Windows Driver FoundationのCPU使用率が高い/重い時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Windows Driver Foundationのcpu使用率が高い

Windows10のPCで動作が重くなった際にタスクマネージャーを確認すると、「Windows Driver Foundation - ユーザーモード ドライバー フレームワーク ホスト プロセス」というプロセスがCPUを占有しているケースがあります。

このプロセスはCPU使用率が一時的に高くなることはありますが、長時間続く場合はシステムに何らかの問題が起きているケースも考えられます。

本記事では、Windows Driver Foundationプロセスの概要とCPU使用率が異常に高い時の対処方法について詳しく紹介します。

Windows Driver Foundationとは

Windows Driver Foundation(WUDFHost.exe)とは、Windowsのデバイスドライバーを簡単に開発するためのフレームワークのプロセスで、様々なデバイスによって使用されます。名称はWindows Driver Frameworksと呼ばれる場合もあります。

このプロセスは、Windowsのシステムプロセスのためタスクマネージャーから停止しても、自動で再起動するため停止することはできません。

また、このプロセスは全てのWindowsで実行される標準プロセスで、マルウェアなどの危険なプロセスではありません。

プロセスのCPU使用率が高い時の対処法

Windows Driver Foundationは、デバイスドライバーやシステム、サードパーティのアプリケーションによってCPU使用率が高くなる場合があります。

このプロセスのCPU使用率が高くなっても、通常であればしばらく待つことで使用率は落ち着きます。

プロセスのCPU使用率が異常に高い状態が続く場合は、以下の対処方法を試してみてください。

対処1: PCを再起動する

デバイスドライバーやシステムに一時的な問題が起きていることが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が異常に高くなるケースが考えられます。

そのため、PCを一度再起動してWindows Driver FoundationのCPU使用率が改善しないか確認してみてください。

PCを再起動しても、プロセスのCPU使用率が高い場合は、次の対処方法に進んでください。

対処2: Windows Updateを実行して最新版にする

Windows10のバージョンが古く不具合があることが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が異常に高くなるケースが考えられます。

そのため、WindowsUpdateを実行して、最新の更新プログラムが提供されていないか確認してください。

WindowsUpdateを実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

WindowsUpdateを実行してWindowsを最新の状態にできたら、Windows Driver FoundationのCPU使用率が改善したか確認してください。

最新の更新プログラムを適用しても問題が解決しない場合や、アップデートが提供されていない場合は次の対処法に進んでください。

対処3: システムメンテナンスのトラブルシューティングを実行する

システムメンテナンスのトラブルシューティング

Windows10にはシステムの問題を自動的に修復できるトラブルシューティングツールが搭載されています。

Windows Driver Foundationの問題は、システムメンテナンスのトラブルシューティングツールを実行して解決できる場合があります。

そのため、次の手順でシステムメンテナンスのトラブルシューティングツールを実行して問題が解決しないか確認してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 名前に「control」と入力して「OK」をクリックします。
  3. コントロールパネルが起動したら、右上の表示方法を「アイコン」に変更して「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 左ペインの「すべて表示」をクリックします。
  5. 一覧から「システムメンテナンス」をクリックして起動します。
  6. ウィザードが起動したら「次へ」をクリックして、「管理者としてトラブルシューティングを実行する」をクリックします。
  7. 案内にしたがってトラブルシューティングと修復を試みます。
  8. 全て終了したらウィザードを閉じて、PCを再起動します。

上記の手順でトラブルシューティングツールを実行できたら、PCの再起動後にWindows Driver FoundationのCPU使用率が改善したか確認してください。

トラブルシューティングツールを実行しても問題が解決しない場合は次の対処法に進んでください。

対処4: システムファイルの修復を実行する

windows10システムファイルを修復する

Windows10のシステムファイルが破損していることが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が異常に高いケースが考えられます。

そのため、システムファイルの修復を実行して、プロセスのCPU負担が改善しないか確認してみてください。システムファイルの修復を実行するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. PowerShellが起動したら、以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  3. プロセスが完了したら、続いて以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
  4. プロセスが完了したらWindows PowerShellを閉じます。

システムファイルを修復できたら、念のためPCを再起動してからWindows Driver FoundationのCPU使用率を確認してください。

システムファイルの破損が検出されない場合や、修復後もWindows Driver Foundationの問題が解決しない場合は次の対処法に進みます。

対処5: クリーンブートして動作を確認する

クリーンブートの設定

バックグラウンドで実行されているサードパーティのアプリケーションのサービスが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が高くなるケースが考えられます。

