繋がらない!Windows10で共有フォルダにアクセスできない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事や趣味で共有フォルダにアクセスし、ファイルを受け渡ししているユーザーも多いと思います。ストレージを使わずにファイルにアクセスできるので重宝しますよね。

しかしWindows10にアップデートしたユーザーの間で「共有ファイルにアクセスできない!」といった悲痛な意見が出ていることが判明しました。

そこでWindows10の共有フォルダへのアクセスが不可能な場合の対処法を詳しくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Windows10で共有フォルダにアクセスできない原因

この問題にはいくつかの原因があります。見過ごしている場合もありますので、以下の項目について今一度コントロールパネルより確認してみてください。

  1. Windowsの資格情報がない
  2. 共有設定が「オフ」に設定されている
  3. パスワード設定がされていない
  4. ファイル・フォルダの権限が設定できていない
  5. 同一ネットワーク上にない
  6. アクセスできるPC台数の制限
  7. 共有側のパソコンに異常がある

上記の詳しい内容について順に解説していきます。

共有フォルダにアクセスできない時の対処法

1.一番考えられる原因はローカル認証がされていないこと

windows資格情報
Windows10アップデート後にローカルアカウントの資格情報に不具合が起きるといった事例が報告されています。つまり共有フォルダにアクセスできないということです。

これはWindowsアップデートのシステム修正に起因しており、ローカルアカウントとMicrosoftのアカウントがリンクしてしまっていることが原因です。

解消法としては、「Windows資格情報に共有フォルダを追加する」ことで問題が解消されます。

資格情報を追加するには、タスクバーの検索窓に「資格情報マネージャー」と入力して[資格情報マネージャー]を起動→[Windows資格情報]を選択します。

[Windows資格情報の追加]から、「共有フォルダのホスト名(もしくはIPアドレス)」と「MicrosoftアカウントのアドレスとID・パスワード」を入力して追加します。

2.そもそも受け渡し双方の共有設定がされていない

windows共有設定
共有設定とは「あなたのPCから私のPCのファイルにアクセスしていいですよ」という設定です。分かりやすく言うと「個々のPCのセキュリティの壁に穴を開けるので、この穴から受け渡ししてくださいね」ということです。

この設定はファイルを渡す側と受け取る側の双方のアクセス権が合致していないとうまくいきません。

つまり、相手方と自分方のPCの壁に穴を開けないといけないわけです。

Windows10の場合、共有設定の「ファイルとプリンターの共有を有効にする」と「ネットワーク探索を有効にする」がオフになっていると、共有がうまくいかないので再度項目をチェックしましょう。

共有設定を開くには、タスクバーの右側にあるネットワークアイコンを右クリック→[ネットワークと共有センターを開く]を選択します。

左メニューから[共有の詳細設定の変更]を選択すると共有設定が表示されます。

[プライベート]、[ゲストとまたはパブリック]、[すべてのネットワーク]の中から(現在のプロファイル)と書かれた設定を開いて、「ファイルとプリンターの共有を有効にする」と「ネットワーク探索を有効にする」をオンにしてください。

3.パスワード設定がされていない

パスワード保護
ファイルを共有する側の共有設定で「パスワード保護共有を有効にする」にチェックが入っている場合、アクセスする側のパソコンにWindowsのパスワード設定が必要です。

Windowsのパスワードを設定するには、[設定]→[アカウント]→[サインイン オプション]→[アカウントとパスワードの変更]から設定できます。

もしIDやパスワードを入力する手間がめんどうな場合は、共有側のパソコンで[コントロールパネル] – [共有設定]で「パスワード保護共有を無効にする」というチェックボックスにチェックを入れると、アクセス時にID・パスワードの入力が不要になります。

ファイル共有は便利ですが、パスワードの保護がないとセキュリティ性に問題があるので、パスワードでのファイル保護はなるべく設定するべきです。

4.編集権限・読み取り権限が設定されていない

フォルダの権限設定
作成した共有フォルダにアクセス権限を設定しないと、他のユーザーがアクセスすることができません。

フォルダ・ファイルを右クリックして、[プロパティ]→[共有タブ]→[共有]を開くと「アクセス権の設定画面」が開きます。

共有するユーザーを追加するには、矢印をクリックして[新しいユーザーの作成…]を選択しましょう。(*Everyoneを指定すると全てのユーザーの権限を設定できます)

ユーザーを追加したらアクセス権限を設定します。ネットワーク上の全員に公開していいファイルであれば、Everyoneに「読み取り・書き込み共に許可」という設定にすると、全てのユーザーが編集・上書き・保存ができます。

5.同一ネットワークに属していない

ネットワーク
例えば社内や自宅ネットワーク外から共有フォルダにアクセスしようとしても、うまくいかないことが多々あります。

これはファイルを渡す側と受け取り側のネットワークが違うことが原因です。

もしも外出先のスマホから自宅のフォルダにアクセスできる設定であれば、通りすがりの人もファイルを閲覧できると言うことです。それは怖いですね。

そのため、特殊な設定の例外を除いて、閲覧したいファイルが同一の社内LANや自宅LANに属していなければ、ファイル共有は基本的に行えません。

同一ネットワーク上にパソコンが属しているか確認するには、適当なフォルダを開いて左メニューから[ネットワーク]を選択しましょう。相手のコンピュータ名が表示されれば同じネットワーク上に属しています。

6.アクセス可能なPC台数の制限を超えている

同時共有
Windows10の共有フォルダの同時接続数は、最大で20人まで設定できます。

そのため人数の多い会社などで1つの共有フォルダを皆で使っていると、

「コンピュータへの接続数が最大値に達しているため、これ以上このリモート コンピュータに接続できません。」

上記のようなエラーが表示されアクセスできないケースがあります。

対策としては、共有するフォルダを利用するユーザーが20人を上回らないよう分散するか、同時接続数の上限値が高いファイルサーバーを導入しましょう。

7.共有側のパソコンに異常がある

再起動
共有側のパソコンがネットワークに接続していなかったり、電源が入っていない場合、他のパソコンからアクセスすることができません。

また、共有しているパソコンがアップデート中だったり、フリーズ等の不具合が起きている場合も、アクセスが不安定になることが考えられます。

共有側のパソコンが正常に動作しているか確認しましょう。動作が不安定のようであれば一旦再起動をしてみましょう。

急に使えなくなった時は設定変更を疑おう

急に使えない
ネットワークインフラというものはちょっとした設定変更や、何気ない間違った操作で障害が起きてしまう場合があります。

そのような事態を防ぐために「誰が・いつ・どのような設定変更をしたか」を記録して管理すべきです。

また、社内での共有フォルダの設定などは管理者以外触らないようにしたり、障害が起きた際のマニュアルを制定するなど、不慮の際に備えることが大切だと言えます。

社内にネットワーク技術者がいない場合は、社内メールなどで変更点を共有するようにすると後々迷惑沙汰にならなくて済みますので、情報の共有は徹底した方がいいですね。

ネットワーク技術者がいる場合でも、自分のPCに「共有」という文字が出てきたら、まずは操作についてネットワーク技術者に聞いてみるといいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)