Windows10でアクションセンターが開かない/反応しない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10では、アクションセンターからさまざまな設定を行ったり通知を確認したりすることができます。

しかし、アクションセンターが突然開かなくなったり、開こうとしても全く反応しないケースがあります。

この記事では、Windows10のアクションセンターが開かない・反応しない原因と対処法を紹介します。

アクションセンターが開かない原因

アクションセンターを開く方法には、タスクバーのアイコンをクリックする方法と「Windows + A」キーを入力する方法があります。いずれの方法でも開かないことをあらかじめ確認しておいて下さい。

Windows10でアクションセンターが開かない場合、主に次の原因が考えられます。

  • Windowsに一時的なエラーや不具合が発生している
  • エクスプローラ、シェルエクスペリエンスホストの動作に問題がある
  • アクションセンターのプログラムに問題がある
  • ユーザープロファイル(UsrClass.dat)に問題がある
  • インストールしているのアプリケーションが干渉している
  • ファイルシステムに異常がある
  • Windowsのシステムファイルが破損している

Windowsや関連プロセスの一時的なエラーが原因になっている場合であれば、単純な再起動で解決することがほとんどです。

ただし、再起動してもアクションセンターの動作が改善しない場合は、プログラムやプロファイル、システムファイルに異常が起きている恐れもあります。

詳しい対処方法を紹介していくので、アクションセンターの動作が改善しないか順に試してみて下さい。

対処1: PCを再起動する

Windowsの一時的な不具合でアクションセンターが起動しなくなっているケースが考えられます。

上記の場合は、PCを再起動するだけでアクションセンターが正常に開く可能性があります。

そのため、一度もPCの再起動を試していない場合は、まずPCの再起動を行って下さい。

再起動で正常に起動するようになった場合は、そのまま利用して再発しないか様子を見てください。現象が再発する場合や改善しない場合は次の対処に進みます。

対処2: エクスプローラとシェルエクスペリエンスホストを再起動する

アクションセンターが開かない場合、エクスプローラやシェルエクスペリエンスホストの動作が停止していることが考えられます。

そのため、上記のプロセスの再起動をするとアクションセンターが正常に動作する可能性があります。

エクスプローラやシェルエクスペリエンスホストを再起動するには、次の手順で操作します。

  1. タスクバーを右クリックして「タスクマネージャー」を選択して開きます。
  2. 左下の「詳細表示」をクリックします。
    • すでに詳細表示になっている場合は次に進みます。
  3. 「プロセス」タブをクリックします。
  4. リストから「エクスプローラ」を探し、右クリックして「再起動」または「タスクの終了」をクリックします。
    • タスクの終了をクリックした場合はしばらく待つと自動的に再起動します
  5. タスクマネージャーに戻り、「プロセス」タブから「Windows Shell Experience Host」を探します。
  6. 右クリックすると表示されるメニューから「タスクの終了」を選択します。
  7. 終了後しばらく待つと自動的にプロセスが再起動します。

以上でエクスプローラとシェルエクスペリエンスホストのプロセスを再起動することができます。

アクションセンターが動作するようになっていないか確認して下さい。

対処3: Windows Updateを実行して最新の状態にする

Windows自体になんらかの不具合が発生している場合、Windows Updateを実行すると改善することがあります。

Windows Updateによって修正プログラムが配布されていることも多いため、保留中の更新を全て適用して下さい。

Windows Updateを実行する手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインで「Windows Update」をクリックします。
  4. 右ペインで「更新プログラムを確認する」をクリックします。
  5. 更新プログラムが見つかった場合は、ウィザードにしたがってインストールします。
  6. PCを再起動します。

Windows Updateが完了したら動作状況をチェックし、問題がなければ様子を見て再発しないかを確認しましょう。問題があれば次の対処法を試してください。

対処4: アクションセンターを再インストールする

ここまでの対処法を試してもアクションセンターの動作が改善しない場合、アクションセンターのプログラム自体に不具合が発生していることが考えられます。

アクションセンター自体に問題がある場合、アクションセンターを再インストールすることで動作が改善するケースが多いです。

アクションセンターはWindowsの標準機能のため、次の手順でPowerShellから再インストールを行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押して実行します。
    Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*SystemApps*"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
  3. プロセスが完了したらPowerShellを終了します。

