AirPodsが接続できない・ペアリングができない時の対処法 – iPhone/Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

AirPodsは面倒な設定なしで簡単かつスマートにデバイスへ接続できるのが魅力の1つなのですが、状況によっては正しい手順で操作しているのに接続できない、ペアリングしても音が出ないというトラブルが起きてしまうことがあります。

本体不具合などのケースも考えられますが、案外簡単な方法であっさり直ることも少なくありません。

本記事ではiPhoneとMacユーザー向けに、AirPodsがデバイスに接続できない時に有効な対処法を紹介します。

対処1: Bluetoothをオンに切り替える

デバイスのBluetooth機能がオフになっていることが原因でAirPodsがペアリングできないケースがあります。

デバイスのBluetooth機能がオンになっているか確認してください。

  • 既にBluetooth機能がオンになっている場合でも、1度オフにしてからオンに戻すことで問題が解決するケースもあります。
  • 複数のBluetoothデバイスが接続されている場合はAirPods以外のBluetoothデバイスのペアリングを解除してみてください。

Bluetoothの機能は、それぞれ次の手順で確認できます。

iPhoneの場合

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. 「Bluetooth」のスイッチがオンになっているか確認します。
    • すでに「Bluetooth」がオンになっている場合も、スイッチをタップして「オフ」→「オン」の順に切り替えて下さい。

Macの場合

  1. 左上の「Appleマーク」→「システム環境設定」の順にクリックします。
  2. 「Bluetooth」をクリックします。
  3. 「Bluetooth:オフ」と表示されている場合は、「Bluetoothをオンにする」をクリックします。
    • 「Bluetooth:オン」と表示された場合も「Bluetoothをオフにする」→「Bluetoothをオンにする」の順にクリックします。

Bluetooth機能がオンにできたら、AirPodsのペアリングができないか試して下さい。

対処2: ペアリングを解除して再度接続する

AirPodsのペアリングを一旦解除して同じ手順で接続し直すことで問題が改善することもあります。

正しい手順で設定したのに接続できない場合でも、手順を見直しながら正しい手順で再度ペアリング接続を試してみてください。

iPhone、Macとのペアリングを解除して再接続する手順は、それぞれ次のとおりです。

iPhoneの場合

  1. 既にAirPodsがペアリングされている場合はまずペアリングを解除します。ホーム画面を開き、「設定」をタップします。
  2. 「Bluetooth」をタップします。
  3. 「自分のデバイス」リストに「AirPods」がある場合は、右側の「i」マークをタップし、「このデバイスの登録を解除」を選択します。
  4. 確認ポップアップが表示されたらもう1度「デバイスの登録を解除」をタップします。
  5. AirPodsを再接続します。iPhoneをホーム画面に戻します。
  6. 続いてAirPods側の設定をします。AirPodsをケースに入れ、蓋を閉めて15秒待ちます。
  7. 15秒待ったら蓋を開け、iPhoneに近づけます。
  8. iPhoneの画面にポップアップが表示されます。「接続」をタップします。
    • ポップアップが表示されない場合はAirPodsケースの背面にあるボタンを長押ししてください。
    • AirPodsケース内側のランプがオレンジ色に変わり、その後また白色に変わって点滅したらボタンを離します。

Macの場合

  1. 画面左上のリンゴマークをクリックしてAppleメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。
  2. 「システム環境設定」ウィンドウが開きます。「Bluetooth」をクリックします。
  3. 画面中央右のリストにAirPodsの項目があれば、一旦ペアリングを解除します。「AirPods」の項目をクリックして選択し、右にあるバツボタンをクリックします。
  4. 確認ポップアップが表示されたら、「削除」をクリックします。
  5. Bluetoothの設定画面を開いたまま、AirPods側の設定をします。AirPodsをケースに入れて蓋を閉め、そのまま15秒待ちます。
  6. Macの近くにAirPodsの入ったケースを置き、蓋を開けます。
  7. しばらく待つとBluetoothの設定画面上にAirPodsの項目が表示されます。「AirPods」の右側にある「接続」ボタンをクリックします。
    • AirPodsの項目がリストに表示されない場合は、AirPodsケースの背面にあるボタンを長押ししてください。
    • そのまましばらくボタンを押し続け、AirPodsケースの内側にあるランプがオレンジ色に変わり、その後また白色に戻ったらボタンを離します。

