Google検索バー/ウィジェットが使えない/検索できない時の対処 – Android

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Androidのスマホ、タブレットの機種によっては、ホーム画面上にGoogleの検索バーウィジェットが設置されており、簡単にGoogle検索を利用することができます。

しかし、Google検索バーウィジェットが突然消えて表示されなくなったり、ウィジェットのテキストボックスから検索を行なっても検索ができないケースがあります。

本記事では、AndroidでGoogleの検索バーウィジェットが使えない/検索できない時の対処法について詳しく紹介します。

Googleの検索バーウィジェットが正常に検索できない場合は、ウィジェットを一度削除してから再度配置することで問題が解決する可能性があります。

また、検索バーウィジェット自体が表示されなくなっている場合は、同様の操作でホーム画面にウィジェットを再度配置できます。

Googleの検索バーウィジェットを削除してから、再度配置するには以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面の「Googleの検索バーウィジェット」を長押しして「ホームから削除」を選択します。
    • ウィジェットが表示されていない場合は、この手順をスキップしてください。
  2. ホーム画面の何も配置されてない場所を長押しします。
  3. 下部に表示されるメニューから「ウィジェット」を選択します。
  4. ウィジェットのリストから「Google」を探し、ドラッグしてホーム画面に配置します。

ウィジェットを再配置できたら、検索機能が正常に動作するか確認してください。ウィジェットを再配置できない場合や、再配置しても検索が機能しない場合は次の対処法に進んでください。

対処2: クイック検索ボックスの表示を有効にする

Androidの機種によっては、ホームの設定の「クイック検索ボックスの表示」からGoogleの検索バーウィジェットの表示/非表示を切り替えることができます。

『対処1: 検索バーウィジェットを再配置する』の方法でウィジェットを再配置できない場合は、次の手順で再配置を試してください。

  1. ホーム画面の何もない場所を長押しします。
  2. 下部に表示されるメニューから「ホームの設定」を選択します。
  3. 「クイック検索ボックスを表示」のスイッチを「オン」に切り替えます。
    • 既にオンの場合は、オフにしてからオンにしてみてください。

クイック検索ボックスの表示を有効、または再度有効化できたら、Googleの検索バーウィジェットが表示されて検索できるようになったか確認してください。

対処3: Googleアプリを再度有効化する

Googleアプリに一時的な不具合が発生していることが原因で、検索バーウィジェットが正常に使用できないケースが考えられます。

そのため、Googleアプリを一度無効にして再度有効にすることで、ウィジェットの問題が解決する可能性があります。

Googleアプリを無効にして再度有効化するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリ一覧から「Google」を探して選択します。
    • アプリが見つからない場合は、「全てのアプリを表示」をタップしてください。
  4. 「無効」をタップします。
  5. 警告ポップアップが表示されたら、「無効」をタップします。
  6. アプリが無効になったら、「有効」をタップします。

以上の手順で、Googleアプリを再度有効にすることができます。アプリを再度有効にできたら、ウィジェットで正常に検索できるようになったか確認してください。

Googleアプリを無効化してホーム画面からウィジェットが削除されている場合は、『対処1: 検索バーウィジェットを再配置する』と同様の手順でウィジェットを再配置してください。

対処4: Googleアプリのキャッシュをクリアする

Googleアプリのキャッシュに問題が起きていることが原因で、検索バーウィジェットで検索が機能しないケースが考えられます。

そのため、Googleアプリのキャッシュを削除してリセットすることで、ウィジェットの問題が解決する可能性があります。Googleアプリのキャッシュをクリアしても設定データなどは失われません。

Googleアプリのキャッシュを削除するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「アプリと通知」をタップします。
  3. アプリ一覧から「Google」を探して選択します。
    • アプリが見つからない場合は、「全てのアプリを表示」をタップしてください。
  4. 「ストレージ」をタップします。
  5. 「キャッシュを消去」をタップします。

以上の手順で、Googleアプリのキャッシュを削除できます。キャッシュを削除できたら、ウィジェットの検索バーが正常に動作するか確認してください。

対処5: Googleアプリを更新する

Googleアプリのバージョンが古く不具合があることが原因で、検索バーウィジェットが正常に動作しないケースが考えられます。

そのため、Googleアプリのバージョンが古い場合は、アップデートを実行して最新バージョンにしてください。Googleアプリをアップデートするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Google Playストア」アプリを起動します。
  2. 検索ボックスに「Google」と入力して検索します。
  3. 検索結果から「Google」アプリのページを開きます。
  4. 「更新」ボタンをタップします。

