ブルースクリーン: Unexpected_Kernel_Mode_Trapの対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCを使用していると、突然「停止コード: Unexpected_Kernel_Mode_Trap(0x0000007F)」のブルースクリーンが発生してPCが再起動することがあります。

このブルースクリーンは、ハードウェアもしくは接続デバイスに障害は起きている際に発生します。

本記事では、Windows10でUnexpected_Kernel_Mode_Trapが発生する原因と対処法について詳しく紹介します。

Unexpected_Kernel_Mode_Trapが発生する原因

Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンエラーは、CPUが生成したトラップをカーネルがキャッチできなかった際に発生します。

このエラーが発生する原因としては、主にハードウェアもしくはメモリに障害があることが考えられます。具体的には次の問題が起きていることが考えられます。

  • デバイスドライバーの互換性に問題がある、破損している
  • 物理メモリ(RAM)が故障している
  • セキュリティソフトの機能がドライバーの動作に干渉している
  • Windowsのシステムファイルが破損している
  • ストレージのファイルシステムが破損している

デバイスドライバーに問題が起きている場合は、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーン画面の「失敗した内容: .sys」にドライバー名が表示されます。

ドライバー名が表示されていない場合は、ダンプファイルを解析することで問題のドライバーを特定できる場合もあります。

原因となっているドライバーが判明している場合は、ドライバーのトラブルシューティングを行なってください。

それでも解決しない場合は、物理メモリの検査やシステムファイル、ファイルシステムの修復を試してください。それぞれの対処方法を順に紹介していきます。

補足: ブルースクリーンによってWindowsが起動できない場合は、『セーフモード(ネットワークあり)で起動』してから対処を行なってください。

対処1: デバイスドライバーをアップデート/再インストールする

デバイスドライバーのバージョンが古かったり、破損していることが原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンエラーが発生するケースがあります。

そのため、問題のデバイスドライバーが特定できている場合は、ドライバーのアップデートと再インストールを試してみてください。

補足: 問題の起きているドライバーが不明な場合は、『PCのブルースクリーン(BSoD)の原因を特定する/調べ方 – Windows10』を参考に原因のドライバーを特定してください。

1. デバイスドライバーをアップデートする

問題の起きているデバイスドライバーをアップデートするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、ツリーを展開して「問題のドライバー」を探します。
    • エラーが出ているデバイスドライバーには、黄色のビックリマークが表示されている場合があります。
  3. 「問題のドライバー」を右クリックして、「ドライバーの更新」を選択します。
  4. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
  5. 最新のドライバーが見つかった場合は、自動でインストールされます。

ドライバーを最新バージョンにアップデートできた場合は、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生しなくなったか様子をみてください。

2. デバイスドライバーを再インストールする

ドライバーが既に最新バージョンだったり、問題が解決しない場合はドライバーの再インストールを行います。

デバイスドライバーを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. デバイスマネージャーが起動したら、ツリーを展開して「問題のドライバー」を探します。
  3. 「問題のドライバー」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  4. 確認ダイアログが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
    • 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する」のオプションが表示された場合はチェックを入れてください。
  5. アンインストールが完了したらPCを再起動します。
  6. PCが再起動すると、デバイスドライバーが自動で再インストールされます。

デバイスドライバーを再インストールできたら、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生しなくなったか検証してください。

対処2: デバイスドライバーをロールバックする

デバイスドライバーを最新バージョンにアップデートしてからUnexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生するようになった場合は、最新のドライバーに不具合があることが考えられます。

過去にもNVIDIAの最新のグラフィックドライバーで、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生するようになる不具合が発生しています。

そのため、デバイスドライバーを前のバージョンにロールバックすることでエラーを回避できる可能性があります。デバイスドライバーをロールバックするには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. ツリーを展開して「問題のドライバー」を右クリックして「プロパティ」を選択します。
  3. プロパティウィンドウが表示されたら、「ドライバー」タブを開きます。
  4. 「ドライバーを元に戻す」をクリックします。
  5. 確認ダイアログが表示されら「はい」をクリックすると、ロールバックが実行されます。
  6. ロールバックが完了したらデバイスマネージャーを終了し、パソコンを再起動します。

ドライバーのロールバックが完了したら、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが解決したか確認してください。

