Microsoft XPS Document Writerとは?追加と削除方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンで利用可能なプリンターの一覧に、「Microsoft XPS Document Writer」というプリンターが表示されることがあります。

このプリンターは標準でインストールされているため、削除したい場合や逆に削除後に追加したいケースがあると思います。

本記事では、Windows10の「Microsoft XPS Document Writer」の概要と削除と追加方法について解説します。

Microsoft XPS Document Writerとは

Microsoft XPS Document Writerは、ドキュメントファイルをXPS形式で保存できるWindows10標準の仮想プリンターです。

紙に印刷するためのプリンターというよりは、ファイル変換アプリと同じようにWordなどの文章をXPSファイルに変換することができます。

Microsoft XPS Document Writerを使って文書ファイルを印刷してみると、文書がXPSファイルという形式でパソコンの中に保存されます。

XPSファイルとは

XPSファイルは、Microsoft社が開発した文書の閲覧と印刷に特化したファイル形式(拡張子は.xpsまたは.oxps)です。どんな環境でも文書のレイアウトが崩れないことが特徴です。

例えば文書ファイルを印刷したり他のPCで開くと、文字や画像の大きさが変わってしまったり、フォントが正しく表示されない問題が起きるケースがあります。

XPSファイルとして保存することで、上記のような問題を回避することができます。

また、Windowsに標準でインストールできるXPS Viewerで開くことができるため、専用のビューワーアプリをインストールする必要がありません。

XPSファイルとPDFファイルの違い

XPSファイルと同じ性質を持つファイル形式として、Adobeが開発したPDFファイルがあります。

PDFファイルでもXPSファイルと同様にレイアウトを崩さずに表示・印刷できます。XPSファイルとPDFファイルの大きな違いは、XPSファイルが文章を編集することができないのに対して、PDFファイルは文書を編集できることです。

現在はXPSファイルよりもPDFファイルの機能面が充実していることもあって、PDFファイルが使われるケースの方が圧倒的に多いです。

Microsoft XPS Document Writerを削除する方法

Microsoft XPS Document Writerは、危険なプログラムではないため無理に削除する必要はありません。

しかし、XPS形式を使用していない場合は、不要であれば削除することもできます。

Microsoft XPS Document Writerを削除するには、次の方法を試してください。

方法1: プリンター設定から削除する

Microsoft XPS Document Writerは、通常のプリンターと同じようにプリンターの設定から削除することができます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. Windowsの設定で「デバイス」をクリックします。
  3. 左のメニューリストにある「プリンターとスキャナー」をクリックします。
  4. 「プリンターとスキャナー」リスト内にある、「Microsoft XPS Document Writer」をクリックします。
  5. クリックするとメニューが展開されます。表示された「デバイスを削除」ボタンをクリックします。
  6. 確認メッセージが表示されるので、「はい」をクリックして削除を実行します。

方法2: コマンドで削除する

PowerShellから Microsoft XPS Document Writerを削除することもできます。

もし上記の方法で削除ができなければ、こちらの方法も試してみてください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、右クリックメニュー内から「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 以下のコマンドを入力し、エンターキーを押してコマンドを実行します。コマンドの文字列をコピーした後、PowerShellウィンドウ上で右クリックすると簡単にコピーアンドペーストできます。
    Remove-Printer -Name "Microsoft XPS Document Writer"

以上でコマンドによる削除は完了です。PowerShellウィンドウを閉じて、Microsoft XPS Document Writerが削除されたことを確認します。

Microsoft XPS Document Writerを追加する方法

Microsoft XPS Document Writerは削除しても、いつでも追加することができます。

削除した後で再度追加したい場合や、アプリケーションなどでMicrosoft XPS Document Writerが必要な場合は、次の手順で追加してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を開きます。
  2. 右ペインに「アプリと機能」のリストが表示されたら、「関連設定」の下にある「プログラムと機能」をクリックします。
  3. 「プログラムと機能」ウィンドウが開いたら、画面左上にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
  4. Windowsの機能リストが表示されます。リストの中から「Microsoft XPSドキュメントライター」の項目にチェックを入れます。
  5. 「OK」をクリックするとプリンターが追加されます。

追加できない場合

上記の手順でMicrosoft XPS Document Writerを追加しようとしても、Windowsの機能に既にチェックが入っていて追加できない場合があります。

追加ができない場合は、一度機能のチェックを外してからチェックを入れ直してみてください。具体的には、次のように操作してください。

  1. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックしてWindowsの機能リストを表示します。
  2. 「Microsoft XPSドキュメントライター」のチェックを外します。
  3. 「OK」をクリックします。
  4. 元の画面に戻ったら、もう1度「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
  5. 「Microsoft XPSドキュメントライター」のチェックを入れます。
  6. 「OK」をクリックします。

上記の操作を行なっても追加できない場合は、パソコンを再起動してからもう一度の追加の操作をやり直してください。

また、Windows Updateが利用可能な状態であればアップデートを実行し、OSを最新の状態にした上で再度試してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)