Windows10 – クリーンブートで起動する方法【戻す方法も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10の動作にトラブルが発生した場合、インストールしたアプリケーションやサービスが原因になっているケースがあります。

インストールしたアプリケーションが原因になっているか判断するには、Windows10をクリーンブートを利用して原因を切り分けることができます。

今回は、Windows10でスタートアップとサービスを無効にしてクリーンブートする方法について紹介します。クリーンブート後に設定を戻す方法も合わせて紹介します。

クリーンブートとは

Windowsのクリーンブートとは、スタートアップに登録されているアプリとサービスを無効にした状態で起動する方法のことです。

Windowsをクリーンブートで起動すると、Windows標準のプロセスとサービスのみが起動した状態にすることができます。

そのため、インストールしたアプリの影響を受けることなく動作チェックができるため、原因がインストールしたアプリケーション側か、OS側にあるか判断することができます。

Windows10をクリーンブートで起動する方法

Windows10をクリーンブートで起動するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • 「Windows + R」キーの同時押しでも同様の操作ができます。

  2. 「名前」のテキストボックスに「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「スタートアップのオプションを選択」をクリックします。
  4. 「スタートアップの項目を読み込む」のチェックボックスを「オフ」にします。
    • 「システムサービスを読み込む」と「元のブート構成を使う」のチェックが「オン」になっているかも確認して下さい。
  5. 「サービス」タブをクリックします。
  6. 「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックを「オン」にします。
  7. 「すべて無効」をクリックします。
  8. 全てのサービスのチェックが外れたことを確認したら「適用」もしくは「OK」をクリックします。
  9. PCを再起動してクリーンブートで起動します。

PCが再起動するとWindows10がクリーンブートの状態で起動します。不具合が発生していた場合は、同様の操作を行って、問題を検証して下さい。

クリーンブートを解除して戻す方法

クリーンブートによる動作チェックが終わったら、クリーンブートを通常の状態に戻します。

通常の状態に戻すには、基本的に逆の手順で操作をすればOKです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • 「Windows + R」キーの同時押しでも同様の操作ができます。

  2. 「名前」のテキストボックスに「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「スタートアップのオプションを選択」をクリックします。
  4. 「スタートアップの項目を読み込む」のチェックボックスを「オン」にします。
  5. 「サービス」タブをクリックします。
  6. 「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックを「オン」にします。
  7. 「すべて有効」をクリックします。
  8. 全てのサービスにチェックが入ったことを確認して「適用」もしくは「OK」をクリックします。
  9. PCを再起動してクリーンブートを解除します。

以上の手順で、クリーンブートが解除され、通常の状態でWindows10を起動することができます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)