ロールバックできない場合

ドライバーのロールバックができない場合は、古いドライバーを手動でインストールしてください。

ただし、メーカーページから古いバージョンのドライバーをダウンロードできる必要があります。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「問題のドライバー」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択します。
  3. 確認ダイアログが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
    • 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する」のオプションが表示された場合はチェックを入れてください。
  4. デバイスのメーカーページから、古いバージョンのドライバーをダウンロードします。
  5. 古いバージョンのドライバーファイルを実行して、通常の手順でインストールします。

対処3: Windows Updateを実行して最新の状態にする

ほとんどのデバイスドライバーは、WindowsUpdateを実行することで最新のバージョンをインストールすることができます。

そのため、Windows Updateを実行してWindowsを最新の状態にすることで、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが解決する可能性があります。

Windows Updateは、初期設定では自動的に実行されますが、更新プログラムが保留中でインストールできていない場合があります。

そのため、次の手順でWindows Updateを手動で実行して、全ての更新プログラムを適用してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定が開いたら「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左ペインから「Windows Update」を選択します。
  4. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
    • 保留中のアップデートがあった場合は、「インストール」や「ダウンロード」、「再起動」をクリックしてください。
  5. 更新プログラムが見つかったらインストールします。

Windowsが最新の状態にアップデートできたら、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生しなくなったか確認してください。

対処4: 物理メモリ(RAM)を検査する

PCに搭載している物理メモリの接触不良や故障していることが原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生することがあります。

そのため、物理メモリに問題が起きていないか確認してみてください。物理メモリが故障しているか確認するには、次の手順でWindowsメモリ診断ツールを実行します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックします。
  2. ソフトウェア一覧から「Windows管理ツール」を探してクリックします。
  3. 「Windowsメモリ診断」をクリックして起動します。
  4. 「今すぐ再起動して問題の有無を確認する」をクリックします。
    • PCが作業の途中の場合は、「次回のコンピュータ起動時に問題の有無を確認する」をクリックして下さい。その後、ファイルの保存などを行って準備が完了したらPCを再起動しましょう。
  5. メモリ診断が開始します。診断が完了するまで数分待ちます。
  6. メモリ診断が完了すると、自動でPCが再起動します。
  7. タスクバーにWindowsメモリ診断の結果が表示されます。

メモリ診断の結果で物理メモリに異常が見つかった場合は、メモリの接続に問題がないか確認してください。メモリの接続状態を確認するには、PCの電源を切ってから、PCケースを開けて物理メモリがスロットに奥まで刺さっているか確認します。

メモリの接続に問題がない場合は、メモリの故障が考えられるため交換を行なってください。複数のメモリを搭載している場合は、メモリを1枚ずつ取り外してPCを起動し、ブルースクリーンの発生するメモリを特定してください。

対処5: ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングツールを実行する

ハードウェアとデバイスの構成・設定に問題があることが原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生するケースがあります。

上記の問題は、Windowsのトラブルシューティングツールを実行することで解決できる可能性があります。

ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングツールを実行するには、次の手順で操作します。

  1. Windowsエクスプローラを起動します。
  2. 以下のディレクトリにアクセスします。
    C:\Windows\diagnostics\system\Device
  3. 「DiagPackage.diagpkg」をダブルクリックします。
  4. トラブルシューティングウィザードにしたがって実行します。
  5. 修正が必要と判断されたら、修正方法を選択します。
  6. すべてのプロセスが完了したらウィザードを閉じます。

複数のハードウェアにトラブルが発生していると表示される場合は、何度かトラブルシューティングツールを実行して1つずつ解決してください。すべての問題を解決したら、エラーが発生しないか様子を見ましょう。

対処6: 不要な外部デバイスをすべて取り外す

PCに接続している外部デバイスの互換性に問題があったり、破損していることが原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生することがあります。

そのため、一度不要な外部デバイスを全て取り外した状態で、ブルースクリーンが発生するか確認してください。具体的には、次の手順で確認します。

  1. PCをシャットダウンします。
  2. 最低限必要なキーボード、マウス、ディスプレイ以外のデバイスを全てPCから取り外します。
  3. PCを起動してブルースクリーンが発生するか確認します。
  4. 外部デバイスを1つずつ接続して、ブルースクリーンが発生するデバイスを特定します。

