右クリックのメニューが遅い/出ない/固まる時の対処法 – Windows10 PC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のパソコンでコンテキストメニューを表示しようとした時、マウスの右クリックボタンを押してからメニューが表示されるまでの時間が異常に遅いケースがあります。

また、右クリックをしても読み込みのくるくるマークが表示されたまま、メニューが出ない状態で固まってしまうケースもあります。

右クリックメニューの表示だけが遅い場合は、マウスの故障ではなくシステム側に問題があることが考えられます。

本記事では、Windows10で右クリック時のメニューの表示が遅い・出ない時の原因と具体的な対処法を紹介します。

右クリックをしても読み込みマークが出ずに完全に反応しない場合は、次のページの対処方法を参考にしてください。

対処1: グラフィックドライバーを再インストールする

PCにインストールしているグラフィックドライバーや関連アプリの不具合が原因で、右クリックのメニューの表示が異常に遅くなることがあります。

グラフィックドライバーが原因である場合は、最新のドライバーを再インストールすることで解決する可能性が高いです。

そのため、グラフィックドライバーをアンインストールしてから、最新版のドライバーを公式メーカーサイトからダウンロードし、ドライバーを再インストールしてみてください。

グラフィックドライバーの再インストールは、次の手順で行います。

手順1: ドライバーをアンインストールする

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ディスプレイアダプター」の項目をダブルクリックし、ツリーを展開します。
  3. 展開したツリーの中にグラフィックドライバーが表示されます。グラフィックドライバー名を右クリックし、「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • ディスプレイアダプターのツリーに複数のドライバーが表示される場合は、すべてのドライバーをアンインストールしてください。

手順2: ドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーがアンインストールできたら、最新のドライバーをダウンロードしてインストールします。

ドライバーのダウンロードとインストール方法は、搭載しているGPUによって異なります。

補足: 搭載しているGPUは、『PCのスペック(性能)や構成を確認する方法 – Windows10【メモリ/CPU/グラボ】』のページの方法で確認することができます。

搭載しているGPUが確認できたら、次の方法でドライバーの再インストールを行なってください。

  • Intelオンボードグラフィックス(グラフィックボード非搭載)の場合
    • パソコン本体のメーカーサイトにあるドライバーダウンロードページから最新のグラフィックドライバーを入手し、インストールしてください。
    • ドライバーのダウンロードページが見つからない時は、メーカーサイトでパソコンの製品情報ページを検索して、対応するグラフィックドライバー(もしくはディスプレイドライバー)のダウンロードリンクを探してください。
  • NVIDIA製、またはAMD製グラフィックボードを搭載している場合

最新のグラフィックドライバーが再インストールできたらPCを再起動して、右クリックの動作が改善したか確認してください。

注意: NVIDIA、AMDのグラフィックボードの場合は、上記の手順で再インストールを行なっても古いバージョンがアンインストールできないケースがあります。古いバージョンのドライバーが残ってしまう場合は、『GeForce/Radeonのグラフィックドライバーを完全アンインストールする方法』の方法でアンインストールしてから、再インストールを試してください。

対処2: Windowsを最新版にアップデートする

Windowsのシステムやドライバーに問題があり、右クリックの動作が遅くなったり、おかしくなるケースがあります。

そのため、Windows Updateを確認してWindowsが最新版になっていなければ、アップデートを実行してみてください。

Windows Updateを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
    • 保留中の更新プログラムがある場合は、「再起動」や「ダウンロード」をクリックしてアップデートを適用してください。

