iPhoneの連絡先が消えた/消える/表示されない原因と復元方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneで電話やメールを使おうとすると、登録していたはずの連絡先が突然消えていて表示されないケースがあります。

連絡先が消える症状としては、一部の連絡先だけが表示されないケースもありますが、全ての連絡先が表示されないケースもあります。多くの場合は連絡先のデータは消えておらず、設定を変更することで簡単に復元できる可能性があります。

本記事では、iPhoneの連絡先が消えた/表示されない時の対処、復元方法について詳しく紹介します。

iPhoneの連絡先が消える/表示されない原因

iPhoneの連絡先が消える原因としては、主に以下の原因が考えられます。

  • iCloudの同期に問題が起きている
  • iOSやネットワークの一時的な不具合
  • 連絡先のグループが非表示になっている
  • AppleIDの認証エラー
  • 連絡先を誤って削除している

iCloudや連絡先の設定、ネットワークなどに原因があることが多く、簡単な対処で連絡先を復元できる可能性が高いです。

上記の原因ごとの対処方法について紹介していくので、順に連絡先を復元できないか試してみてください。

対処1: iCloudの連絡先を再度オンに切り替える

iCloudの連絡先の同期に一時的な問題が起きていることが原因で、同期されるはずの連絡先が消えて表示されないケースが考えられます。

そのため、iCloudの連絡先の同期機能を一度オフにしてからオンに戻すことで、連絡先の問題が解決する可能性があります。

iCloudの連絡先を再度オンに切り替えるには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 上部に表示される「Apple IDのユーザー名」をタップします。
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「連絡先」のスイッチをタップして「オフ」に切り替えます。
  5. 数十秒程度待ってから、再び「連絡先」のスイッチをタップして「オン」に切り替えます。

iCloudの連絡先を再度オンにできたら、電話アプリを開いて正常に連絡先が表示されるようになったか確認してください。連絡先の同期を切り替えても問題が解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: グループ設定を変更する

連絡先のグループ設定に問題があることが原因で、全ての連絡先が表示されないケースが考えられます。

そのため、連絡先のグループ設定を確認して、問題がある場合は修正してください。iPhoneの連絡先のグループ設定を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「電話」アプリを開きます。
  2. 下部の「連絡先」タブをタップします。
  3. 左上の「グループ」をタップします。
  4. 表示される全てのグループにチェックを入れます。
    • 表示されるグループ名は、端末によって「Gmailのすべて」「iCloudのすべて」など様々です。
  5. 「完了」をタップします。

グループ設定を変更できたら、全ての連絡先が正常に表示されるようになったか確認してください。

対処3: iPhoneを再起動する

iPhoneのiOSやネットワークに一時的な問題が発生していることが原因で、連絡先が消えて正常に表示されないケースが考えられます。

システムの様々な問題はデバイスを再起動すると解決することが多いです。

そのため、iPhoneを一度再起動して問題が解決しないか確認してください。iPhoneを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。

iPhoneを再起動できたら、電話アプリを開いて正常に連絡先が表示されたか確認してください。再起動しても連絡先が表示されない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処4: Apple IDに再度サインインする

Apple IDのサインイン状態に問題が起きていることが原因で、iPhoneの連絡先が消えて表示されないケースが考えられます。

そのため、Apple IDから一度サインアウトして再度サインインすることで、連絡先の問題が解決する可能性があります。Apple IDに再度サインインするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 画面の1番上に表示される「AppleIDのアカウント名」をタップします。
  3. 「サインアウト」をタップします。
  4. パスワードを求められたら、画面の指示に従って入力します。
  5. 「データのコピーを残しますか?」の確認ポップアップが表示されたら、そのまま右上の「サインアウト」をタップします。
  6. 確認メッセージが表示されます。「サインアウト」をタップします。
  7. 元の設定画面に戻ったら、「iPhoneにサインイン」をタップします。
  8. 「Apple ID」とパスワードを入力して「次へ」をタップします。
  9. 「Apple ID」確認コードを入力します。
  10. iPhoneのパスコードを入力してサインインを完了します。

以上の手順で、Apple IDに再度サインインすることができます。再度サインインできたら、消えた連絡先が正常に表示されたか確認してください。

対処5: アカウントの連絡先を有効にする

連絡先がiCloudアカウントではなくGoogleやYahooなどのサードパーティのアカウントに保存されている場合、アカウントの設定を追加しないと連絡先が表示されません。

そのため、iPhoneに複数のアカウントの連絡先を設定していた場合は、全てのアカウントが設定できているか確認してください。

連絡先に設定されているアカウントを確認して追加するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「連絡先」をタップします。
  3. 「アカウント」をタップします。
  4. アカウントの一覧で、全てのアカウントが設定できているか確認します。
  5. 未設定のアカウントがある場合は、「アカウントを追加」をタップします。
  6. 「アカウントのサービス名(Googleなど)」をタップし、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。
  7. 追加されたアカウントをタップして、「連絡先」のスイッチを「オン」にします。