対処3: 音量とデバイス設定を確認する

AirPodsを再ペアリングしても接続が改善しない場合は、デバイスの音量がミュートになっていないことと、オーディオデバイスにAirPodsが指定されていることを確認してください。

iPhoneとMacの音量とオーディオ設定を確認する方法は、それぞれ次のとおりです。

iPhoneの場合

オーディオ設定は次の手順で行います。

  1. AirPodsを耳に装着します。
  2. ミュージックアプリなどを起動し、音楽を再生します。
  3. コントロールセンターを開きます。iPhone X以降の端末では画面の右上隅から下へスワイプしてください。それ以外の端末では画面下部から上に向かってスワイプしてください。
  4. 「オーディオ(ミュージック)」カードを長押しして詳細コントロールを開きます。
  5. 画面右上にあるAirPlayアイコンをタップします。するとオーディオデバイス一覧が表示されるので、「AirPods」を選択します。

Macの場合

Macの場合も音量がミュートになっていないことと、オーディオデバイスにAirPodsが指定されている事を確認してください。

Macでは次の手順でオーディオ設定ができます。

  1. AirPodsを耳に装着します。
  2. Appleメニューを開き、「システム環境設定」を選択します。
  3. 「システム環境設定」ウィンドウが開きます。「サウンド」をクリックします。
  4. 「サウンド」ウィンドウが開いたら、画面上部にあるタブメニューにて「出力」タブを開きます。
  5. 「サウンドを出力する装置を選択」リストから、「AirPods」を指定します。

対処4: デバイスを再起動する

接続するデバイスに一時的な異常が起きており、ペアリングができないケースが考えられます。

接続先のiPhone、もしくはMacを再起動してから再度AirPodsのペアリングを試してみて下さい。

対処5: AirPodsを充電する

AirPodsの充電が不十分の場合、ペアリングをすることができません。

AirPodsをケースに入れて、Lightningケーブルを刺して1時間程充電して下さい。

AirPodsケースのステータスランプの色を確認すると、充電状況が確認できます。

  • 赤色:AirPodsが充電中の状態
  • 緑色:AirPodsの充電が完了した

ステータスランプが緑色になったことを確認できたら、ケースから取り出しで再ペアリングしてみてください。

対処6: OSをアップデートする

iPhoneもしくはMacのOSのバージョンが古くAirPodsに対応していないケースがあります。

デバイスのOSがAirdPodsに対応しているか確認して下さい。AirdPodsの対応OSは以下の通りです。

  • iPhone: 第1世代はiOS 10.2以降、第2世代はiOS12.2以降
  • macOS: 第1世代はSierra以降、第2世代はMojave 10.14.4以降

上記に当てはまっていても古いOSでは動作が不安定になることがあります。

必ずソフトウェアアップデートを実行し、最新バージョンのOSをインストールしてください。

対処7: AirPodsをリセットする

次の手順でAirPodsの設定をリセットしてから、もう1度「対処①再ペアリングする」の手順で接続し直してみてください。

  1. AirPodsをケースに入れます。
  2. ケース背面にあるボタンを長押しします。
  3. ボタンを押したままケースの内側にあるランプの色を確認します。
  4. ランプの色が白色からオレンジ色に変わり、もう1度白色の点滅に戻ったらボタンを離します。これでAirPodsのリセットは完了です。

対処8: 低電力モードをオフにする(iPhoneの場合)

iPhoneの場合、低電力モードが有効になっているとAirPodsが正常に動作しなくなることがあります。

次の手順でiPhoneの低電力モードを無効にしてみてください。

  1. ホーム画面を開き、「設定」をタップします。
  2. 「設定」画面が表示されます。「バッテリー」をタップします。
  3. 「低電力モード」のスイッチがオンになっている場合は、スイッチをタップしてオフに切り替えます。

低電力モードが解除できたら再度AirPodsのペアリングを試します。

解決しない時は

ここまでの対処方法を試してもAirdPodsのペアリングができない場合は、デバイスのOSやAirPodsのハードに異常が起きていることが考えられます。

デバイスのOSを初期化する

iPhone/Mac本体のシステムに問題が起きているケースが考えられます。

次のApple公式ページの情報を参考にiPhoneの場合は設定の初期化、Macの場合はOSの再インストールを試してみてください。

AirPodsを修理する

iPhone/Mac本体を初期化してもペアリングに失敗してしまう場合は、AirPods本体、またはAirPodsのケースに物理的な問題が発生していることが考えられます。

本体不具合と思われる場合はApple正規プロバイダ、またはApple直営店に持ち込み修理を依頼してください。

AirPodsの修理に関する情報は次の公式ページをご確認下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)