iPhone/iPadが頻繁にフリーズ!再起動できない時の対処法【強制再起動も】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneやiPadを利用していると、iOS自体がフリーズして再起動すらできなくなることがあります。

この記事では、iPhone/iPadがフリーズして操作できず、再起動もできなくなった時の対処法を紹介します。強制再起動する方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

iPhone/iPadが頻繁にフリーズする原因

  • OSの不具合
  • ハードウェアの不具合
  • アプリの不具合
  • 負荷オーバー
  • ディスプレイ/タッチパネルの故障
  • 物理ボタンの故障

iPhone/iPadがフリーズして再起動できないといっても、その原因となり得るものはソフトウェアからハードウェア、インストールしているアプリなどさまざまです。

そのため、もしこのような状況が発生した場合は、これから紹介する対処法を順番に試してみてください。

対処1: 強制再起動をする

フリーズして再起動できない場合、真っ先に試すといいのが強制再起動です。強制再起動の手順はiPhoneのシリーズによって異なるので、自分の使っているiPhoneに対応した方法を試してください。

  • iPhone 8以降
    1. 音量上げボタンを押す
    2. 音量下げボタンを押す
    3. サイドボタンを長押しする
  • iPhone 7以前
    1. 電源ボタンとホームボタンを長押しする

この方法で強制再起動を行い、一度様子を見てください。再発しないようなら問題ありませんが、再び発生するようなら次の対処法を試しましょう。

負荷オーバー時にも強制再起動が有効

たくさんのアプリを起動して負荷オーバーになったことによってフリーズしている場合でもこの強制再起動は有用な手段です。

再起動してしまえば起動中のアプリが全て終了されるので、負荷オーバーの状態が解消されるでしょう。

3Dゲームなどの重いアプリを起動したり、多数のアプリを起動したらフリーズしたという場合もぜひ試してみてください。

対処2: セーフモードで起動してアプリや設定を修正する

ブートループ(起動画面なから先に進まない状態、通称リンゴループ)に陥った場合やアプリをインストールしたらフリーズするようになった場合など、ソフトウェアに問題があると考えられる場合はセーフモードで対処するのがオススメです。

セーフモードで起動する方法

  1. 電源ボタンと音量上げボタンを同時に長押しする
  2. ブート画面が表示されたら電源ボタンを離す
  3. セーフモードでiPhoneが/iPadが起動する

無事にセーフモードで起動した場合、その状態で少し様子を見てください。セーフモード中にフリーズが発生しないならば、OSではなくインストールしたアプリに問題がある可能性が高いと判断できるでしょう。

最後にインストールしたアプリをアンインストールする

セーフモードで起動するのに成功したら、その状態で最後にインストールしたアプリをアンインストールしましょう。アンインストール方法は通常時と同様で、ホーム画面上のアイコンをロングタップしてアンインストールを選択します。

もし、最後にインストールしたものがアプリではなくプロファイルの場合のアンインストール手順は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップする
  3. 「プロファイル」をタップする
  4. パスコードを入力する
  5. 一覧から不要な構成プロファイルを選択してアンインストールする

これでプロファイルのアンインストールは完了です。不要なプロファイルが原因であった場合はアンインストールするだけで大丈夫ですが、必要なものが原因であった場合は再度インストールしてチェックしてみてください。

インストールし直すだけでフリーズが解消されることも多いので、試してみる価値があるでしょう。もし、リインストールしてもフリーズが解消されない場合、そのプロファイルを使わないで済む方法を考えなければならないかもしれません。

対処3: ディスプレイ/タッチパネルの問題を確認する

iPhone/iPadのタッチパネルの汚れが原因で、フリーズと勘違いすることがあります。電源ボタンは正常に反応する場合は、タッチパネルに問題があることが濃厚です。

タッチパネルの表面に汚れがある場合は、一度キレイに掃除してみましょう。

また、ディスプレイが割れていたり、タッチパネルが損傷していたりすると操作ができず、単純にタップ操作が反応しないケースもあります。ディスプレイやタッチパネルに物理的な損傷がある場合は修理するのがオススメです。

破損したまま使っているとより大きなトラブルに繋がることもあるので、早めに修理しましょう。

対処4: Apple正規サービスプロバイダに持ち込んで相談する

さまざまな対処法を試してもフリーズが解消されない場合、Apple 正規サービスプロバイダに持ち込んで相談するのがオススメです。

もし、ハードウェアの故障の可能性が高いと判断されたらそのまま修理依頼することもできるので、早く解決できるかもしれません。自分で対処しきれない、故障の可能性が高いと判断したら早めに相談してみてください。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)