PCのブルースクリーン(BSoD)の原因を特定する/調べ方 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCで発生するブルースクリーンのエラーは、主にPCのハードウェアやデバイスドライバー、システムファイルが原因で発生します。

そのため、問題のハードウェアやデバイスドライバーが特定できると的確な対処を行うことができます。

ブルースクリーンの多くの場合は、エラー画面の内容やメモリダンプファイルを解析することで、原因を調べることができます。

今回は、Windows10のPCでブルースクリーンが発生する原因を特定する調べ方について紹介します。

方法1: ブルースクリーンの画面で原因を調べる

ブルースクリーンが発生すると、ブルースクリーンの画面に「停止コード」と「失敗した内容(.sys)」に原因のヒントが表示されています。

この「停止コード」と「失敗した内容」から原因が判断できる可能性があります。特に「失敗した内容」の.sysのファイル名を調べることで、問題の起きたデバイスドライバーが判明できる場合があります。

しかし、Windows10のデフォルトの設定では、ブルースクリーンが発生するとPCが自動的に再起動してしまいます。

そのため、まずはシステムエラーが発生した際にPCが自動的に再起動しないよう設定しておくことをおすすめします。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 右ペインで「関連設定」の項目にある「システム情報」をクリックします。
  3. 「コンピューターの基本的な情報の表示」画面が表示されます。左ペインの「システムの詳細設定」をクリックします。
  4. 「起動と回復」の項目の「設定」ボタンをクリックします。
  5. 起動と回復画面が表示されたら、「システムエラー」項目内の「自動的に再起動する(R)」のチェックを外します。
  6. メモリダンプの種類(自動メモリダンプ等)を確認しておきます。
  7. 「OK」をクリックします。
  8. PCを再起動します。

以上の設定で、ブルースクリーンが発生してもエラーの画面で止まった状態になります。

ブルースクリーンが発生したら、「停止コード」と「失敗した内容」から原因が判断できないかネットなどで調べてみてください。

注意: ブルースクリーンによっては「失敗した内容」が表示されないケースがあります。原因の判断がつかない場合は、次の方法を試してください。

方法2: デバッグツールでダンプファイルを解析する

ブルースクリーンのエラーの画面だけでは原因としての情報が少なく、エラーが特定しにくい場合があります。

より詳しいブルースクリーンの原因を調べるには、ブルースクリーン時に自動で生成されるダンプファイルを確認します。ダンプファイルを確認することで、原因の.sys(デバイスドライバー)を特定することができます。

Windows10でダンプファイルを確認する方法は、次の通りです。

1.ダンプファイルの場所を確認する

ブルースクリーン発生時に生成されるダンプファイルは、デフォルトの設定であれば次の場所に保存されます。*メモリダンプの種類によって保存場所が異なります。

  • 自動メモリダンプ、完全メモリダンプの場合: C:\Windows\memory.dmp
  • 最小メモリダンプの場合: C:\Windows\Minidump\

そのため、エクスプローラで、上記のフォルダを開いてダンプファイル(.dmpファイル)が作成されていることを確認します。

注意: 隠しファイルになっているため、「隠しファイル」の表示オプションをオンにしてください。

ダンプファイルが複数あってどれがブルースクリーンのダンプファイルか分からない場合は、次の手順でイベントビューアーから確認してください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、アプリ一覧から「Windows管理ツール」フォルダ→「イベントビューアー」を起動します。
  2. イベントビューアーが起動します。ウィンドウ左のツリーにて、「Windowsログ」→「システム」を選択します。
  3. 右ペインで「現在のログをフィルター」をクリックします。
  4. 「イベントソース」で「BugCheck」を選択して「OK」をクリックします。
  5. ログの一覧から、日付と時刻等の情報を参考に、ブルースクリーンのエラーと思われるログをクリックします。
  6. 中央下部の「全般」タブに記載されている「ダンプの保存先」を確認します。

以上の手順で、ブルースクリーンのダンプファイルを見つけることができます。

2.Windows10 SDKをインストールする

ダンプファイルの場所が確認できたら、ダンプファイルの内容を表示するデバッグツールをインストールします。

次の手順で、Microsoftから提供されているWindows10 SDKをインストールしてください。

  1. 『Windows10 SDK – Microsoft』のページへアクセスして、「インストーラをダウンロードする」をクリックしてください。
  2. インストーラーを起動します。ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. デフォルトの設定のまま「Select the features you want to download」の画面までインストールを進めてください。
  4. 「Select the features you want to download」の画面が表示されたら、「Debugging Tools for Windows」だけにチェックを入れて「Install」をクリックします。
  5. インストールを完了します。