Windowsが最新の状態になったら、再度右クリックの動作に問題があるか確認してください。

対処3: 右クリックメニューの登録プログラムを削除する

パソコンにアプリをインストールすると、アプリをより便利に使うために右クリックメニュー(コンテキストメニュー)に項目が追加登録されることがあります。

この右クリックメニューに登録された機能が原因で、メニューを開く動作が異常に遅くなることがあります。

そのため、右クリックメニューにデフォルト以外の機能が追加されている場合は、登録されている項目を削除することで動作が改善する可能性があります。

右クリックメニューを削除する方法はいくつかありますが、今回は操作が簡単な「Easy Context Menu」を使った削除手順を紹介します。

  1. 『Easy Context Menu – Vector』のページにアクセスします。
  2. ページをスクロールして「ダウンロードページへ」のボタンをクリックします。
  3. 「このソフトを今すぐダウンロード」をクリックします。
  4. ダウンロードしたファイルを右クリックして「すべて展開」を選択します。
  5. 展開先を指定して「展開」をクリックします。
  6. 展開したフォルダ内にある「EcMenu_x64.exe」をダブルクリックして起動します。
    • Windows10が32bitの場合は、「EcMenu.exe」を起動してください。
  7. 「ファイル」→「コンテキストメニュークリーナー」をクリックします。
  8. 登録されている右クリックメニューの項目の一覧が表示されます。
  9. 「右クリックメニューに追加された不要なアプリ」を選択して「無効」、もしくは「削除」をクリックします。
    • 次の種類のアプリを削除すると、右クリックの動作が改善するケースが多いです。
      • ファイル展開(解凍)アプリ
      • オンラインストレージの同期アプリ
      • グラフィックドライバー
      • セキュリティソフト
    • 削除するアプリの見当がつかない場合は、上記のアプリを一旦全て無効にして右クリックの動作を確認してください。

不要なアプリの右クリックメニューが削除できたら、右クリックの動作が改善したか確認してください。

上記の操作で右クリックメニューに登録されたグラフィックドライバーの関連アプリケーションが削除できない場合は、次の対処方法を試してください。

対処4: グラフィック関連の右クリックメニューを削除する

グラフィック関連のアプリケーションが右クリックメニューに登録されていることが原因で、右クリックメニューの表示が異常に遅くなるケースがあります。

右クリックメニューに登録されるグラフィック関連のアプリケーションは、「グラフィック・プロパティ」「グラフィック・オプション」「NVIDIAコントロールパネル」「AMD Control Center」などのアプリケーションが考えられます。

上記の右クリックメニュー項目を削除するには、レジストリエディタを使ってレジストリを編集します。

注意: レジストリエディタ上で間違った操作を行うとシステムに不具合を起こすことがあるため、対処を実行する前にレジストリのバックアップを作成してください。

レジストリを編集して、グラフィック関連の右クリックメニューを削除する手順は次の通りです。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが開いたら、左側のツリーを使って次のキーのフォルダを開きます。
    HKEY_CLASSES_ROOT\Directory\Background\shellex\ContextMenuHandlers
  4. 「ContextMenuHandlders」フォルダを展開します。展開したツリー下を調べ、次の名前のキーがあるか調べます。
    • 「igfxcui」 … Intel製のグラフィックドライバーの関連項目です。
    • 「igfxDTCM」 … Intel製のグラフィックドライバーの関連項目です。
    • 「NvCplDesktopContext」 … NVIDIA製のグラフィックドライバーの関連項目です。
    • 「ACE」 … AMD製のグラフィックドライバーの関連項目です。
  5. 該当するキーを右クリックして「削除」を選択します。
    • 例: 「igfxcui」を削除する場合は、ウィンドウ左のフォルダツリーにある「igfxcui」のフォルダアイコンを右クリックし、「削除」を選択してください。
  6. 削除が完了したらレジストリエディタを終了し、パソコンを再起動します。

PCが再起動したら、右クリックメニューからグラフィック関連のアプリケーションが削除できていることと、動作が改善したかを確認してください。

対処5: セーフモードを試す

バックグラウンドで動作しているアプリケーションが原因で、右クリックメニューの表示に時間が掛かるケースがあります。

そのため、セーフモードでパソコンを起動して、セーフモード中でも右クリックメニューが遅い問題が発生するか調べてみてください。

セーフモードの詳しい起動手順は以下の記事を参考にしてください。

セーフモードで問題が発生しない場合は、バックグラウンドの常駐アプリが原因だと判断できます。

常駐アプリが原因だった場合は、PCを再起動して通常の状態に戻して、タスクマネージャーでスタートアップのアプリケーションを停止してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「スタートアップ」タブを開きます。
    • 簡易表示になっている場合は「詳細」をクリックします。
  3. 右クリックの動作に影響が出そうなアプリケーション」を右クリックして「無効化」を選択します。

スタートアップの設定を変更したら、PCを再起動して右クリックの動作が改善したか確認してください。

解決しない場合は

ここまでの対処を試しても右クリックメニューの動作が改善しない場合は、システムの復元やパソコンの初期化を検討してください。

システムの復元とパソコンの初期化の手順については、次のページで詳しく解説しています。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)