タスクバーが白くなった/色が変更できない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10を使用していると、WindowsUpdateの直後などに突然タスクバーが白色(薄灰色)に変更されてしまうことがあります。

また、タスクバーの色を変更しようとしても、「スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター」の項目がグレーアウトして色が変更できないケースもあります。

本記事では、Windows10でタスクバーが白色になってしまったり、色を変更できない時の対処法について詳しく紹介します。Windows10を元の黒色に戻したい場合や色を変更したい場合は参考にしてみてください。

対処1: タスクバーの色設定を変更する

Windows10のビルド1903以降ではライトテーマが導入されたため、デフォルトで白色(薄灰色)のタスクバーが表示されます。

そのため、Windowsのアップデートなどでタスクバーが白色になった場合は、手動で従来の黒色(または任意の色)に戻す必要があります。

タスクバーを従来のWindows10の色に戻すには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら「個人用設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「色」をクリックします。
  4. 右ペインの「色を選択する」のプルダウンをクリックして「カスタム」に変更します。
    • 「ライト」の場合は、タスクバーを白色(薄灰色)から変更することができません。
  5. 「既定のWindowsモードを選択してください」のオプションを「ダーク」に変更します。
  6. 「既定のアプリモードを選択します」のオプションを「ライト」に変更します。
    • 上記の設定で、従来のWindows10の色設定(タスクバー:黒色、ウィンドウ:白色)に戻ります。
    • ウィンドウ内の色も黒色にしたい場合は、「ダーク」を選択してください。
  7. 「アクセントカラーを選ぶ」内の「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」にチェックボックスを外します。
  8. タスクバーの色をカスタマイズしたい場合は、「アクセントカラーを表示します」内の「スタートメニュー、タスクバー、アクションセンター」にチェックを入れて、Windowsの色で「任意の色のカラーパネル」をクリックします。

上記の手順で、タスクバーの色を元の色に戻すことができます。この手順で、タスクバーの色が変更できない場合は、続けて次の対処方法を試してください。

対処2: デフォルトのテーマに変更する

Windows10で設定しているテーマによっては、タスクバーの色を変更できないケースがあります。

そのため、Windows10標準のテーマに変更することで、タスクバーの色を変更できる可能性があります。

Windows10のテーマをデフォルトのテーマに戻すには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら「個人用設定」をクリックします。
  3. 左ペインで「テーマ」をクリックします。
  4. 右ペインの「テーマの変更」の項目で、「Windows」のテーマをクリックします。
  5. デフォルトのテーマが適用されます。

以上の手順で、Windows10標準のテーマに戻すことができます。

テーマを戻せたら、『対処1: タスクバーの色設定を変更する』の手順で、タスクバーの色を変更できないか確認してください。

対処3: Windowsのビルドを更新する

Windowsのビルドが古いことが原因で、タスクバーの色を変更できない場合があります。

そのため、WindowsUpdateを実行してWindowsを最新のビルドにアップデートしてください。WindowsUpdateを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. 新しい更新プログラムが見つかった場合は、自動でインストールされます。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。
  5. Windowsが最新の状態になったことを確認します。

Windowsを最新の状態にアップデートできたら、再度『対処1: タスクバーの色設定を変更する』の手順で、タスクバーの色を変更できないか確認してください。

対処4: カラーフィルタを無効にする

Windows10の設定でカラーフィルタが有効になっていることが原因で、タスクバーの色が変更できないケースが考えられます。

そのため、カラーフィルタの設定を確認して、有効になっている場合が無効に変更してください。

カラーフィルタを無効に設定するには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、「簡単操作」をクリックします。
  3. 左ペインで「カラーフィルタ」をクリックします。
  4. 「カラーフィルタをオンにする」のスイッチを「オフ」に切り替えます。
  5. 「ショートカットキーを使用してフィルタのオンとオフを切り替える」のチェックを外します。

以上の手順で、カラーフィルタを無効にすることができます。設定が変更できたらタスクバーが正常な色になったか確認してください。

対処5: レジストリを編集する

ここまでの方法でタスクバーの色が白から変更できない場合は、レジストリの編集を試してみてください。

ただし、レジストリの編集はWindowsの動作に影響が出るため、必ずバックアップを作成して行なってください。

レジストリを編集してタスクバーの色を元に戻すには、以下の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックします。
  3. レジストリエディタが開いたら、上部メニューの「ファイル」→「エクスポート」を選択し、レジストリのバックアップを保存しておきます。
  4. ツリーを展開して以下のレジストリキーにアクセスします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search\Flighting
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Search\Flighting\0\WhiteSearchBox
    \WhiteSearchBox

