PDFファイルが文字化けする(四角等)時の対処/修復方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCで作成したPDFや、ネット上からダウンロードしたりメールで受け取ったPDFファイルを開くと、文書内の文字が四角等の記号に文字化けしてしまうケースがあります。

また、ディスプレイ上での表示は正常なのに、PDFファイル内の文字を他の文書にコピー&ペーストすると文字化けするケースや、プリンターで印刷すると文字化けするケースがあります、

本記事では、Windows10でPDFファイルが文字化けする時の対処方法について紹介します。

PDFを開くと文字化けする時の対処法

作成したPDFが文字化けしたり、ダウンロードや受信メールに添付されたPDFファイルが文字化けする場合は、次の対処方法を試してください。

対処1: 最新のAdobe Acrobat Readerをインストールする

ブラウザ内蔵のPDFビュワーやサードパーティ製のPDFビュワーでPDFを開くと文字化けするケースがあります。

そのため、Adobe公式のAcrobat Readerをインストールして、PDFファイルの文字化けが解決しないか確認してください。

また、Acrobat Readerのバージョンが古い場合は、最新版にアップデートしてください。

Acrobat Readerのインストール方法

Adobe Acrobat Readerは次の手順でインストールすることができます。

  1. Adobe Acrobat Readerの公式ページにアクセスします。
  2. 提供オプションを選択します。
    • デフォルトの状態ではMcAfeeが同時にインストールされてしまいます。必要なければチェックを外してください。
  3. 「Acrobat Readerをダウンロード」ボタンをクリックしてください。
  4. ダウンロードフォルダでインストーラーファイル「readerdc_jp_xa_cra_install.exe」を開きます。
  5. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  6. Acrobat Readerのダウンロードとインストールが開始します。
  7. インストールが完了したら「終了」をクリックします。
  8. Acrobat Readerが起動します。「Adobe Acrobat ReaderをデフォルトのPDFアプリケーションにします」が表示されたら「はい」をクリックします。

Acrobat Readerのアップデート方法

新しい規格のPDFファイルを古いバージョンのAcrobat Readerで開くと、互換性の問題により文字化けやレイアウト崩れが発生することがあります。

既にAcrobat Readerをインストールしている場合は、インストールされているAcrobat Readerが最新版であるか確認してください。

アプリのバージョンの確認及びアップデートを行うには、次の手順で操作します。

  1. Acrobat Readerを起動します。
  2. 上部メニューの「ヘルプ」→「アップデートの有無をチェック」を選択してください。
  3. アップデートがある場合は、アップデートを実行します。

対処2: ダウンロード/保存してから開く

Acrobat Readerをインストールしていても、PDFを他のアプリケーションで開いていることが原因で文字化けが発生しているケースが考えられます。

そのため、次の手順でPDFを開いて文字化けが発生するか確認してください。

  1. PDFファイルがPC上にあることを確認します。
    • ブラウザ上で表示している場合は、PCに一旦保存してください。PDFを保存するには、PDFファイルのリンクを右クリックして「名前をつけて保存」を選択します。
  2. PDFファイルを右クリックして「プログラムから開く」→「Adobe Acrobat Reader DC」を選択します。
    • メニューにAcrobat Readerが表示されない場合は、「別のプログラムを選択」から選択してください。
  3. Adobe Acrobat ReaderでPDFファイルが開かれます。

以上でPDFをAcrobat Readerで開くことができます。PDFファイルの文字化けが解消したか確認してください。

対処3: フォントの埋め込み設定をする

PDFにフォントの埋め込みが設定されていないと、別のPCでPDFファイルを開いた際に文字化けが発生することがあります。

PDFファイルを自分で作成している場合は、PDFファイルを保存する際に、フォントの埋め込み設定を有効にしてください。

具体的な設定手順はPDFを作成するアプリにより異なります。Microsoft Wordの場合は、次のように設定するとフォントの埋め込みが有効になります。

  1. Microsoft Wordを起動します。
  2. 「ファイル」→「オプション」を開きます。
  3. オプションウィンドウが開きます。左のメニューにある「保存」をクリックします。
  4. 「ファイルにフォントを埋め込む」のチェックを入れます。設定を変更したら「OK」をクリックして設定を保存します。

