廃止されたDirectplayをインストール/有効にする方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンで特定のアプリやゲームを起動しようとすると、「お使いのPCにあるアプリは、Windowsの次の機能が必要です: DirectPlay」のメッセージが表示され、アプリが起動できないケースがあります。

エラーの指示通りに「この機能をインストールする」をクリックして問題を解決できることもありますが、状況によってはDirectPlayのインストールに失敗したり、インストールしたはずなのに同様のエラーが出てしまうケースがあります。

本記事では、Windows10でDirectplayをインストールして有効にする方法について解説します。

Directplayとは

Directplayは、DirectXの古いバージョンに含まれていた通信モジュールです。主に2008年以前の古いオンラインゲームや、対戦機能のあるゲームソフトに使われています。

開発はMicrosoftのため、Directplayというプログラム自体は危険なものではありません。

しかしDirectplayは古いプログラムのため既に開発が終了しています。また、何度かプログラムの脆弱性が発見されたため、セキュリティ上の理由からWindows10では標準で無効化されています。

そのため、Windows10でDirectplayを使用しているゲームやアプリを起動したい場合は、ユーザーが手動でDirectplayをインストールする必要があります。

Directplayの機能を有効にする/インストール方法

Windows10でDirectplayの機能を有効にするには、コントロールパネルからDirectplayの機能を有効化することで、インストールすることができます。

Directplayをインストールする具体的な手順は次の通りです。

方法1: 「ファイル名を指定して実行」から有効にする

Directplayの機能を有効にする方法として、次の手順が最短でインストールできます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「optionalfeatures」と入力して「OK」をクリックします。
  3. Windowsの機能リストが表示されます。「レガシ コンポーネント」の項目をダブルクリックしてツリーを展開します。
  4. 展開されたツリーの「DirectPlay」の項目のチェックボックスにチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. DirectPlayのインストールが開始します。インストールが完了するまで待ちます。
  6. 「必要な変更が完了しました」の画面が出たらインストールが完了です。「今すぐ再起動」をクリックします。

方法2: 「コントロールパネル」から追加する

コントロールパネル経由でDirectplayを有効化する手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインで関連設定の「プログラムと機能」をクリックします。
  3. プログラムと機能のコントロールパネルが開きます。左ペインで「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
    • 上記は「Windowsマーク」→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「プログラム」の順にクリックすることでも開くことができます。
  4. 「レガシ コンポーネント」のツリーを展開して「DirectPlay」にチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. DirectPlayのインストールが開始します。「必要な変更が完了しました」の画面が出たら「今すぐ再起動」をクリックします。

以上でDirectPlayの機能を有効にすることができます。インストールが完了したらパソコンを再起動して、ゲーム・アプリが起動できるようになったか確認してください。

有効にならない/インストールできない時の対処

DirectPlayの機能を有効にしようとしても、インストールが完了しないケースがあります。

また、DirectPlayをインストールしたはずなのに、アプリの起動時にDirectPlayのエラーが再度出るケースもあります。

上記の問題が起きる場合は、次の対処法を1つずつ試してみてください。

対処1: セキュリティソフトを無効化する

DirectPlayがインストールできない場合は、セキュリティソフトによって機能のインストールがブロックされているケースが考えられます。

特にDirectPlayのインストール後にPCを再起動すると機能が無効になっている場合は、セキュリティソフトが原因として疑われます。

そのため、セキュリティソフトを一時的に無効化してから、再度『Directplayの機能を有効にする方法』の手順でインストールを試してみてください。

セキュリティソフトを停止する方法については、ソフトによって異なるためメーカーのマニュアルやヘルプページを参考にしてください。

対処2: DirectXエンドユーザーランタイムをインストールする

DirectXエンドユーザーランタイムをインストールすることで、Directplayの機能を正常に有効化できる可能性があります。

そのため、次の手順でDirectXエンドユーザーランタイムのインストールを試してみてください。

  1. 『DirectXエンドユーザーランタイムWebインストーラ』のダウンロードページにアクセスします。
  2. 「ダウンロード」をクリックしてランタイムをダウンロードします。
  3. ダウンロードした「dxwebsetup.exe」をダブルクリックして起動します。
  4. 案内に従って「次へ」をクリックしてインストールを完了します。
    • 途中のBingバーが不要な場合は、チェックを外してください。

