Wake on LanでPCが起動しない/できない時の対処/設定 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Wake On Lanができない

Wake-on-Lan(WoL)を使用すれば遠隔でPCを電源を入れたり、スリープを解除することができるため、メンテナンスやアップデートをリモートで行う際に便利です。

しかし、Wake On Lanの設定を行なってマジックパケットを送信しても、PCが起動しなかったり、スリープが解除できないケースがあります。

本記事では、Wake on Lanの設定を行なってもPCが起動しない/できない時の対処方法について詳しく紹介します。対処内容は、Windows10で有線・無線の両方の環境を想定しています。

対処1: 電源とネットワークの接続を確認する

PCをWake on Lanで起動したり、スリープを解除するには、電源とネットワークの接続が必須です。そのため、PCが以下の条件を満たしているか確認してください。

  • PCの電源ケーブルがコンセントに接続されている
  • PCとルーターがLANケーブルで接続されていて正常に通信できる
  • 無線LANの場合は、PCがスリープ状態になっている

無線LANのWake on Lan(WoWLAN)では、PCを起動することはできず、スリープの解除しかできない点に注意してください。

PCが電源に接続できており、ネットワーク接続に問題がない場合は、次の対処に進んでください。

対処2: 高速スタートアップを無効化する

Windowsの高速スタートアップ機能が有効になっていると、Wake On LanでPCを起動することができません。

そのため、高速スタートアップの設定を確認して、有効になっている場合は無効にしてください。高速スタートアップを無効化する手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「電源オプション」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、右ペインの関連設定で「電源の追加設定」をクリックします。
  3. 右ペインから「電源ボタンの動作の選択」をクリックします。
  4. シャットダウン設定内にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  5. 「変更の保存」をクリックします。

高速スタートアップを無効にできたらPCをシャットダウンし、Wake on Lanによって起動できるか確認してください。

対処3: ネットワークアダプタの詳細設定を変更する

ネットワークアダプタのwake On Magic Packetを有効

Wake on Lanを使用するためには、多くの場合ネットワークアダプタの設定で、Wake on Magic Packetを有効にする必要があります。

既にネットワークアダプタの設定を行っている場合でも、設定ミスがあることも考えられるため一度見直してください。

ネットワークアダプタの設定でWake on Lanを有効にするには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「使用しているネットワークアダプタ名」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「詳細設定」タブを開いて、「Wake on Magic Packet」の項目の値を「Enabled(有効)」に変更します。
    • ネットワークアダプタによっては、「Wake on 設定」や「Wake Up Capabilities」などの異なる項目名の場合があります。
    • Intelのネットワークアダプタの場合は、「PMEをオンにする」の項目も「オン」に変更してください。
    • 設定項目がない場合は、ネットワークアダプタがWake on Lanに対応していないことが考えられます。PCに複数のネットワークアダプタが存在する場合は、別のネットワークアダプタで設定できないか試してください。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

ネットワークアダプタの設定を変更した場合は、再度Wake on Lanで PCが起動、またはスリープが解除されるか確認してください。

対処4: ネットワークアダプタの電源管理設定を変更する

Magic Packetでスタンバイを解除

ネットワークアダプタの電源管理の設定に問題があることが原因で、Wake on Magic Packetが機能しないケースがあります。

そのため、次の手順でネットワークアダプタの電源管理の設定を確認し、問題がある場合は設定を変更してください。

ネットワークアダプタの電源管理設定を確認して変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「ネットワークアダプタ」のツリーを展開します。
  3. 「使用しているネットワークアダプタ名」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「電源の管理」タブを開いて、以下の項目のチェックが外れている場合はチェックを入れます。
    • 「このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」
    • 「Magic Packetでのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする」
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

ネットワークアダプタの電源管理設定を変更できたら、PCをシャットダウンまたはスリープ状態にして、Wake on Magic Packetが機能するか確認してください。