特定のデバイスを接続するとブルースクリーンが発生した場合は、そのデバイスに問題があることが考えられます。問題のデバイスが見つかった場合は、修理もしくは交換することを検討してください。

対処7: ハードウェアを再接続する

グラフィックボードやHDD/SSDの接触不良が原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生することがあります。

そのため、PCの電源を切り、PCケースを開けてグラフィックボードとHDD/SSDの接続を確認してください。接続に問題がある場合は、再接続してください。

  • グラフィックボード: 一度取り外してから再接続してください。再接続する際にはスロットの奥まで刺さったことを確認してください。
  • HDD/SSD: SATAケーブル、もしくはスロットの接続が抜けかけていないか確認してください。SATAケーブルの場合は、マザーボード側の接続も確認してください。

グラフィックボードとHDD/SSDを正しく接続できたら、ブルースクリーンの問題が解決したか確認してください。

対処8: セキュリティソフトをアンインストールする

セキュリティソフトの機能がデバイスドライバーの動作に干渉して、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生することがあります。

この問題は、特にサードパーティー製のセキュリティソフトを使用している場合に発生することが多いです。

そのため、セキュリティソフトをアンインストールした状態で、同様のブルースクリーンが発生するか確認してください。サードパーティのセキュリティソフトをアンインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で「セキュリティソフト名」を選択して「アンインストール」をクリックします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら、「アンインストール」をクリックします。
  4. ウィザードの案内に従ってアンインストールを完了します。

セキュリティソフトをアンインストールできたら、PCを再起動してブルースクリーンが発生しなくなったか確認してください。

ブルースクリーンが解決した場合は、セキュリティソフトに問題があることが考えられるため、そのまま標準のWindowsセキュリティを使用するか、他のセキュリティソフトの使用を検討してください。

対処9: システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行する

Windows10のシステムファイルが破損していることが原因で、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生するケースが考えられます。

そのため、システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行してシステムファイルを修復すると問題が解決する可能性があります。

システムファイルチェッカーとDISMコマンドを実行するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  3. システムファイルチェッカーツールが完了したら、続いて以下のコマンドを実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. 自動修復が完了したらPCを再起動します。

システムファイルが修復できたら、ブルースクリーンが発生しなくなったか様子を見てください。

上記のコマンドで正常に修復できない場合や、修復後もエラーが発生する場合は次の手順に進みます。

対処10: チェックディスクを実行する

HDD/SSDの不良セクタが原因でファイルシステムにエラーが発生しており、Unexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生するケースが考えられます。

そのため、システムドライブに対してチェックディスクを実行すると問題が解決する可能性があります。

チェックディスクを実行する手順は次のとおりです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択して起動します。
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして起動します。
  3. 以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    chkdsk c: /f
    • チェックディスクの実行にはある程度時間が掛かるため、しばらくPCを使用しないときに実行してください。
  4. 再起動するか確認メッセージが表示されるので、「y」を入力してEnterキーを押します。
  5. Windows PowerShellを終了してPCを再起動します。
  6. PCが再起動すると、自動的にチェックディスクが実行されます。

チェックディスクが完了したら自動でWindowsが起動します。チェックディスクを実行できたら、ブルースクリーンが再発しないか様子を見てください。

対処11: Windows10を初期化する

ここまでの全ての対処法を試してもUnexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生する場合は、Windowsに修復できない致命的なエラーが発生している恐れがあります。

そのため、Windows10のシステムを初期化することを検討してください。Windows10を初期化する手順については、次のページを参考にしてください。

初期化をする際は、個人データを引き継ぐオプションを選択することで、ユーザーフォルダ内に保存されているデータを削除せずに初期化することができます。

ただし、システムを初期化すると一部のデータが削除される場合があります。必要なデータはバックアップを取ってから行うことをおすすめします。

解決しない場合は

Windowsを初期化してもUnexpected_Kernel_Mode_Trapのブルースクリーンが発生する場合は、PC内部のハードウェアが故障している恐れがあります。

故障しているハードウェアを特定して修理することは難しいため、メーカーや修理業者に修理を依頼することを検討してください。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    PC自体が古い場合は、ハードウェアの劣化による故障が考えられるため、新しいPCに買い換えることをおすすめします。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)