対処4: フォント変更する

一部のフォントはPDFに埋め込み設定をして作成しても文字化けが発生する場合があります。

PDFを自分で作成している場合は、文字化けが発生しているフォントを変更してPDFファイルを再作成してみてください。

変更するフォントは、OS標準のフォントを使用することが好ましいです。

Windowsでは、互換性を考えると游ゴシックやメイリオがおすすめです。游ゴシックは、macOSでも標準でインストールされているため、文字化けの問題が起きにくいです。

対処5: フォントをインストールする

PDFファイルに保護がかかっている場合など、フォントの変更が難しいケースがあると思います。

PDFファイルを自分で作成できない場合は、文書内で使用されているフォントを確認し、該当フォントをインストールすることで文字化けを解消できる可能性があります。

まず、次の手順でPDFの文書内で使われているフォントを確認してみてください。

  1. Acrobat ReaderでPDFファイルを開きます。
  2. 上部メニューより「ファイル」→「プロパティ」を開きます。
  3. プロパティウィンドウが表示されたら「フォント」タブを開きます。
  4. 文書内で使われているフォントと、フォントの埋め込み状態が確認できます。
    • (埋め込みサブセット)の表記がないフォントは、文字化けの原因として考えられます。

該当フォントがPCにインストールされていない場合は、フォントの配布ページよりフォントをパソコンにダウンロード・インストールしてみてください。

使用されているフォントがインストールできたら、再度PDFを開いて文字化けが発生するか確認してください。

対処6: フォントキャッシュを削除する

Windowsの標準フォントが文字化けする場合は、フォントキャッシュが破損していることが考えられます。

そのため、次の手順でフォントキャッシュを削除することで問題が解決できる可能性があります。

  1. タスクバーにある「Windowsマーク」を右クリックし、「ファイルを指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイルを指定して実行」ウィンドウに、次のパスを入力して「OK」をクリックします。
    C:\Windows\System32
  3. 開かれたフォルダの中から「FNTCACHE.DAT」 というファイルを探して右クリックし、「削除」を選択します。
  4. PCを再起動します。

PCが再起動できたら、再度PDFファイルを開いて文字化けが解決したか確認してください。

対処7: メールクライアントを変更する

メールに添付したPDFファイルが文字化けする場合は、送信側のメールクライアントに問題があることが考えられます。

メールクライアントの問題が疑われる場合は、次の方法を試してください。

  • 方法1: 別のメールクライアントで送信してみる
  • 方法2: PDFファイルをネット上(Googleドライブやギガファイル便など)にアップロードして共有リンクを送る

