Windows10 – IPv6の確認方法と有効にならない・接続できない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

IPv4に変わる接続方式としてIPv6が普及し始めています。IPv4を使い続けても問題はありませんが、IPv6に切り替えることで通信が安定する・セキュリティを強化しやすいなどのメリットがありますので、切り替えを検討している方もいらっしゃるでしょう。

今回は、Windows10のPCでIPv6で接続できているか確認する方法接続できない時の対処法について紹介します。

IPv6で接続できているか確認する方法

まずは、簡単な方法でIPv6接続できているかどうかを確認します。

IPv6で接続できているか確認したい時、1番簡単な方法は確認用ツールが用意されているウェブサイトを利用することです。

いくつかあるので下記リンク先を試すか、インターネット検索を利用して探してみてください。

サイトによっては正しい結果が表示されないこともあるので、複数のサイトで試してみることをおすすめします。

IPv6で接続できない時の対処法

Windows10では、デフォルトでIPv6接続できるようになっていたりすることもありますが、環境によっては正しく設定したはずなのにIPv6接続できないということもありえます。

IPv6接続できていなければ、次の対処方法を試してみてください。

対処1: インターネットプロバイダがIPv6に対応しているか確認

前提として、インターネットプロバイダがIPv6に対応していなければIPv6で通信することはできません。

最近では元から対応していることが多いですが場合によっては追加オプションの契約などが必要になることもあります。インターネットプロバイダのウェブページや契約資料を確認してIPv6が利用できる状態になっているか確認してみてください。

対処2: ルーターの設定を確認する

IPv6で通信するにはプロバイダ側だけでなく、ルーターもIPv6に対応している必要があります。ルーターのメーカーサイトやマニュアルを参照し、お使いのルーターがIPv6に対応しているか確認してみてください。

また、場合によってはルーターの設定変更が必要な場合もあります。ルーターの設定画面にアクセスし、IPv6通信を有効にしてみてください。

ルーターの設定画面のアクセス方法や設定の変更手順はメーカーや機種により異なりますので、下記リンク先やマニュアルを参考に操作を行ってください。

対処3: パソコンの設定を確認する

パソコン側でもIPv6が有効になっているか確認します。

  1. コントロールパネルを開きます。「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧から「Windowsシステムツール」フォルダを開いて「コントロールパネル」を選択します。
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. 「ネットワークと共有センター」をクリックします。
  4. 左側のリストにある「アダプターの設定の変更」をクリックします。
  5. 「イーサネット」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  6. プロパティウィンドウが開きます。「この接続は次の項目を使用します」の下にあるリストから「インターネットプロトコルバージョン6 (TCP/IPv6)」の項目を探し、クリックで選択します。
  7. もし項目のチェックが外れていればチェックボックスをクリックしてチェックを入れます。
  8. リストの右下にある「プロパティ」ボタンをクリックします。
  9. 「IPv6アドレスを自動的に取得する」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」の2つにチェックを入れます。設定を変更したら「閉じる」をクリックします。
  10. すべての設定画面を閉じます。

対処4: ネットワークドライバをアップデートする

ネットワークドライバに問題がある可能性があります。「スタート」→「デバイスマネージャ」から、ネットワークアダプタを最新版にアップデートしてみてください。解決しない場合は再インストールもお試しください。

対処5: ネットワーク設定をリセットする

次の手順でTCP/IPとWindows Socketの設定をリセットしてみてください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「Windows Powershell (管理者)」を選択します。
  2. Powershell ウィンドウが開いたら、画面に次の2つのコマンドを入力します。このコマンドによりDNSキャッシュがクリアされます(1行入力するごとにエンターキーを押してください)。
    ipconfig /flushdns
nbtstat –R
  3. 続いて次のコマンドを入力してエンターキーを押します。これによりTCP/IPの設定がリセットされます。
    netsh int ip reset
  4. 最後に次のコマンドを入力してWindows Socketをリセットします。
    netsh winsock reset
  5. Powershellウィンドウを閉じ、パソコンを再起動します。

解決しない時は

ここまでの対処方法で解決しない場合は、次の対処も確認してみて下さい。

  • ルーター・パソコンの再起動を試してみてください。ルーターは設定のリセットも試してみてください。
  • ルーターの接続モードをブリッジモードに変更してみてください。
  • パソコンをセーフモードで起動してみてください。
    • セーフモードで問題なくIPv6接続ができた場合は、セキュリティソフトなどの常駐アプリケーション・バックグラウンドアプリの影響を受けている可能性があります。
  • 設定方法は契約先プロバイダや使用しているルーターによって変わります。可能であればインターネットプロバイダなどのサポートサービスの利用もご検討ください。

IPv6接続のみインターネットアクセスなしと表示される場合は、次のページで対処を紹介しているので合わせて参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)