パソコンの画面が真っ暗で映らない時の対処法【Windows10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
monitauturanai

「パソコンを起動しても、画面に何も映らない!」という経験をされた方、それなりにいらっしゃるのではないでしょうか?

ディスプレイが映らないとなると、操作ができないし解決法の検索も手元にスマートフォン・タブレットが無いとできないので、とても不便ですよね…。

今回の記事では、パソコン画面が真っ暗で何も映らない時の対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク

パソコン画面が真っ暗の時に考えられる原因

パソコンの画面が真っ暗で映らない場合は、次のような原因が考えられます。

  • 電源や接続端子の接続ができていない
  • パソコンが余計な電気を溜め込んでいる
  • 映像の入力信号がうまく変換されていない
  • パソコン・ディスプレイの劣化

それぞれの対処法について詳しく紹介していきます。

電源とディスプレイのケーブルを確認

パソコンの内部設定の確認の前に、電源・ディスプレイの電源はしっかりと繋がれていますか?

  • 「パソコンの画面表示が乱れる」
  • 「画面に縦線・横線が表示される」
  • 「壁紙が正しく表示されない」

といった類の不具合ではなく、「パソコンの画面が真っ暗」という場合は、各種ケーブルが正しく接続されていない可能性が高いと言えます。

電源が正常かを確認して、パソコンとモニターの接続部分も確認してください。

電源ケーブル・ACアダプタを確認

電源ケーブル・ACアダプタを確認
まずは、パソコン・ディスプレイのの電源ケーブル・ACアダプタがしっかり接続されているか確認してみましょう。

この時に、電源ケーブルの接続部が壊れていたり、汚れていたりしていないかを確認してください。汚れている場合はしっかりと汚れをふき取るようにしましょう。

また、タコ足配線の電源タップを使用している場合、電力の供給が不安定なのが原因となりPCの動作が不調になる場合もあります。画面が映らない場合は、直接コンセントに差すのも1つの手です。

電源が正常に接続されていれば、電源ランプが点灯します。

ディスプレイとパソコンの接続部もチェック

ディスプレイとパソコンの接続部
電源ケーブルと同様に、ディスプレイとパソコンを繋いでいるケーブルのチェックもしてみましょう。

ホコリなどが詰まっていて接続不良になっている場合や、接続部分が緩んでいてしっかり接続されていない可能性もあります。

電源コードだけでなく、接続部のメンテナンスもしておきましょう。

起動中に真っ暗になった場合の対処法

起動中に真っ暗
起動中に真っ暗になった場合、モニター側の入力信号を切り替えても映らないときは強制シャットダウンをするしかありません。

パソコンの電源ボタンを長押しして、強制的にシャットダウンさせましょう。

シャットダウンさせた後は、電源コードをコンセントから引き抜き、すべての周辺機器・ディスプレイケーブルを取り外して「完全放電」させてみることで、画面表示が復活する可能性があります。

完全放電は電源を落としてから約3分待てば十分でしょう。

ノートパソコンでの放電方法…

ノートパソコンでの放電方法
ノートパソコンで放電する場合は、ACアダプタ・周辺機器だけでなくノートパソコンのバッテリーも取り外して下さい。

すべて取り外したあとは、ディスプレイ型のパソコンと同じく3分程度電源オフのまま待ちましょう。

バッテリーを取り外せない機種の場合は、説明書を参照・もしくは機種名でWeb検索すると放電処理の手順が書かれていることがあります。一度調べてみましょう。

外部ディスプレイモードになっていないか確認する

外部ディスプレイモードになっていないか
パソコン内部の設定が、外部ディスプレイに画面を表示する設定になっていると、使用するディスプレイに画面が映らず真っ暗のまんまということが起こり得ます。画面の出力先を設定し直しましょう。

解決法は至ってシンプルで、「Fnキー」・「F3キー」を同時に押せば元の出力先に戻ります。もしくは、「Windowsキー」と「P」を押しても同様の効果があります。

「NoSignal」の時はディスプレイをつなぎ直してみる

ディスプレイをつなぎ直す
パソコンが起動しているのに、ディスプレイに「信号なし」や「No Signal」と表示される場合は、映像の入力信号がうまく変換されていない可能性があります。

こういった場合は、一旦ディスプレイの電源を落として、接続しているケーブルを抜きます。

ディスプレイの電源を再度入れてから、もう一度パソコンにつなぎ直してみてください。

治らない場合は、パソコン・モニターの経年劣化の可能性も!

パソコンは消耗品です。3年以上同じものを使用している場合、本体そのものが劣化していてもおかしくはありません。

長年今のパソコンを愛用されている方で「この記事で書かれている方法を試しても治らない!」という場合は、思い切ってパソコンを買い替えてみるのも手でしょう。

同じく、ディスプレイ・モニターも消耗品と言えます。こちらも3年ないし4年程度で寿命が来てもおかしくありません。

買ってすぐのディスプレイであれば修理に出すのがベターですが、4年以上経っているのであれば思い切って買い換えてみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)