iPhoneの「データ通信機能を起動できませんでした」の対処法【pdp認証に失敗】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneを使用していると、突然「データ通信機能を起動できませんでした: pdp認証に失敗しました」のエラーが表示されることがあります。

このエラーが発生するとモバイルデータ通信が利用できなくなり、Wi-Fiがなければ通信を利用できない状態になってしまうため対処が必要です。

本記事では、iPhoneに「データ通信機能を起動できませんでした」または「pdp認証に失敗」のメッセージが出た時の対処法について詳しく紹介します。

対処1: 機内モードを切り替える

モバイル通信の接続に一時的なエラーが発生していることが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが表示されるケースが考えられます。

そのため、機内モードのオン/オフを切り替えてモバイルネットワークに再接続することで、エラーが解決する可能性があります。

機内モードのオン/オフを切り替えるには、以下の手順で操作してください。

  1. 画面の右上端から下方向にスワイプして、コントロールセンターを開きます。
    • ホームボタン搭載のiPhoneの場合は、ディスプレイ下端から上方向にスワイプしてください。
  2. 「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オン」に切り替えます。
  3. 数秒待ってから再度「機内モード(飛行機アイコン)」をタップして「オフ」に戻します。

以上の手順で、機内モードを切り替えてモバイル通信に再接続することができます。再接続ができたら、エラーが表示されなくなったか確認してください。

対処2: モバイル通信をオフにしてデバイスを再起動する

機内モードを切り替えても「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが表示される場合は、デバイスの再起動を試してください。

デバイスを再起動する際は、モバイル通信をオフにしてSafariのキャッシュを削除してから行なってください。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「モバイル通信」をタップします。
  3. 「モバイルデータ通信」のスイッチを「オフ」に切り替えます。
    • 項目が表示されない場合は、モバイル通信プランの一覧から使用している「プラン名」をタップして「この回線をオンにする」のスイッチを「オフ」に切り替えてください。
  4. 「設定」アプリの最初の画面に戻って、「Safari」をタップします。
  5. 「履歴とWebサイトデータを消去」をタップして、確認ポップアップが表示されたら「履歴とデータを消去」をタップします。
  6. iPhoneの「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
    • iPhone8以前の場合は、「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。
  7. iPhoneの電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  8. 「設定」アプリを開いて、「モバイル通信」をタップして「モバイルデータ通信」のスイッチを「オン」に戻します。

上記の手順でデバイスを再起動できたら、エラーが表示されなくなったか確認してください。

対処3: キャリア設定アップデートを実行する

iPhoneのキャリア設定の情報が古いことが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生することがあります。

そのため、キャリア設定を最新の状態にアップデートしてエラーが解決しないか確認してください。キャリア設定をアップデートするには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「情報」をタップします。
  4. 「キャリア設定アップデート」のメッセージが表示されたら「アップデート」をタップします。

キャリア設定をアップデートできたら、エラーが発生しなくなったことを確認してください。キャリア設定が既に最新の場合は、次の対処方法に進んでください。

対処4: 構成プロファイルを再インストールする

契約している通信キャリアがMVNOの場合は、構成プロファイルをインストールするという形で通信関連の設定を行うことがほとんどです。

この構成プロファイルに問題があることが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、MVNOを契約している場合は、構成プロファイルを一度アンインストールしてから再インストールすることで問題が解決する可能性があります。構成プロファイルを再インストールするには、以下の手順で操作してください。

  1. iPhoneにキャリアのSIMカードを挿入していることを確認します。
  2. 「設定」アプリを開いて、「一般」をタップします。
  3. 「プロファイル」をタップします。
  4. 「構成プロファイル名(LINEMO APNなど)」をタップして、「プロファイルを削除」をタップします。
    • プロファイルをインストールできていない場合は、次の手順に進んでください。
  5. 契約先キャリアの公式サイトにアクセスして、「APN構成プロファイル」をダウンロードします。
  6. ダウンロードが完了したら、「設定」アプリを開いて「プロファイルがダウンロードされました」のメッセージをタップします。
  7. 右上の「インストール」をタップします。