Googleアプリを最新バージョンにアップデートできたら、ウィジェットで正常に検索ができるようになったか確認してください。

対処6: デバイスを再起動する

Androidデバイスのシステムに一時的な不具合が発生していることが原因で、Googleの検索バーウィジェットが正常に機能しないケースが考えられます。

そのため、Androidデバイスを一度再起動して問題が解決しないか確認してみてください。デバイスを再起動するには、「電源ボタン」を長押ししてから「再起動」をタップします。

デバイスを再起動できたら、ウィジェットで正常に検索できるようになったか確認してください。再起動してもウィジェットが機能しない場合は、次の対処方法に進んでください。

対処7: Chromeの検索バーを追加する

Googleアプリの代用としてChromeアプリの検索バーウィジェットを追加することもできます。Chromeアプリのウィジェットも同様に検索バーからGoogleの検索を行うことができます。

ホーム画面にChromeアプリの検索バーウィジェットを追加するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面の何も配置されてない場所を長押しします。
  2. 下部に表示されるメニューから「ウィジェット」を選択します。
  3. ウィジェットのリストから「Chromeで検索(またはChrome Search Bar)」を探し、ドラッグしてホーム画面に配置します。

以上の手順で、Chromeアプリの検索バーウィジェットを配置できます。配置できたら、ウィジェットからGoogle検索が使用できるか確認してください。

対処8: Webとアプリのアクティビティを無効にする

GoogleアカウントのWebとアプリのアクティビティが有効になっていると、Googleの検索ウィジェットで検索ができないことを一部のユーザーが報告しています。

そのため、GoogleアカウントのWebとアプリのアクティビティを無効にすることで、ウィジェットの問題が解決する可能性があります。Webとアプリのアクティビティを無効にするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「Google」アプリを開きます。
  2. 右上の「プロフィールアイコン」をタップします。
  3. 「Googleアカウントの管理」をタップします。
  4. 「データとプライバシーの管理」をタップします。
  5. 履歴の設定で「ウェブとアプリのアクティビティ」をタップします。
  6. 「オフにする」をタップします。

以上の手順で、GoogleアカウントのWebとアプリのアクティビティを無効にできます。設定を変更できたら、ウィジェットから正常に検索できるようになったか確認してください。

対処9: ランチャーアプリのデータを削除する

ホーム画面を管理するランチャーアプリのデータに問題が起きていることが原因で、Googleの検索バーウィジェットが正常に動作しないケースが考えられます。

そのため、ランチャーアプリのデータを削除してリセットすることで、問題が解決する可能性があります。ただし、ランチャーアプリのデータを削除すると、ホーム画面の設定が全てリセットされる点に注意してください。

ランチャーアプリのデータを削除するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」を開きます。
  2. 「アプリ」をタップします。
  3. アプリ一覧から「ランチャー(AQUOS Home、Galaxyホーム、Xperiaホームなど)」を探してタップします。
    • アプリが表示されない場合は、「アプリをすべて表示」または「アプリ情報」をタップしてください。
  4. 「ストレージ」をタップします。
  5. 「データの削除」をタップします。
  6. 警告ポップアップが表示されたら「OK」をタップします。

ランチャーアプリのデータを削除できたら、『対処1: 検索バーウィジェットを再配置する』と同様の手順でウィジェットを再配置してから、正常にウィジェットが機能するか確認してください。

対処10: デフォルトのランチャーアプリに変更する

サードパーティ製のランチャーアプリを使用していることが原因で、Googleの検索バーウィジェットが正常に動作しないケースが考えられます。

そのため、サードパーティ製のランチャーアプリを使用している場合は、標準のランチャーアプリに戻して問題が解決しないか確認してみてください。標準のランチャーアプリに変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」を開きます。
  2. ホーム画面のランチャーアプリの設定項目をタップして開きます。
    • ランチャーアプリの設定項目は、機種によって異なります。機種に合わせて以下の操作を行ってください。
      • AQUOS: 「ホーム切替」→「ホーム切替(またはロック画面・ホーム一括切り替え)」の順にタップします。
      • Galaxy: 「アプリ」→右上の「3点アイコン」→「標準アプリ」→「ホーム画面」の順にタップします。
      • Xperia: 「アプリと通知」→「詳細設定」→「標準のアプリ」→「ホームアプリ」の順にタップします。
      • その他のメーカーで設定項目が見つからない場合は、機種のマニュアルまたはヘルプページを参考にしてください。
  3. 表示されるリストから「使用するランチャーアプリ」を選択します。
    • 標準のランチャーアプリは、AQUOS Home、Galaxyホーム、Xperiaホームなどのメーカー名が入ったアプリです。

標準のランチャーアプリに変更できたら、『対処1: 検索バーウィジェットを再配置する』と同様の手順でウィジェットを再配置してから、ウィジェットで正常に検索できるか確認してください。

コメントを残す

*