そのため、PCをクリーンブートした状態でWindows Driver FoundationのCPU使用率が改善しないか確認してください。PCをクリーンブートするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択して開きます。
  2. 名前に「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「システム構成」ウィンドウが開いたら、「サービス」タブをクリックします。
  4. 「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックを入れてから、「すべて無効」をクリックします
  5. PCを再起動します。

以上の手順でPCをクリーンブートの状態で起動することができます。PCが起動したら、Windows Driver FoundationのCPU使用率が改善したか確認してください。

クリーンブートの状態でも問題が解決しない場合は、次の対処方法に進んでください。

クリーンブートで改善した場合

クリーンブートの状態でCPU使用率に問題がない場合は、サードパーティのアプリケーションが原因だと判断できます。

そのため、クリーンブート時に無効化したサービスを1つずつ有効に戻して、問題のアプリケーションを特定してください。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択して開きます。
  2. 名前に「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「システム構成」ウィンドウが開いたら、「サービス」タブをクリックします。
  4. 「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックを入れます。
  5. 「サービス名」の横にあるチェックボックスにチェックを入れて、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。
    • 有効に戻すサービスは1つずつ行うことをおすすめします。
  6. PCを再起動して、プロセスの負担が高くなるか確認します。
  7. 原因のサービスが見つかるまで、同様の手順を繰り返します。

プロセスの負担を高くするサービスを特定できたら、他のサービスを全て有効に戻してください。原因となるサービスは無効化したままにするか、サービスを提供するアプリケーションを調べてアンインストールすることを検討してください。

対処6: ワイヤレスネットワークドライバーを再インストールする

ワイヤレスネットワークドライバーを再インストール

ワイヤレスネットワークドライバーに問題が起きていることが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が異常に高くなるケースがMicrosoftコミュニティに報告されています。

上記の問題は、ワイヤレスネットワークドライバーを再インストールすることで解決できる可能性があります。

ワイヤレスネットワークドライバーを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「ワイヤレスネットワークドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • ワイヤレスネットワークドライバーは、「Wi-Fi」の表記がある場合が多いです。
  4. 確認ダイアログが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動すると、ネットワークドライバーが自動的に再インストールされます。

ワイヤレスネットワークドライバーを再インストールできたら、再度Windows Driver Foundationのプロセス負担が改善したか確認してください。

対処7: 周辺機器を全て取り外す

PCに接続している周辺機器に問題があることが原因で、Windows Driver FoundationのCPU使用率が異常に高くなるケースが考えられます。

そのため、PCに接続してるキーボード・マウス以外の全てのUSB周辺機器を取り外して、プロセスの負担が改善しないか確認してください。

プロセスの負担が改善した場合は、1つずつ周辺機器を接続してWindows Driver FoundationのCPU使用率を高めるデバイスを特定してください。

問題のあるデバイスが見つかった場合は、その機器のデバイスドライバーのアップデートを試してください。アップデートで解決しない場合は、問題のデバイスを使用しないようにするか、デバイスを交換することを検討してください。

対処8: NFCを無効にする

機内モード Nfcを無効化

NFC(近距離無線通信)を搭載しているPCの場合は、NFCの機能を無効にすることでWindows Driver FoundationのCPU使用率が改善する可能性があります。

NFCの機能を無効にするには、以下の手順で操作を行ってください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ネットワーク接続」を選択します。
  2. 左ペインで「機内モード」をクリックします。
  3. 右ペインで、ワイヤレスデバイスの「NFC」のスイッチを「オフ」に変更します。

対処9: Windows Driver Foundationを無効化する

Windows Driver FoundationのCPU使用率の問題を解決できない場合は、サービスウィンドウからWindows Driver Foundationを無効化することができます。

ただし、最新のWindows10では、Windows Driver Foundationを無効化できません。Windows10がビルド1709以前の場合のみサービスを無効化することができます。

ビルド1709以前のWindows10でWindows Driver Foundationを無効化するには、以下の手順で操作します。

  1. Windows + Rを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「services.msc」と入力してEnterを押し、「サービス」を開きます。
  3. 「Windows Driver Foundation – User-mode Driver Framework」をダブルクリックします。
  4. スタートアップの種類を「無効」に変更し、サービスの状態の下にある「停止」をクリックします。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

設定を変更できたら、PCを再起動してWindows Driver Foundationのプロセスが起動しなくなったことを確認してください。

コメントを残す

*