Windows10 – タスクバーのフリーズが頻発・反応しない時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCを使っていると、タスクバーをマウスでクリックしても全く反応しなくなることがあります。

また、マウスカーソルでポイントするとくるくると読み込み中のマークのままフリーズしてしまうケースもあります。

この記事では、Windows10でタスクバーがフリーズしたり、反応しない時の対処法を紹介します。タスクバーのフリーズが頻繁に発生する場合も参考にしてください。

Windowsのスタートメニューだけが停止している場合は、次のページの対処方法を参考にして下さい。

タスクバーがフリーズするときに考えられる原因

  • Windows 10自体に不具合が発生している
  • エクスプローラ(explorer.exe)がフリーズしている
  • PCがウイルスに感染している
  • 常駐ソフトが干渉している

タスクバーがフリーズして操作できない場合は、上記のような原因が考えられます。もし、タスクバーがフリーズして操作できない場合は、これから紹介する対処法を順番に試してみてください。

マウスにトラブルが発生していないかをあらかじめ確認しておこう
タスクバーがフリーズしているように見えても、マウス側にトラブルがあって正常に反応していないこともあります。したがって、最初にマウスに不具合がないかどうかをチェックしておきましょう。

デスクトップ上のアイコンをクリックするなどして、問題なく動作しているかを確認します。マウスの動作状況に問題がなければ、システム側の問題によってタスクバーがフリーズしていると考えられるでしょう。

対処1: PCを再起動する

突然タスクバーがフリーズした場合など、頻繁に発生しているわけではない場合はPCの再起動が最も簡単な対処法です。

タスクバーがフリーズしている場合は、スタートメニューからの再起動ができないことが多いため、以下の手順で再起動してみてください。

  1. 「Ctrl + Alt + DEL」キーを同時押しします。
  2. 右下の「電源ボタン」をクリックします。
  3. 表示されるメニューから「再起動」をクリックします。

正常にPCが再起動したら、タスクバーがきちんと稼働しているかを確認しましょう。

動作状況に問題がない場合は、一旦様子見をします。もし、フリーズが再発する場合は次の手順に進みましょう。

対処2: エクスプローラーを再起動する

PCを再起動せずにフリーズに対処したい場合は、タスクマネージャからエクスプローラを再起動するのがおすすめです。

エクスプローラーを再起動するには、次の2通りの方法があります。

方法1: プロセスから再起動する

  1. キーボードの「Ctrl + Alt + DEL」キーを同時押しします。
  2. 「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
  3. リストから「エクスプローラー」をクリックします。
    • 「エクスプローラー」が見つからない場合は、下部の「詳細」をクリックして下さい。
  4. 右下にある「再開」をクリックします。

再開をクリックするとエクスプローラの再起動が行われます。エクスプローラが再起動するとタスクバーが正常に機能します。

方法2: 一度終了させてから手動で起動する

上記の方法でエクスプローラーが再開できない場合は、次の手順で手動でエクスプローラーを再起動してみて下さい。

  1. キーボードの「Ctrl + Alt + DEL」を同時押しします。
  2. 「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
  3. 「詳細」タブをクリックします
    • 「詳細」タブが見つからない場合は、下部の「詳細」をクリックして下さい。
  4. リストから「explorer.exe」を探してクリックします。
  5. 右下にある「タスクの終了」をクリックします。
  6. 上部メニューの「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。
  7. 入力欄に「explorer.exe」と入力して「OK」をクリックします。

上記の手順でもエクスプローラーを再起動することができます。正常に起動したら、タスクバーが動作しているか確認して下さい。

対処3: SFCスキャンを実行する

Windowsのシステムファイルが破損していることが原因で、タスクバーのフリーズが頻発するケースがあります。

そのため、SFCスキャンによるWindowsのシステムファイルの修復を試すことで、タスクバーのフリーズが改善する可能性があります。

SFCスキャンを実行するには、次の手順で操作して下さい。

  1. キーボードの「Ctrl + Alt + DEL」を同時押しします。
  2. 「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
  3. 上部メニューの「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。
  4. 「powershell」と入力して、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」のチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. Windows PowerShellが起動します。
  6. 次のSFCスキャンのコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc / scannow
  7. システムファイルのチェックが開始します。100%になるまで待ちます。

システムファイルのチェックが完了したらPCを再起動して、タスクバーが反応しない症状が改善しないか確認して下さい。

対処4: Windows標準アプリを再インストールする

Windowsの標準アプリに不具合が発生しており、タスクバーがフリーズしてしまうケースがあります。

次の手順でWindows標準アプリを再インストールして、タスクバーの問題が解決しないか確認して下さい。

  1. キーボードの「Ctrl + Alt + DEL」キーを同時押しします。
  2. 「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
  3. 上部メニューの「ファイル」→「新しいタスクの実行」をクリックします。
  4. 「powershell」と入力して、「このタスクに管理者特権を付与して作成します」のチェックを入れて「OK」をクリックします。
  5. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register" $($ _。InstallLocation)\ AppXManifest.xml"}
  6. Windowsの標準アプリがすべて再インストールされます。
  7. コマンドの実行が完了したら、PCを再起動します。

