新しい通知のポップアップが右下に表示されない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10では画面右下にシステムやアプリケーションからの新しい通知や警告のメッセージがポップアップで表示されます。また、USBデバイス/光学ディスクの接続時も同様に通知が表示されます。

しかし、今まで表示されていた通知のポップアップが、新しい通知があるはずなのに出なくなってしまうケースがあります。

通知には新着のメッセージやアップデートに関する情報などが表示されるため、通知が無効になると不便になる場面が多いと思います。

本記事では、Windows10で新しい通知のポップアップが表示されない時の対処法について紹介します。

対処1: システムとアプリの通知機能を有効にする

Windowsのシステムとアプリの通知設定が無効になっていると、画面の右下に新しい通知のポップアップが表示されません。

また、通知はシステムの機能やアプリケーションごとに設定できるため、特定のアプリケーションのみ通知が表示されない場合は、個別の通知設定が無効になっているケースが考えられます。

そのため、システムとアプリの通知機能の設定を確認して、無効になっている場合は有効に切り替えてください。具体的な設定手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開いたら「システム」をクリックします。
  3. 左ペインで「通知とアクション」を選択します。
  4. 「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  5. 「送信元ごとの通知の受信設定」を確認し、通知を受け取りたいシステムの機能、もしくはアプリケーションのスイッチを「オン」に切り替えます。

通知設定が有効にできたら通知が正常に表示されるか確認してください。通知機能を有効にしても通知が表示されない場合は、次の対処に進んでください。

対処2: アプリのバックグラウンド実行を許可する

起動してないアプリの新しい通知を受け取るには、アプリのバックグラウンド実行を許可する必要があります。

そのため、起動しているアプリ以外の通知が表示されない場合は、バックグラウンド実行の許可設定を確認してください。設定を確認して有効にする手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開いたら「プライバシー」をクリックします。
  3. 左ペインで「バックグラウンドアプリ」をクリックします。
  4. 右ペインで「アプリのバックグラウンド実行を許可する」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  5. 一覧で通知を受け取りたいアプリケーションのスイッチが「オン」になっていることを確認します。

アプリのバックグラウンド実行の許可設定を変更したら、PCを再起動して通知のポップアップが正常に表示されるか確認してください。

バックグラウンド実行を許可しても通知が表示されない場合は、次の対処に進んでください。

対処3: 集中モードをオフにする

Windows10には、特定の通知を受け取らないよう制御できる集中モードという機能があります。

集中モードを有効にすることで、ゲームのプレイ中やプレゼンテーション中に不要な通知をオフにすることができます。

この機能が有効になっていることが原因で、新しい通知が表示されないケースが考えられます。そのため、次の手順で集中モードをオフに変更してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 左ペインで「集中モード」をクリックします。
  3. 右ペインで集中モードを「オフ」に切り替えます。
    • 「重要な通知のみ」や「アラームのみ」になっていると一部の新しい通知が表示されません。

集中モードがオフにできたら、再度通知のポップアップが正常に表示されるか確認してください。

対処4: 外部デバイスの通知を有効にする

Windows10では、USBデバイスの接続時や光学ディスクの挿入時に画面右下に通知が表示されます。また、USBデバイスの接続に問題が起きた際にも通知が表示されます。

上記の通知が表示されない場合は、USBデバイスの通知が無効になっていることが考えられます。そのため、次の手順でUSBデバイスの通知設定を確認してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開いたら「デバイス」をクリックします。
  3. 左ペインで「自動再生」をクリックします。
  4. 右ペインで「すべてのメディアとデバイスの自動再生を使う」のスイッチを「オン」にします。
  5. 「リムーバブルドライブ」と「メモリカード」が「毎回動作を選ぶ」になっていることを確認します。
  6. 左ペインで「USB」をクリックします。
  7. 右ペインで「USBデバイスへの接続に問題がある場合は通知する」のスイッチを「オン」にします。

外部デバイスの通知を有効に設定した場合は、通知が正常に出るようにになったか確認してください。

対処5: アクションセンターを再インストールする

通知のポップアップはアクションセンターに付随する機能です。そのため、アクションセンターの動作に問題が起きていることが原因で、新しい通知が表示されないケースがあります。

特にタスクバーの「吹き出しアイコン」をクリックしてもアクションセンターが開かない場合は、アクションセンターの機能が停止していることが考えられます。

上記の問題は、アクションセンターを再インストールすることで解決できる可能性があります。アクションセンターを再インストールするには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    Get-AppxPackage | % { Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppxManifest.xml" -verbose }
  3. コマンドの実行が完了したらWindows PowerShellを閉じます。

コマンドの実行中にエラーが発生しなければアクションセンターの再インストールは完了しています。アクションセンターと通知が正常に動作するか確認してください。

補足: 上記の対処を行なってもアクションセンターが機能しない場合は、次のページも合わせて参考にしてください。

対処6: DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行する

Windowsのシステムファイルが破損や欠損していることが原因で、通知のポップアップの表示に問題が出るケースが考えられます。

システムファイルの破損は、DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行して修復できる可能性があります。システムファイルを修復するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. コマンドの実行が完了したら、続けて次のコマンドを入力して実行します。
    sfc /scannow
  4. スキャンと修復が完了したらWindows PowerShellを閉じます。

システムファイルの修復が完了したらPCを再起動してください。再起動後に通知のポップアップが正常に動作するか確認してください。

対処7: レジストリを修正する

通知に関連するレジストリの値に問題があることが原因で、新しい通知のポップアップが表示されないケースがあります。

ここまでの対処法を試してもポップアップが表示されない場合は、次の手順でレジストリの値を確認して修正してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「regedit」と入力してEnterキーを押し、レジストリエディタを開きます。
  3. 左ペインのキーツリーを次の順に展開して、「PushNotifications」のレジストリキーを選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\PushNotifications
  4. 右ペインで「ToastEnabled」の値をダブルクリックします。
    • 「ToastEnabled」が表示されない場合は、右ペインの空いている場所を右クリックして「新規作成」→「DWORD(32ビット)値」を選択し、名前を「ToastEnabled」に変更してください。
  5. 値のデータを「1」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してレジストリ設定を反映します。

PCが再起動したら、新しい通知のポップアップが正常に表示されるようになったか確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)