メールクライアントに原因がある場合は、上記のどちらかの方法でPDFが文字化けせずに送信できます。

今後もPDFが文字化けを防止するには、別の手段でPDFファイルを送るか、普段使用するメールクライアントの変更を検討してください。

対処8: 作成者に対処を依頼する

有料フォントやMacOS用のフォントが使われている場合など、状況によってはファイルの作成者以外には解決が難しいこともあります。

そのため、自分で作成していないPDFファイルの文字化けが直せない場合は、ファイルの作成者に問い合わせてください。

ほとんどの場合、同様の理由でフォントが埋め込まれていないか、使われているフォントに問題があるケースが考えられます。

文字をコピー/ペーストすると文字化けする時の対処法

PDFの文章内の文字をコピー・ペーストすると文字化けが発生する場合は、ファイルのエンコーディングが原因として考えられます。

特に元のファイルがMacなどの別の環境で作成されている場合にコピペすると文字化けするケースが多いです。

上記の問題の対処方法を紹介します。

対処1: PDFを仮想プリンターで印刷する

PDFファイルを仮想プリンターを使って再度PDFとして印刷することで、正しいエンコーディング設定のPDFファイルを再作成することができます。

そのため、PDFとして印刷することでコピー・ペーストの文字化けの問題を解決できる可能性があります。

PDFを仮想プリンターで再印刷するには、次のいずれかの方法で行ってください。

方法1: ブラウザの機能で再印刷する

  1. ブラウザ上でPDFを開きます。
    • ブラウザでPDFを開くには、PDFファイルをブラウザの画面にドラッグ&ドロップします。
  2. 右上の「印刷アイコン」をクリックします。
  3. 送信先のプリンターで「PDFに保存」を選択します。
  4. 「保存」をクリックします。
  5. PDFの保存場所を指定して「保存」をクリックします。

方法2: Microsoft Print to PDFで再印刷する

  1. PDFファイルをAcrobat Readerで開きます。
    • 他のPDFビュワーでも操作はほとんど同じです。
  2. 「ファイル」→「印刷」を選択します。
  3. 「プリンター」で「Microsoft Print to PDF」を選択します。
  4. 「印刷」をクリックします。
  5. PDFの保存場所を指定して「保存」をクリックします。

PDFファイルを再印刷できたら、再印刷したファイルを開いて文字のコピー・ペーストが正常にできないか確認してください。

対処2: OCR機能を使って文字を抽出する

OCR機能(文字起こし)を使って文字を抽出することで、正常にコピーペーストができるようになる可能性があります。

注意: ただしOCRの場合、一部の文字は正確に変換されないことがあります。変換エラーがないか確認してからコピーしてください。

いくつか方法がありますが、今回は無料で簡単にできるGoogle Driveを使う方法を紹介します。

  1. ブラウザを起動し、Googleアカウントにログインします。もしGoogleアカウントを所持していなければ、アカウントを作成してください。
  2. 『Google Drive』にアクセスします。
  3. 「新規」ボタンをクリックし、「ファイルのアップロード」を選択します。
  4. コピーしたいPDFファイルを選択してGoogle Driveにアップロードします。
  5. ファイルのアップロードが完了したら、Googleドキュメントとしてファイルを開きます。これで問題なく文字がコピーできるようになっているはずです。

対処3: PDFの変換ツールを使用する

変換ツールを使用して、PDFをWordなどの別形式のファイルに変換することで、エンコーディングの問題が解決できる可能性があります。

Microsoft Officeがインストールされている場合は、Wordを使ってPDFをWord形式に変換することができます。手順は次の通りです。

  1. 「ファイル」→「開く」を選択します。
  2. ファイルの種類を「PDF」にして、PDFファイルを選択して「開く」をクリックします。
  3. Wordに変換する確認メッセージが表示されるので「OK」をクリックします。
  4. PDFファイルがWordで編集できる状態になります。
  5. 文字が文字化けせずにコピーできるか確認します。

Officeがない場合は、サードパーティー製の変換ツールを使用することでPDFを変換することもできます。

Acrobat Readerの有料プランを利用している場合は、「Word、Excel、またはPowerPointに変換」や「ファイルサイズを縮小」の機能を使って、エンコーディングの問題を解決することもできます。

対処4: テキストとして保存する

Acrobat Readerの「テキストとして保存する」の機能を使う事で、PDFのテキストデータのみを抽出することができます。

ここまでの対処で、PDFのコピー時の文字化けが解決できない場合は、次の手順でPDFのテキストデータを抽出してみてください。

  1. PDFファイルをAcrobat Readerで開きます。
  2. 「ファイル」→「テキストとして保存」を選択します。
  3. テキストファイルの保存先を選択して「保存」をクリックします。
  4. 保存したテキストファイルを開いて文章をコピーします。

PDFを印刷すると文字化けする時の対処法

PC上のPDFファイル自体は正常に表示されても、プリンターで印刷すると文字化けした状態でプリントされてしまうケースがあります。

上記の問題は、PDFファイルではなくプリンタードライバーに問題が起きていることが考えられます。

PDFを印刷すると文字化けする時の対処方法については、次のページで詳しく解説しています。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)