Windows HelloのPINは必要?設定しない方法とPINの無効/削除設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10にはロックの解除を顔認証や指紋認証で行えるWindows Helloが搭載されています。

Windows Helloを利用することでWindows10へのサインインがカンタンになりますが、人によってはWindows Helloを利用する上で必須となるPINコードを必要ないと感じる方も多いと思います。

今回は、Windows HelloのPINコードの設定をしない方法について紹介していきます。設定したPINの削除方法についても合わせて解説します。

Windows helloのPIN設定は必要?

windows helloに設定できる項目の一つとして4桁のPINコードがありますが、Windows10を利用する上で絶対に設定しなければならない項目ではありません。

Windows HelloでいうPINコードは、設定したパソコンのみで使用することができるサインイン用のパスワードであり、万が一PINコードが流出してもほかのパソコンでは使用することができないパスワードです。

また、長いパスワードを設定していた場合はPINコードを設定することでサインイン作業が簡単になるため、サインインの手間を少しでも楽にしたいという場合にも便利です。

便利ではありますが、先ほども言ったように必須ではないため設定したくない人はPINコードの設定を無視し続けても問題ありません。

PINコードを設定しない方が安全なケースもある

むしろパソコンの画面を覗き見られてしまう環境で使用している場合は、PINコードを設定しないほうが安全です。

PINコードは数字しか使えない上に桁数は4桁と決まっているため、PINコードの仕組みを知っている人に見られてしまうとカンタンにバレてしまいます。

そのため、人に見られる環境で使用している方はWindows helloのPIN設定をせず顔認証や指紋認証を使った方が安全です。

「Windows HelloのPinが必要です」が出た時に設定しない方法

Windows10の大型アップデートを適用した後やパソコンを起動して通常のパスワードでサインインしたあとに「Windows HelloのPinが必要です」と表示されることがあります。

まるで絶対に設定しなければならないというような警告であり、すぐにPINコードの設定画面が表示されますが、気にせず回避することが可能です。

利用しているWindows10のバージョンなど環境によって回避する方法は微妙に異なりますが、以下のいずれかの方法を取ることでPINコードの設定を回避することが可能です。

  1. 「PINのセットアップ」と表示された場合
    • [キャンセル]をクリックします。
  2. Windows10のアップデート後に「Windows HelloのPinが必要です」もしくは「パスワードの代わりに Windows Hello を使用します」と表示された場合
    • 通常のパスワードでサインインした後、PINのセットアップ画面で[キャンセル]をクリックします。
  3. Windows10の初回セットアップ後に「Windows HelloのPinが必要です」もしくは「パスワードは時代遅れです」と表示された場合
    • [この手順をスキップする]をクリックします。

上記のいずれかの方法で、PIN設定を回避して通常のパスワードしか利用できない状態にできます。

Windows10の今後のアップデートでPIN設定を回避する方法が変わるかもしれませんが、基本的にはここで紹介したいずれかの方法で設定を回避できるでしょう。

設定したPINを削除する方法

PIN設定を回避する方法が分からず既に設定してしまっていたり、PINコードを使っていたがセキュリティの関係で削除したいケースがあると思います。

次の手順でWindows10の設定済みのPINを削除することができます。

  1. タスクバーのスタートメニュー右クリックして[設定]を選択します。
  2. [アカウント]を選択します。
  3. 左メニューの[サインインオプション]を選択します。
  4. 「デバイスへのサインイン方法の管理」の中に「Windows Hello 暗証番号(PIN)」があるので、クリックします。
  5. 表示された項目の中に[削除]があるので、それをクリックします。
  6. クリックすると確認メッセージが表示されますが。気にせず[削除]を選択します。
  7. [削除]を選択すると現在サインイン中のアカウントのパスワードを求められるので入力して[OK]をクリックします。

以上で、設定済みのPINコードを削除することができます。

ただし、Windows Helloの顔認証・指紋認証のどちらかを設定していた場合、再度PINコードを設定するまで両方の認証機能が使えなくなるので注意しましょう。

顔認証や指紋認証のみ使いたい場合

PINコードではなく顔認証や指紋認証のみを使いたいという場合でも、Windows10ではWindows Helloの機能を使うためにPINコードを設定する必要があります。

理由としては、顔認証や指紋認証でロックを解除できない場合の対策としてPINコードが必要になってしまうためです。

そのため、顔認証や指紋認証のみ使う場合でも、PINコードを設定して普段は顔認証や指紋認証を使うようにします。

  1. PINコードを任意で設定します。
    • 「0000・1234・0987」や誕生日など推測されやすいものは避けてください。
    • 他の認証手段が使えない場合に必要になるため、PINコードを控えておいて下さい。
  2. Windows10へのサインインには顔認証・指紋認証、もしくは通常のパスワードのみ使うようにします。
    • サインイン画面で通常のパスワードを使いたい場合は、パスワード入力ボックスの下にあるサインインオプションの通常の「パスワード入力」項目を選択してください。

以上でPINコードは設定しているものの、他の認証手段でWindows10にサインインできます。

サインインにPINコードは使いたくないけど顔認証や指紋認証を使いたいという場合は、上記の方法でサインインしましょう。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)