対処5: 電源管理の設定を変更する

リンク状態の電源管理を無効

PCの環境によっては、電源管理の設定でリンク状態の電源管理が有効になっていることが原因で、Wake on Lanが正常に動作しないことがあります。

また、無線でWake on Lanを使用する場合は、電源管理の設定でハイブリッドスリープを無効にする必要があります。

そのため、電源管理の設定を確認して、これらの機能を無効に変更してみてください。設定を変更する具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「powercfg.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 現在使用している電源プランの右にある「プラン設定の変更」をクリックします。
  4. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  5. 「現在利用できない設定の変更」をクリックしてください。
  6. 「PCI Express」→「リンク状態の電源管理」の順にツリーを展開します。
  7. 「電源に接続」の設定をクリックして「オフ」に変更します。
  8. 無線接続の場合は、「スリープ」→「ハイブリッドスリープを許可する」の順にツリーを展開し、「電源に接続」の設定を「オフ」に変更してください。
  9. 「OK」をクリックして設定を保存します。

電源管理の設定を変更できたら、再度マジックパケットを送ってWake on Lanが正しく動作するか確認してください。

対処6: BIOSでWake On Lanを有効にする

Biosでwake On Lanを有効に設定

Wake on LanでPCを起動するためには、BIOS側でWake On Lanの設定を有効にする必要があるケースが多いです。

そのため、BIOSの設定を確認してWake on Lanの設定項目が有効になっているか確認してください。具体的な確認および変更手順は、以下の通りです。

  1. PCをシャットダウンして、電源ボタンを押して電源を投入します。
  2. 起動直後の画面で、BIOS起動キー(F2など)を連打してBIOSを起動します。
    • BIOSの起動キーはメーカーによって異なるため、不明な場合はマニュアル等を参考にしてください。
  3. BIOSの設定画面が表示されたら、「Wake On Lan」の設定項目を探して「Enabled(有効)」に変更します。
    • 「Wake On Lan」の設定項目の場所や名称はメーカーによって異なります。多くの場合、以下の項目から設定できます。
      • 「APM Configuration」→「Wake On LAN」
      • 「Advanced」→「APM」→「Remote Wakeup」
      • 「Power Management Setup」→「Wake On Lan(WOL)」
      • 「Power Management Event」→「Power On by PCI/PCIE Device」
  4. 設定を変更したら「Save and Exit(保存して終了)」を選択して、設定を保存してBIOSを終了します。

BIOSの設定項目のWake On Lanの設定場所や項目名が分からない場合は、PCまたはマザーボードのマニュアルを参考にして設定を変更してください。

BIOSの設定でWake On Lanを有効化できたら、再度マジックパケットを送信して正常に機能するか確認してください。

対処7: Net BIOS over TCPを無効化する

Net Bios Over Tcpを無効

ネットワークデバイスのNet BIOS over TCP機能が有効になっていると、Wake On Lanが機能しないケースがあります。

そのため、Net BIOS over TCP機能を無効に変更して、問題が解決しないか確認してみてください。

ネットワークデバイスのNet BIOS over TCP機能を無効化するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ncpa.cpl」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「使用しているネットワークデバイス名(イーサネット/Wi-Fi)」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。
  5. 「詳細設定」をクリックします。
  6. 「WINS」タブを開いて、NetBIOS設定内の「Net BIOS over TCPを無効にする」オプションを選択します。
  7. 「OK」をクリックして全てのウィンドウを閉じます。

上記の手順でネットワークデバイスの設定を変更できたら、PCをシャットダウン、またはスリープ状態にしてマジックパケットの送信を試してください。

対処8: TCP/IP NetBIOS Helperの起動設定を確認する

Tcp Ip Netbios Helperのスタートアップ設定

TCP/IP NetBIOS Helperサービスが停止していることが原因で、Wake On Lanが機能しないケースがあります。

そのため、TCP/IP NetBIOS Helperサービスの設定を確認し、問題がある場合は変更してください。サービスの設定を確認して変更する手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「services.msc」と入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスウィンドウが開いたら、一覧から「TCP/IP NetBIOS Helper」をダブルクリックします。
  4. スタートアップの種類が「無効(または手動)」の場合は「自動」に変更します。
  5. サービスの状態が停止の場合は、「開始」をクリックします。
  6. 「OK」をクリックして設定を保存します。