以上でアクションセンターが再インストールされます。アクションセンターを開けるかどうかを確認して下さい。

再インストールを行っても改善しない場合は、ファイルシステムやWindowsのシステムファイルに問題があることが考えられるため、次の手順に進みましょう。

対処5: UsrClass.datを削除する

Windowsのユーザープロファイルに問題があり、アクションセンターが正常に動作しないケースが考えられます。

そのため、ユーザープロファイルが保存されるUsrClass.datのファイルを削除することで、問題が解決する可能性があります。

ただし、UsrClass.datを削除するとテーマなどの設定がリセットされるため、再設定する必要があります。

UsrClass.datを削除するには、管理者権限のあるアカウントで次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「%localappdata%\Microsoft\Windows」と入力して「OK」をクリックします。
  3. エクスプローラーで上記のパスのフォルダが開きます。
  4. エクスプローラーの上部の「表示」タブで「隠しファイル」にチェックを入れます。
  5. 「Usrclass.dat」のファイルを右クリック→「名前の変更」を選択します。
  6. 「Usrclass.dat.bu」などの別の名前に変更します。
  7. PCを再起動するか、再サインインします。

Windowsに再サインインできるとUsrClass.datが自動で生成されます。この状態でアクションセンターが動作しないか確認して下さい。

対処6: セーフモードで起動する

インストール済みのアプリケーションが原因でアクションセンターの動作がおかしくなるケースがあります。

そのため、一度セーフモードでWindowsを起動し、その状態でアクションセンターが正常に開くかを確認しましょう。

セーフモードでWindowsを起動する手順は次の通りです。

  1. PCを再起動します。
  2. 起動中に「F8」キーを連打してオプション選択ウィンドウを開きます。
  3. 「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 「詳細オプション」をクリックします。
  5. 「その他の修復オプションを表示」をクリックします。
  6. 「スタートアップ設定」を開きます。
  7. スタートアップ設定ウィンドウからPCを再起動します。
  8. 再起動後に再びスタートアップ設定ウィンドウが開くので、「セーフモードを有効にする」を選択します。
  9. セーフモードで起動したらアクションセンターが開くかを確認します。

セーフモードで解決した場合

セーフモードでアクションセンターが開いた場合は、インストールしたアプリケーションが原因になっていることが考えられます。

そのため、直掩にインストールしたアプリなどをアンインストールしてから、アクションセンターが起動するかを確認してみてください。

アプリケーションのアンインストールは、次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「アプリ」をクリックします。
  3. 右ペインで「アンインストールするアプリ」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. 案内に従ってアンインストールを完了します。

対処7: チェックディスクを実行する

不良セクタが原因でファイルシステムが破損してしまい、アクションセンターが起動しなくなるケースがあります。

そのため、チェックディスクを実行してファイルシステムを修復してみることおすすめします。

ファイルシステムの修復はPowerShellから行います。以下の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterを押します。
    chkdsk c: /r
  3. 再起動を求めるメッセージが表示されたら「y」を入力してEnterキーを押します。
  4. PCが再起動し、チェックディスクが実行されます。
  5. 「Windowsマーク」を右クリックして「イベントビューアー」を選択します。
  6. 左ペインで「Windowsログ」→「Application」の順にクリックします。
  7. ログ一覧からソースに「Wininit」と表示されているものを探してダブルクリックします。
  8. イベントのプロパティが開くので、「全般」タブをクリックします。
  9. 結果を確認します。不良セクタ(bad sectors)・ファイルシステムのエラー数をチェックしましょう。不良セクタが多い場合はSSD/HDDの交換を検討してください。

不良セクタの修復ができたらアクションセンターを起動し、正常に起動するかを確認します。問題がなければしばらく様子を見ましょう。改善しない場合は次に進みます。

対処8: 修復コマンドを実行する

Windowsのシステムファイルに問題があり、アクションセンターが正常に動作しないケースがあります。

システムファイルの破損は、DISMコマンドとシステムファイルチェッカーを実行することで修復できる可能性があります。

具体的な手順は次の通りです。

  1. Windowsマークを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.EXE /online /cleanup-image /restorehealth
  3. プロセスが完了するまでしばらく待ち、完了したら続いて以下のコマンドを実行します。
    SFC /scannow
  4. コマンドラインが入力できる状態になったら修復完了です。