PCが再起動したら、タスクバーのフリーズが改善していないか確認して下さい。

対処5: 「User Manager」サービスが起動しているか確認する

Windowsの「User Manager」サービスが停止しているとタスクバーがフリーズしてしまうケースがあります。

次の手順で、「User Manager」サービスが正常に起動しているか確認して下さい。

  1. 「Windows + R」キーを同時押しします。
  2. 「ファイル名を指定して実行」のダイアログに「services.msc」を入力して「OK」をクリックします。
  3. サービスの一覧が表示されます。「User Manager」の項目を探します。
  4. 「User Manager」の「スタートアップの種類」が「停止」、もしくは「手動」になっている場合は、右クリックして「プロパティ」を選択します。
  5. 「スタートアップの種類」を「自動」に変更して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動します。

PCが再起動できたら、タスクバーが正常に機能するか確認して下さい。

対処6: 「最近開いた項目」を無効にする

タスクバーの「最近開いた項目」の機能が原因で、フリーズが発生する場合があります。

そのため、「最近開いた項目」の機能を一旦無効にして、症状が改善しないか検証してみて下さい。

  1. 「Windows + I」キーを同時押しします。
  2. Windowsの設定で「個人用設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「スタート」をクリックします。
  4. 「スタートメニューまたはタスクバーのジャンプリストとエクスプローラのクイックアクセスに最近開いた項目を表示する」のスイッチを「オフ」にします。

対処7: セキュリティソフトを無効にする

インストールしたセキュリティソフトが原因で、タスクバーの動作が不安定になるケースがあります。

サードパーティのソフトウェアをインストールしている場合は、一旦セキュリティソフトを無効にした状態で、同様の現象が起きるか確認して下さい。

特に無料で知名度のないサードパーティのソフトウェアは、動作が不安定になるケースが多いです。

セキュリティソフトを無効化にする手順は、各セキュリティソフトのメーカーのマニュアルを参考にして下さい。

対処8: クリーンブートの起動を試す

インストールしたアプリケーションの影響で、タスクバーの動作がおかしくなっているケースも考えられます。

Windowsをクリーンブートで起動して、タスクバーの問題が解決しないか確認して下さい。

クリーンブート状態でタスクバーが正常に動いている場合は、インストールしたアプリに原因があると判断できます。

次の手順で、スタートアップに登録されているアプリを一つずつ「有効」にして、どのアプリが影響しているのか判断して下さい。

  1. キーボードの「Ctrl + Alt + DEL」キーを同時押しします。
  2. 「タスクマネージャー」をクリックして起動します。
  3. 「タスクマネージャー」が起動したら「スタートアップ」タブをクリックします。
    • 「スタートアップ」タブがない場合は、下部の「詳細」をクリックします。
  4. 一旦全てのアプリを右クリックして「無効」にします。
  5. 「原因となっていそうなアプリ」を右クリックして「有効」をクリックして「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動します。
  7. タスクバーの問題を検証します。原因のアプリが見つかるまで、同様の操作を繰り返します。

フリーズが再発した場合は、直前に「有効」にしたアプリに問題があります。アプリのスタートアップを無効にするか、アンインストールを検討して下さい。

対処9: ユーザーアカウントを新しく作成する

Windowsのユーザーアカウントのプロファイルに異常が起きており、タスクバーの動作に問題が起きているケースがあります。

一度ユーザーアカウントを新規で作成して、同様のフリーズが起きるか確認して下さい。

Windowsのユーザーアカウントは、次の手順で作成することができます。

  1. 「Windows + I」キーを同時押しします。
  2. Windowsの設定で「アカウント」をクリックします。
  3. 左ペインで「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 「その他のユーザーをこのPCに追加」をクリックします。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックします。
  6. 案内に従って新しいMicrosoftアカウントを作成するか、ローカルアカウントを作成します。
    • ローカルアカウントは、「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックすると作成できます。
  7. 作成したアカウントでサインインします。

作成したアカウントでサインイン後に、タスクバーのフリーズが改善しているか確認します。

症状が改善している場合は、プロファイルの原因と判断できるため、以前のユーザーアカウントから必要なデータを移動して下さい。

対処10: PCの動作を改善する

タスクバーが反応しなくなってから、しばらく待つと再度動作する場合は、単純にPCの動作が重いことが原因として考えられます。

PCの動作が重い時の対処方法は、次のページで詳しく紹介しているので合わせて参考にして下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)