サービスの設定を変更できたら、マジックパケットを送信して正常にWake on Lanが動作するか確認してください。

対処9: Energy Efficient Ethernetを無効化する

一部のネットワークアダプタでは、Energy Efficient Ethernet(EEE)という省電力型イーサネットの機能が有効になっていることが原因で、Wake on Lanが機能しないケースがあります。

そのため、Energy Efficient Ethernetを無効化して、Wake on Lanが機能しないか確認してみてください。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「ネットワークアダプター」のツリーを展開します。
  3. 「使用しているネットワークアダプタ名」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  4. 「詳細設定」タブを開いて、「Energy Efficient Ethernet」の項目の値を「Disabled(無効)」に変更します。
    • 「Green Ethernet」の項目が存在する場合は、同じく値を「Disabled」に変更してください。
  5. 「OK」をクリックして設定を保存します。

ネットワークアダプタの設定を変更できたら、Wake on Lanが動作するようになったか確認してください。

対処10: レジストリにAllowWakeFromS5の値を追加する

レジストリにallowwakefroms5の値を追加

ここまでの対処法を試してもWake on Lanが動作しない場合は、レジストリのAllowWakeFromS5の値を追加することで問題が解決する可能性があります。

ただし、レジストリの変更を誤るとシステムトラブルの原因になるため、必ずバックアップを取ってから変更することをおすすめします。

レジストリにAllowWakeFromS5の値を追加するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが起動したら、ツリーを展開して以下のレジストリキーにアクセスします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NDIS\Parameters
  4. 「Parameters」キーを右クリックして「エクスポート」を選択し、レジストリのバックアップを保存します。
  5. 「Parameters」キーを右クリックして「新規」→「DWORD(32bit)値」を選択します。
  6. 右ペインに新しい値が作成されたら、「AllowWakeFromS5」の名前に変更します。
  7. 作成した「AllowWakeFromS5」の値をダブルクリックして開きます。
  8. 値のデータを「1」に変更して「OK」をクリックします。

上記の手順でレジストリを変更できたら、PCをシャットダウンしてからWake on Lanが動作するか確認してください。

対処11: レジストリのS5WakeOnLANの値を変更する

レジストリのs5wakeonlanの値を変更

Realtek製のネットワークアダプターを搭載している場合は、レジストリのS5WakeOnLANの値を変更することで、Wake on Lanが正しく機能する可能性があります。

レジストリのS5WakeOnLANの値を変更するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが起動したら、ツリーを展開して以下のレジストリキーにアクセスします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Control\Class\{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}
  4. 「{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}」キーを右クリックして「エクスポート」を選択し、レジストリのバックアップを保存します。
  5. 「{4d36e972-e325-11ce-bfc1-08002be10318}」キーを展開します。
  6. 展開したキー内の「4桁の数字(0001や0002)」キーを1つずつ選択して、右ペインで「S5WakeOnLAN」の値のあるキーを探します。
  7. 「S5WakeOnLAN」の値が見つかったら、ダブルクリックして開きます。
  8. 値のデータを「1」に変更して「OK」をクリックします。

レジストリを編集できたら、PCを再度シャットダウンしてからWake on Lanが動作するか確認してください。

解決しない場合

全ての方法を試してもWake on Lanが機能しない場合は、ネットワークドライバーもしくはBIOSがWake on Lanに対応していないことが考えられます。

ネットワークドライバーとBIOSのバージョンが古い場合は、最新版にアップデートすると問題が解決することがあります。アップデートを行なっても、Wake on Lanが機能しなかったり、設定項目がない場合は、ハードウェアがWake on Lanに対応していないことが考えられます。

最近のほぼ全てのPCはWake on Lanに対応しています。古いPCを使用している場合は、新しいPCへの買い替えを検討してください。

コメントを残す

*