修復が完了したら再度アクションセンターを開いてみて下さい。

対処9: グループポリシーエディタで通知とアクションセンターの設定を変更する

グループポリシーエディタからアクションセンターの設定を変更することで、正常に起動する可能性があります。

ここまでの対処方法を試しても改善しない場合は、次の手順にしたがってグループポリシーの設定を変更してみて下さい。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • 「Windows + R」キーを同時押しでも開けます。
  2. 「gpedit.msc」と入力して「OK」をクリックします。グループポリシーエディタを開きます。
  3. 左ペインを以下の順番にクリックして展開します。
    • ローカルコンピュータポリシー → ユーザーの構成 → 管理用テンプレート → スタートメニューとタスクバー
  4. 右ペインで「通知とアクションセンターを削除する」をダブルクリックします。
  5. 「無効」を選択して「OK」をクリックします。
  6. 右ペインで「Force classic Start Menu」をダブルクリックします。
  7. 「有効」を選択してOKをクリックします。
  8. 右ペインで「スタートメニューのレイアウト」を選択します。
  9. 「無効」を選択してOKをクリックします。
  10. PCを再起動してグループポリシーの設定を反映します。

PCが再起動できたら、アクションセンターが開くかどうか確認して下さい。

対処10: エクスプローラーのレジストリを変更する

グループポリシーの設定変更を行っても改善しない場合は、レジストリエディタでExplorerのレジストリを変更することで解決できる可能性があります。

ただし、レジストリの変更はWindowsの動作に影響が出る恐れがあるため、あらかじめバックアップを取ってから行って下さい。

エクスプローラーのレジストリは次の手順で変更しますl.

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
    • 「Windows + R」キーを同時押しでも開けます。
  2. 「regedit」と入力してEnterキーを押し、レジストリエディタを開きます。
  3. 左ペインのツリーを展開して次のキーを開きます。
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows
  4. Windowsの直下の「Explorer」をクリックします。
    • 「Explorer」がない場合は、キーを作成します。
      • 「Windows」を右クリックして「新規作成」→「キー」の順に選択して「Explorer」と入力して作成します。
  5. 右ペインの空いている場所を右クリックして「新規作成」を選択します。
  6. 「DWORD値(32bit)」を選択します。
  7. 名称に「DisableNotificationCenter」、値に「0」を入力して「OK」をクリックします。
  8. PCを再起動してレジストリの設定を反映します。

再起動が完了したらアクションセンターが開くか確認して下さい。開かない場合は、追加で以下の手順で別のレジストリを編集します。

  1. レジストリエディターを起動します。
  2. 左ペインで次のキーを開きます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ImmersiveShell
  3. 右ペインの空いている場所を右クリックし、「新規作成」を選択します。
  4. 「DWORD値(32bit)」を選択します。
  5. 名称に「UseActionCenterExperience」、値に「0」と入力して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動してレジストリを反映します。

再起動ができたら再度アクションセンターの動作を検証して下さい。

対処11: Windowsを再インストールする

ここまでの手順を全て試してもアクションセンターが起動しない場合は、Windowsのシステムに修復できない問題が起きていることが考えられます。

そのため、Windowsの初期化や再インストール(クリーンインストール)を検討してみてください。

Windowsを初期化することでシステムドライブのデータが削除されるため、Windowsの問題もリセットすることができます。

ただし、ドライブ内のデータも消えてしまうため、あらかじめ必要なデータのバックアップを取っておいて下さい。

Windowsの初期化は、「このPCを初期状態に戻す」機能を使う方法が簡単です。次のページで詳しい手順を解説しているので、合わせて参考にしてください。

コメント

  1. Tako8 より:

    カレンダーが表示されなくなって困ってしまいましたが、対処4のアクションセンターの再インストールで修復できました。
    ただ、
    Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like “*SystemApps*”} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)AppXManifest.xml”}
    上記ではエラーが出てしまったため、最後のAppXManifest.xmlの前に\を入れるとうまく動きました。
    どうもありがとうございました。

    1. ITおじさん より:

      一部実行できないコマンドがあり申し訳ございませんでした。記事内容も訂正させていただきました。今後も何かお気づきの点があればコメントください。ご丁寧にコメントくださりありがとうございました。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)