんなマウスの右クリックができない時の原因と解消法について、Windows10向けの内容でご紹介します。

スポンサーリンク

マウスの右クリックができない時の原因はこれを疑う

マウスがの右クリックが突然できなくなった場合は、次の3つの原因が考えられます。

  1. ソフトウェアの影響で右クリックができなくなっている
  2. マウスの電池に問題がある(*ワイヤレスマウスの場合)
  3. マウスが単純に故障している
  4. 右クリックが禁止されている(*Webサイトやエクセルなど)

左クリックが正常にできるのに、右クリックだけできない場合は、上記の3つの原因を疑ってみましょう。

順番に原因の解消方法をご紹介していきますので、なぜマウスの右クリックが反応しなくなってしまったのか原因を切り分けていきましょう。

解消法1. ソフトウェアの影響で右クリックできない

Windowsで使っているソフトウェアの影響で、マウスの操作が変更されている可能性があります。

まずは、使用しているソフトウェアによって右クリック操作ができなくなっていないか確認しましょう。

ソフトウェアによる影響で右クリックできていないかどうか、を確かめるためには次の手順を試してみてください。

ソフトウェア上の問題で右クリックができないか確かめる方法

右クリックがソフトウェアによる問題なのかを確認するには、Windowsの設定からマウスの右クリック・左クリックを変更してみるのが手っ取り早いです。

Windows10で確認する手順は次のとおりです。

  1. 【スタート(Windowsマーク)】を開いて【設定(歯車マーク)】を選択します
  2. 設定ウィンドウが開くので【マウスポインターの設定】をクリックしましょう
  3. マウスのプロパティが表示されます
  4. ボタンの構成にある【主と副のボタンを切り替える】にチェックを入れます
  5. チェックを入れた状態で、今度は右クリックをしてチェックを外そうとしてみてください

以上の手順で、最終的に右クリックでチェックがはずれれば、ソフトウェア上の問題だったため、マウスの設定がリセットされ、右クリックできるようになっているはずです。

この確認方法を行って、左クリックから終了できなくなってしまった場合は、キーボードの【Windowsキー】と【十字キー】を使ってパソコンを終了させてください。

解消法2. マウスの電池に問題がある

マウスがワイヤレスの場合は、電池の残量によっては挙動がおかしくなって、クリックができなくなる場合があります。

使用している電池を最近変えた覚えがない場合は、一旦新品の電池に交換してみて、右クリックができないか確認してみてください。

交換した覚えがある場合でも、ワイヤレスマウスは静電気によってクリックの挙動がおかしくなる場合があります。

念のため、一旦電池を取り外して数回クリックしてから、再度電池を取り付けてみてください。

解消法3. マウスが故障している

1と2の解消法を試しても、右クリックができない場合は、マウスが故障しているかと思われます。

故障としては、スイッチ系統がダメになっていたり、右クリック部分が指を離しても上手く戻らないような状態が考えられます。

マウスの故障は、修理をすると逆に高く付くので新品のマウスに買い変えましょう。

>>通販で今人気のマウスを見る

メーカーによっては、購入時から半年〜1年の保証が付いている場合が多いので、保証書を確認してみてください。

解消法4. 特定のサイトやファイルで右クリックできない場合は・・・

特定のWebサイト上やエクセルファイルなどに限って、右クリックができない時は、作成者が意図的に右クリックを禁止していることが考えられます。

禁止する理由としては、データの流出やコンテンツのコピーを防ぐために右クリックを禁止していると思います。

この場合は、マウスや設定に問題あるわけではないので、右クリックはあきらめましょう。

まとめ

マウスの右クリックが反応しなくなってしまった場合は、ソフトウェア上の問題をまず疑ってみましょう。

解消法1で紹介した手順で簡単に判断できるので、パソコンの右クリックで悩まれているかたは試してみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)