    • 「WhiteSearchBox」がない場合は、「0」キーを右クリックして「新規」→「キー」を選択して、名前を「WhiteSearchBox」に変更してください。
  5. 「WhiteSearchBox」キーを選択した状態で、右ペインの「Value」をダブルクリックします。
    • 「Value」の値がない場合は、「WhiteSearchBox」キーを右クリックして「新規」→「DWORD(32ビット)値」を選択し、名前を「Value」に変更してください。
  6. 値のデータを「1」から「0」に変更して「OK」をクリックします。
  7. PCを再起動してレジストリを反映します。

レジストリを編集してPCが再起動したら、タスクバーが元の色に戻ったか確認してください。

タスクバーの色が元の色に戻らない場合は、レジストリを復元して元の値に戻してください。

対処6: ハイコントラストを無効にする

Windows10には色の区別をはっきりさせるハイコントラストモードがあります。この機能が有効になっていると、色の管理の一部の設定を変更できなくなります。

そのため、ハイコントラスト機能を有効にしている場合は無効に変更してください。具体的な手順は、以下の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、「簡単操作」をクリックします。
  3. 左ペインから「ハイコントラスト」をクリックします。
  4. 「ハイコントラストをオンにする」のスイッチを「オフ」に変更します。

ハイコントラストを無効化できたら、タスクバーの色が正常に表示されたか確認してください。色に問題がある場合は、『対処1: タスクバーの色設定を変更する』の手順で、タスクバーの色を変更できないか確認してください。

対処7: 地域の設定を変更して元に戻す

Windowsの地域の設定を変更して元に戻すことで、タスクバーの色の問題を解決できたことを一部のユーザーが報告しています。

そのため、ここまでの方法で解決しない場合は、地域設定の変更を試してみてください。具体的な手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開いたら、「時刻と言語」をクリックします。
  3. 左ペインで「地域」をクリックします。
  4. 「国または地域」のプルダウンをクリックして、「Cortanaスマートアシスタントが利用できない国(ガボン、サモア、セネガル、台湾など)」を選択します。
  5. 「Windowsマーク」を右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」→「サインアウト」を選択します。
  6. サインイン画面が表示されたら、再度サインインします。
  7. 同じ手順で「国または地域」の設定を元に戻します。

地域を変更してサインインできたら、タスクバーの色の問題が解決したか確認してください。

対処8: グラフィックドライバーを再インストールする

グラフィックドライバーに問題が起きていることが原因で、タスクバーの色を変更できないケースがあります。

そのため、グラフィックドライバーをアンインストールしてから再インストールすることで問題が解決する可能性があります。

グラフィックドライバーは、次の手順で再インストールすることができます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、「ディスプレイアダプター」ツリーを展開します。
  3. 「グラフィックドライバー名」を右クリックして「デバイスのアンインストール」をクリックします。
  4. 警告が表示されたら、再度「アンインストール」をクリックします。
  5. PCを再起動すると、グラフィックドライバーが自動でインストールされます。

グラフィックドライバーの再インストールが完了したら、『対処1: タスクバーの色設定を変更する』の手順でタスクバーの色が変更できるようになったか確認してください。

NVIDIA/AMD製のグラフィックボードの場合

NVIDIA/AMD製のグラフィックボードを搭載している場合は、最新のドライバーをダウンロードして手動でインストールすることで問題が解決する場合があります。

そのため、グラフィックボードを搭載しているPCで問題が解決しない場合は、次の手順で最新のドライバーを手動で再インストールしてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で、「NVIDIAグラフィックスドライバー」、または「AMD Install Manager」を選択して、「アンインストール」をクリックします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  5. GPUメーカーのドライバダウンロードページにアクセスします。
  6. グラフィックボードの型番を指定してドライバーを検索します。
  7. 検索結果の一覧から最新版のドライバーをダウンロードします。
  8. ダウンロードしたファイルを実行して、インストールウィザードに従ってインストールを完了します。
    • インストール時に「クリーンインストール」が選択できる場合は、「クリーンインストール」を選択してください。アップグレードインストールでは古いドライバのファイルが残り、不具合の原因になることがあります。

コメントを残す

*