Windows10のMicrosoft Windows Search Indexerが重い時の対処法【停止も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

パソコンの動作が急に重くなった際にタスクマネージャを調べると「Microsoft Windows Search Indexer」というプロセスがCPUに負担をかけているというケースがあります。

パソコンが重い問題を解決するには、このプログラムを停止させれば良さそうですが、停止させてもパソコンの挙動に影響はないのでしょうか。

本記事では、Microsoft Windows Search Indexerの正体と、プログラムの停止のさせ方、停止させずにパソコンが重くなる問題を解決する方法について解説します。

Microsoft Windows Search Indexerとは

Microsoft Windows Search Indexerとは、パソコンに保存されているファイルにインデックスを作成し、検索を高速化するためのプログラムです。

スタートメニューのWindows検索ボックスやエクスプローラのファイル検索、メールの検索などに利用されます。

停止しても大丈夫?

飽くまで検索を高速化するための機能及びプログラムのため、停止させてもパソコンの基本的な機能には特に影響はありません。

また、停止させても検索の速度が遅くなるだけで、スタートメニューのWindows検索ボックスなども引き続き利用できます。

Microsoft Windows Search Indexerが原因で頻繁にパソコンが重くなる場合や、あまりファイル検索機能を利用していない場合には停止させてしまっても良いでしょう。

ただし、一部のアプリはMicrosoft Windows Search Indexerを停止させてしまうと正常に機能しなくなることがあります。環境によっては検索結果に表示されるはずのファイルが表示されなくなってしまうケースもあるようです。

もしそのような不具合が見られるようであれば、プログラムを完全に停止させる代わりに、本記事のこの後で紹介する『Microsoft Windows Search Indexerを停止させずに問題を解決する』の方法を試してみてください。

Microsoft Windows Search Indexerを停止させる方法

完全にMicrosoft Windows Search Indexerを停止させるにはサービス管理ツールから設定します。

タスクマネージャからプロセスを終了させても良いのですが、この方法ではパソコンを再起動する度にMicrosoft Windows Search Indexerが起動し直してしまいます。完全に止めたい場合にはこちらの方法を利用してください。

  1. サービス管理ツールを起動します。タスクバーにある「スタート」ボタンをクリックします。
  2. スタートメニューが表示されたら、アプリ一覧にある「Windows管理ツール」フォルダを開きます。フォルダを展開したら、フォルダの中にある「サービス」をクリックします。
  3. サービス管理ツールウィンドウが表示されます。ウィンドウ右側のリストから「Windows Search」の項目を探し、ダブルクリックします。
  4. 「Windows Searchのプロパティ」ウィンドウが開きます。「全般」タブ内にある「スタートアップの種類」の設定を「無効」に変更します。
  5. ウィンドウ右下にある「適用」をクリックした後、「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。設定が完了したらサービス管理ツールウィンドウも閉じてください。

停止させたことで問題が発生した場合など、有効に戻したい場合には同様の手順で「Windows Searchのプロパティ」ウィンドウを表示し、「スタートアップの種類」を「自動」に変更してください。

Microsoft Windows Search Indexerを停止させずに問題を解決する

Microsoft Windows Search Indexerを完全に停止させると問題がある場合には、インデックスの作成範囲を狭めてみてください。

インデックス作成の処理にかかる時間が短縮され、頻繁にパソコンが重くなる症状を軽減できるかもしれません。設定を変更するには次の手順で操作します。

1.インデックスの作成範囲を変更する

  1. コントロールパネルを開きます。「スタート」ボタンをクリックしてスタートメニューを開いた後、アプリ一覧にある「Windowsシステムツール」フォルダを展開します。その後、展開したフォルダの中にある「コントロールパネル」の項目をクリックします。
  2. コントロールパネルウィンドウが開きます。ウィンドウ右上にある「表示方法」の右の文字部分をクリックし、リストが表示されたら「小さいアイコン」を選択します。
  3. コントロールパネル内の項目一覧から「インデックスのオプション」を探し、クリックします。
  4. インデックスのオプションウィンドウが表示されます。「変更」をクリックします。
  5. 「インデックスが作成された場所」ウィンドウが表示されたら、「選択された場所の変更」のリストを確認します。インデックスが不要な項目があればチェックを外します。
    • システムがインストールされている「ローカルディスク(C:)」全体のインデックスを作成すると大量のシステムファイルのインデックスが作成されてしまい、そのうちのほとんどは検索する必要のないファイルです。

      初期設定のままの場合は、次の手順で必要なフォルダのみインデックスを作成するよう設定を変更します。

      1. 「ローカルディスク(C:)」の左側にあるチェックを外した後、「ローカルディスク(C:)」のアイコンの隣にある矢印アイコンをクリックしてドライブを展開します。
      2. 「ユーザー」フォルダのみチェックを入れて「OK」をクリックします。
    • 上記の設定を変更することで、頻度の高い「ユーザー」フォルダ内のファイルのみインデックスが作成されるようになり、検索速度をほとんど落とさないままインデックス作成にかかる時間を短縮できるようになります。
    • その他にも「Internet Explorer履歴」や「Outlook」、「ローカルディスク(D:)」など、あまり検索しないファイルや使用頻度の低い項目があればチェックを外します。
  6. 設定が完了したら「OK」をクリックして前の画面に戻ります。

2.インデックスの再作成を実行する

設定が完了したらインデックスの再作成を行います。

  1. 「インデックスのオプション」ウィンドウにある「詳細設定」ボタンをクリックします。
  2. 「インデックスの設定」タブにある「再構築」ボタンをクリックします。確認画面が表示されたら「OK」をクリックします。
  3. 処理が完了するまでしばらく待ちます。

改善しない場合は

上記の方法を試してもPCの動作が重い場合は、トラブルシューティングツールを利用してみてください。

トラブルシューティングツールは「インデックスのオプション」ウィンドウの下部にある「検索とインデックス作成のトラブルシューティング」の文字をクリックすると起動できます。

それでも改善しない場合にはシステムファイルチェッカーを使い、システムファイルの修復を行ってみてください。システムファイルチェッカーの使い方については次のリンクをご参照ください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)