以上の手順で、構成プロファイルを再インストールすることができます。再インストールが完了したら、エラーが解消して正常にネットワークに接続できるようになったか確認してください。

対処5: APNを手動で設定する

契約しているキャリアによっては、APNを手動で設定しないと正常にモバイルネットワークに接続できず、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、通信キャリアのヘルプページ等で、必要なAPN設定がないか確認してください。手動でAPN設定が必要な場合は、以下の手順で設定を行なってください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「モバイル通信」をタップします。
  3. 「通信のオプション」をタップします。
  4. 「モバイルデータ通信ネットワーク(Cellular Network)」をタップします。
  5. APN設定に必要な情報を入力します。

APN設定を手動で編集できたら、iPhoneを一度再起動してエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処6: ソフトウェアアップデートを実行する

iOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行して、iOSを最新バージョンにすることでエラーが解決する可能性があります。ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。
  4. アップデートが見つかった場合は、「ダウンロードしてインストール」をタップします。
  5. iPhoneのパスコードを入力して、「今すぐインストール」をタップします。
  6. アップデートが完了するまで待機します。

ソフトウェアアップデートが完了したら、データ通信エラーが解消したか確認してください。既にiOSが最新だったり、アップデート後もエラーが発生する場合は、次の対処法に進んでください。

対処7: VPN設定を削除する

iPhoneにVPNの設定を行なっていることが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、VPNの設定をしている場合は、設定を削除してエラーが解決しないか確認してください。VPN設定を削除するには、以下の手順で操作します。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「VPN」をタップします。
  4. 「VPNの設定情報」がある場合は、右側の「i」をタップします。
  5. 「VPNを削除」をタップして、確認ポップアップが表示されたら「削除」をタップします。

iPhoneのVPN設定を削除できたら、データ通信エラーが発生しなくなったか確認してください。

対処8: データローミングをオンにする

国内ではなく海外のキャリアエリア外でiPhoneを使用していることが原因で、「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生するケースがあります。

キャリアのエリア外でモバイルデータを使用するには、データローミングをオンにする必要があります。ただし、データローミングを使用すると国内よりも割高な通信量が発生するため、モバイルデータ通信がどうしても必要な場合のみオンにすることをおすすめします。

データローミングをオンにするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「モバイル通信」をタップします。
  3. 「通信のオプション」をタップします。
    • 項目がない場合は、モバイル通信プランの「プラン名」をタップしてください。
  4. 「データローミング」のスイッチを「オン」に切り替えます。

以上の手順で、データローミングをオンにすることができます。エラーが解決してモバイル通信が使用できるようになったか確認してください。

モバイル通信が不要になった場合や、国内に戻ってキャリアのエリア内に入った場合はデータローミングをオフに戻してください。

対処9: ネットワーク設定をリセットする

ここまでの対処法を試しても「データ通信機能を起動できませんでした」エラーが発生する場合は、ネットワーク設定を一度リセットすることを検討してください。

ネットワーク設定をリセットすると、APNやWi-Fi、Bluetoothなどの全てのネットワーク設定が初期状態に戻ります。ネットワーク設定をリセットするには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを起動します。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「リセット」をタップします。
  4. 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  5. iPhoneのパスコードを入力します。
  6. 確認ポップアップが表示されたら、「ネットワーク設定をリセット」をタップします。
  7. iPhoneが再起動するまで待ちます。

ネットワーク設定をリセットできたら、必要に応じて構成プロファイルのインストールとAPN設定を行なってください。再設定が完了したら、エラーが発生しなくなったことを確認してください。

解決しない場合

全ての対処方法を試しても「データ通信機能を起動できませんでした」のエラーが発生する場合は、キャリアの契約状況に問題が起きていることが考えられます。

そのため、契約している通信キャリアに連絡して、エラーが出る状況について問い合わせてみることをおすすめします。

コメントを残す

*