以上で、Windows10 SDKのインストールは完了です。

3.ダンプファイルを解析する

Windows10 SDKがインストールできたら、次の手順でダンプファイルを解析します。

  1. 「スタート」メニューの中から「WinDbg(x86)」または「WinDbg(X64)」のどちらかを探してクリックしてください。WinDbgアプリケーションが起動します。
  2. シンボルパスを設定します。WinDbgの上部メニューより「File」→「Symbol file path…」を選択します。
  3. 「Symbol Search Path」というウィンドウが表示されるので、白い空欄部分に次の内容を入力して、「OK」をクリックします。
    SRV*c:\symbols*http://msdl.microsoft.com/download/symbols
    • 上の内容をコピー&貼り付けでもOKです。
  4. WinDbg上部メニューより「File」→「Open Crash Dump」を選択し、「C:\Windows\memory.dmp」、もしくは「C:\Windows\Minidump\」内にあるダンプファイル(.dmpファイル)を開きます。
  5. ダンプファイルに記録されたエラー情報が表示されます。
    • 「Probably caused by」には、ブルースクリーンの原因と思われる「ドライバー.(sys)」が記載されています。
    • 「!analyze -v」の文字をクリックするとさらに詳細な解析を行うことができます。

方法3: BlueScreenViewを使って調べる

ダンプファイルの内容は、NirSoftのBlueScreenViewというフリーソフトを使って確認することもできます。

BlueScreenViewは、実行ファイルとして動作するため、インストールせずに簡単にダンオプファイルを確認できます。

BlueScreenViewを使って、ダンプファイルからブルースクリーンのエラーの原因を調べるには、次の手順で操作します。

1. メモリダンプの種類を変更する

Windows10ではダンプファイルの保存設定が「自動メモリダンプ」で設定されているため、BlueScreenViewを使うにはメモリダンプの保存設定を変更する必要があります。

そのため、まず次の手順でメモリダンプの保存設定を「最小メモリダンプ」に変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「sysdm.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「詳細設定」タブをクリックします。
  4. 「起動と回復」の項目の「設定」ボタンをクリックします。
  5. デバッグ情報の書き込みのセレクトボックスで、「最小メモリダンプ」を選択して「OK」をクリックします。

設定ができたら、この状態でブルースクリーンのエラーが発生する操作を行ってください。

2. BlueScreenViewで解析する

続いてBlueScreenViewを使ってメモリダンプを解析します。

  1. 『BlueScreenViewの公式ページ』にアクセスします。
  2. ページをスクロールして「Download BlueScreenView (in Zip file)」のリンクをクリックします。
    • Windowsが64bitの場合は、「Download BlueScreenView 64-bit(in Zip file)」をクリックしてください。
  3. 「ダウンロード」フォルダを開いて「bluescreenview.zip」を右クリックして「すべて展開」を選択します。
  4. 展開先を指定して「展開」をクリックしてファイルを解凍します。
  5. 「BlueScreenView.exe」をダブルクリックします。
  6. ユーザーアカウント制御が出たら「はい」をクリックします。
  7. BlueScreenViewが起動してダンプファイルの一覧が表示されます。Crash Timeを参考にブルースクリーンエラーのログを選択します。
  8. エラー情報を確認して原因を分析します。
    • Bug Check String: 停止コードが表示されます。
    • Caused By Driver: 原因として疑われるドライバー(.sys)が表示されます。

方法4: ドライバーのファイル名で検索する

ここまでの方法で問題のドライバーのファイル名が判明しても、検索しても原因のドライバーが何なのか分からない場合があります。

上記の場合は、システムドライブ内を原因のドライバーのファイル名で検索してみることをおすすめします。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックしてエクスプローラーを開きます。
  2. 左ペインで「ローカルディスク(C:)」を選択します。
  3. エクスプローラーのウィンドウの右上にある「検索ボックス」に「問題のあるドライバーのファイル名.sys」を入力します。
  4. ファイルの検索が完了するまで待ちます。
  5. 「問題のあるドライバーのファイル」が見つかったら、右クリックして「ファイルの場所を開く」を選択します。
  6. アドレスバーでドライバーがインストールされる場所を確認して、フォルダ名から原因のドライバーを特定します。
    • フォルダ名に原因のドライバーのメーカー名やアプリケーション名が表示されるケースが多いです。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)