インストールが完了したら再度『Directplayの機能を有効にする方法』の手順でインストールを試してみてください。

対処3: 互換モードでアプリを起動する

DirectPlayをインストールしても「Windowsの次の機能が必要です: DirectPlay」のエラーが出てゲーム・アプリが起動できないケースがあります。

上記の問題は、互換モードを有効にしてアプリを起動すると解決する可能性があります。次の手順で起動できないアプリを互換モードで起動するように設定してください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「エクスプローラ」を選択します。
  2. エクスプローラウィンドウが開いたら、目的のゲームまたはアプリをインストールしたフォルダを開きます。
  3. 「アプリの実行ファイル(.exeファイル)」を右クリックして、「プロパティ」を選択します。
  4. 「互換性」タブを開きます。
  5. 「互換モードでこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  6. 「互換モードでこのプログラムを実行する」の下にあるリストをクリックして「アプリの対応OS」を選択します。
    • ゲーム・アプリのマニュアルや公式サイトに推奨OSが記載されている場合は、指定されているOSに設定してください。
    • 推奨OSが不明な場合は「Windows XP」または「Windows Vista」に設定してみてください。
  7. 同じく「互換性」タブ内にある、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れます。
  8. 最後に「適用」ボタンをクリックして設定を保存してから、「OK」をクリックしてプロパティウィンドウを閉じます。

以上でアプリを互換モードで起動することができます。アプリの実行ファイルをダブルクリックで起動し、問題が解決したか確認します。

対処4: 互換性のトラブルシューティングツールを実行する

互換モードで起動してもDirectPlayを使用するアプリケーションが起動しない場合は、互換モードが正常に動作していないことが考えられます。

次の手順で互換性のトラブルシューティングツールを実行し、問題の調査と自動修復を行ってみてください。

  1. ゲーム・アプリの実行ファイル(.exeファイル)を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. 「互換性」タブを開きます。
  3. 「互換性のトラブルシューティングツールの実行」をクリックします。
  4. 「推奨設定を使用する」をクリックします。
  5. 推奨設定が自動的に適用されます。「プログラムのテスト」ボタンをクリックし、アプリが起動するようになったか確認します。
  6. 「次へ」をクリックします。
  7. 「プログラムのテスト」でアプリが起動するようになった場合は、「はい、このプログラムでこの設定を保存します」をクリックして設定を保存してください。
    • アプリが起動しなかった場合は「いいえ、別の設定で、もう一度やり直します」をクリックしてトラブルシューティングを続行します。
  8. 「いいえ」を選択した場合は、表示される質問に答えながら設定の調整を行います。

互換性の問題が解決されれば、DirectPlayを使用するアプリケーションが正常に起動できるはずです。

対処5: システムファイルのスキャンと修復を行う

上記の方法を試してもDirectPlayがインストールできない・有効化できない場合は、システムファイルに異常があることが考えられます。

そのため、システムファイルチェッカーツールを実行して、システムファイルのスキャンと自動修復を試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  3. 「検証100%が完了しました」のメッセージが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. ウィンドウに表示されているゲージが100%になったら、修復処理は完了です。PCを再起動します。

PCが再起動したら再度DirectPlayを有効化できないか試してみてください。

対処6: システムの復元を実行する

DirectPlayを使用するアプリが以前は問題なく起動できていたのに、ある時から起動できなくなった場合は、システムの復元を検討してください。

システムの復元を実行することで、Windowsがアプリを起動できていた状態に戻すことができるため、アプリが正常に起動できる可能性があります。

システムの復元の実行方法については、次のページで詳しく解説しているので合わせて参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)