新しく追加したアカウントの連絡先の同期には1分程度時間が掛かる場合があります。未設定のアカウントを追加できたら、少し待ってから連絡先が正常に表示されたか確認してください。

対処6: デフォルトアカウントを変更する

連絡先のデフォルトアカウントの設定に問題があると、iPhoneで登録した連絡先がiPadなどの別のデバイスに表示されない場合があります。

そのため、上記の問題が考えられる場合は、デフォルトアカウントの設定を確認して修正してください。連絡先のデフォルトアカウントを変更するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「連絡先」をタップします。
  3. 「デフォルトアカウント」をタップします。
    • 複数のアカウントでサインインしていない場合は、デフォルトアカウントの項目は表示されません。
  4. アカウントの一覧で「正しい登録先アカウント(iCloudなど)」に変更します。

デフォルトアカウントを変更できたら、iPhoneで連絡先を登録して別のデバイスで表示されるようになったか確認してください。

対処7: ネットワーク設定をリセットする

iPhoneのネットワーク接続に問題が起きていることが原因で、連絡先が正常に同期されず表示されないケースが考えられます。

そのため、ネットワーク設定を一度リセットして、問題が解決しないか確認してください。ただし、ネットワーク設定をリセットすると、Wi-FiやBluetoothなどの全てのネットワーク関連の設定が初期状態に戻る点に注意してください。

iPhoneのネットワーク設定をリセットするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  5. iPhone/iPadのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  7. iPhone/iPadが再起動するまで待ちます。

ネットワーク設定をリセットできたら、必要に応じてWi-Fiなどの設定を行ってから、連絡先が正常に表示されるか確認してください。

対処8: iCloudから連絡先を復元する

iCloudに連絡先を同期していれば、以前のバージョンから消えた連絡先を復元できる可能性があります。

iCloudからの連絡先も復元を試すには、以下の手順で操作してください。

  1. 『iCloud.com』にアクセスして、AppleIDでサインインします。
  2. サインインできたら、右上の「AppleIDの名前」→「アカウント設定」をクリックします。
  3. 「詳細設定」の下にある「連絡先の復元」をクリックします。
  4. リストから「ブックマークが消える前の日付」を選択して「復元」をクリックします。
  5. 確認メッセージが表示されたら、「復元」をクリックします。
  6. 以前の連絡先の復元が実行されます。

連絡先の復元が完了したら、iPhoneの連絡先が正常に表示されたか確認してください。

対処9: SIMに保存した連絡先を読み込む

使用しているSIMカードによっては、連絡先のデータがSIMカードに保存されている可能性があります。

そのため、別のデバイスでSIMカードに連絡先を保存していた場合は、iPhone側で連絡先を読み込むことで連絡先を復元することができます。

SIMカードからiPhoneに連絡先を読み込むには、以下の手順で操作してください。

  1. iPhoneに連絡先が保存されたSIMカードを挿入して起動します。
  2. 「設定」アプリを開きます。
  3. 「連絡先」をタップします。
  4. 「SIMの連絡先を読み込む」をタップします。
    • 「SIMの連絡先を読み込む」が表示されていない場合は、SIMカードに連絡先が保存されていないため別の対処方法を試してください。
  5. 「読み込み先のアカウント(iCloudなど)」をタップします。

以上の手順で、SIMカードからiPhoneに連絡先を読み込むことができます。連絡先を読み込めたら、正常に全ての連絡先が表示されたことを確認してください。

対処10: iTunes/Finderでバックアップを復元する

iTunes(またはMacの場合はFinder)でiPhoneのバックアップを作成していれば、バックアップから連絡先を復元することもできます。

ただし、バックアップからiPhoneを復元すると連絡先以外のデータも以前の状態に戻る点に注意してください。

iTunes/Finderでバックアップを復元するには、以下の手順で操作してください。

  1. iTunes(Finder)でiPhone/iPadのバックアップが作成されていることを確認します。
  2. iPhone/iPadを初期化します。
  3. 初期化が完了し、「こんにちは」の画面が表示されたら、そのまま言語・地域・キーボード等の初期設定を行います。
  4. 案内に従って初期設定を進めて、「iPhone/iPadを設定」の画面が表示されたら、「iTunesバックアップから復元」をタップします。
  5. iPhone/iPadとパソコンをLightningケーブルで接続します。
  6. iTunes(Finder)で「復元」ボタンをクリックするとバックアップされたデータが新しいデバイスに復元されます。

iPhoneをバックアップから復元して以前の状態に戻せたら、連絡先が正しく表示されたか確認してください。

コメントを残す

*