vcruntime140.dllが見つからないエラーが出る時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCで特定のアプリケーションを起動しようとすると、「vcruntime140.dllが見つからないため、コードの実行を続行できません」というエラーが表示されてアプリが起動できないケースが発生することがあります。

vcruntime140.dllの問題は、アプリケーションやWindowsのアップデートがきっかけで突然発生することもあります。

本記事では、Windows10でvcruntime140.dllが見つからないエラーが発生する時の対処法について詳しく紹介します。

vcruntime140.dllとは

vcruntime140.dllは、Microsoftから無料で提供されている「Visual C++ 2015 再頒布可能パッケージ」というランタイムライブラリに含まれるファイルです。

vcruntime140.dllが見つからないエラーは、Visual C++ 2015ランタイムがパソコンにインストールされていないか、DLLファイルが破損もしくは欠損していることを表しています。

上記のエラーを解決するには、Visual C++ 2015ランタイムを再インストールするか、vcruntime140.dllを修復する必要があります。具体的な対処方法を順に紹介していきます。

対処1: Visual C++ 2015ランタイムライブラリを再インストールする

Visual C++ 2015ランタイムライブラリがインストールされていない、もしくは破損していることが原因で、vcruntime140.dllが見つからないエラーが表示されるケースが考えられます。

そのため、Visual C++ 2015ランタイムライブラリを再インストールすることで、エラーを解決できる可能性があります。また、パソコンにランタイムがインストールされていない場合は、ランタイムのインストールを行なってください。

Visual C++ 2015ランタイムはを再インストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリの一覧で、「Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable」を選択して、「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
    • ビット数が異なる「Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable」が存在する場合は、全てアンインストールしてください。
    • 環境によっては「Microsoft Visual C++ 2015 Redistributable」などの名称が異なるランタイムがインストールされていることがありますが、こちらも同じようにアンインストールしてください。
    • 「Microsoft Visual C++ 2015-2019 Redistributable」がインストールされていない場合は、手順4までスキップしてください。
  3. ウィザードが起動したら、案内に従ってアンインストールを完了します。
  4. アンインストールが完了したら、『Visual Studio 2019 for WindowsおよびMacのダウンロード』の公式配布ページにアクセスします。
  5. ページを下部までスクロールし、「その他のツールとフレームワーク」をクリックします。
  6. 「Visual Studio 2019のMicrosoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ」の項目が表示されたことを確認します。
    • 上記の再頒布可能パッケージには、2015、2017、2019のVisual C++ランタイムが含まれています。
  7. 「x64」「ARM64」「x86」の中からバージョンを選択し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてインストーラをダウンロードします。
    • Windowsが64ビットであれば「x64」を、32ビットであれば「x86」を選択してください。
    • ビット数が不明な場合は、「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択し、「システムの仕様」の項目でビット数を確認してください。
  8. ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして起動します。
  9. インストーラーが起動したら、「インストール」をクリックして、画面の指示に従ってインストールを完了します。

Visual C++ 2015ランタイムを再インストールできたら、PCを再起動してvcruntime140.dllのエラーが解決したか確認してください。

補足: Windowsが64ビットの環境でエラーが解決しない場合は、「x86」のランタイムもインストールしてみてください。一部のアプリでは、32ビットバージョン用のランタイムが必要になることがあります。32ビットバージョンをWindowsを使用している場合は、x64バージョンのランタイムをインストールする必要はありません。

対処2: vcruntime140.dllを再登録する

DLLの登録状況に問題が起きていることが原因で、vcruntime140.dllが見つからないエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、vcruntime140.dllを再登録することでエラーが解決する可能性があります。vcruntime140.dllを再登録するには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」をクリックして「cmd」と入力します。
  2. 検索結果に表示される「コマンドプロンプト」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。
  3. コマンドプロンプトが表示されたら、次のコマンドを順に入力しEnterキーで実行します。
    PASSWORD32 /u VCRUNTIME140.dll
    PASSWORD32 VCRUNTIME140.dll
  4. コマンドの実行が完了したら、コマンドプロンプトを閉じます。

以上の手順でvcruntime140.dllを再登録することができます。アプリケーションを再度起動してエラーが解決したか確認してください。

対処3: vcruntime140.dllを手動で追加/置換する

システムフォルダ内のvcruntime140.dllを手動で追加もしくは置換すると、vcruntime140.dllが見つからないエラーが解決する可能性があります。

ただし、この方法を行うには破損していないvcruntime140.dllをインターネット上からダウンロードするか、別のPCからコピーする必要があります。

vcruntime140.dllを手動で追加もしくは置換するには、次の手順で操作します。

  1. 『VCRUNTIME140.DLL – DLL-Files』のページにアクセスして、ビット数が一致する最新バージョンのvcruntime140.dllの「Download」リンクをクリックします。
    • ビット数は「Architecture」の項目で確認できます。Windowsが64ビットであれば「64」と「32」を、32ビットであれば「32」のDLLをダウンロードしてください。
    • 別のPCからvcruntime140.dllをコピーする場合は、以下のディレクトリパスからDLLをコピーしてUSBメモリなどに保存してください。
      • Windows10(64ビット)の場合: 「C:\Windows\System32」と「C:\Windows\SysWOW64」からDLLをそれぞれコピーします。
      • Windows10(32ビット)の場合: 「C:\Windows\System32」からDLLをコピーします。
  2. ダウンロードしたDLLファイルを右クリックして「全て展開」を選択し、展開先を指定して展開します。
  3. エクスプローラーで以下のディレクトリパスに、vcruntime140.dllをドラッグして追加もしくは置換します。
    • Windows10(64ビット)の場合: 「C:\Windows\System32」に64ビットのDLLを、「C:\Windows\SysWOW64」に32ビットのDLLをそれぞれコピーします。
    • Windows10(32ビット)の場合: 「C:\Windows\System32」に32ビットのDLLをコピーします。

以上の手順でvcruntime140.dllを追加もしくは置換できたら、PCを再起動してください。再起動後、アプリケーションを起動してエラーが解決したことを確認してください。

対処4: システムファイルチェッカーツールを実行する

Windowsのシステムファイルが破損していることが原因で、vcruntime140.dllが見つからないエラーが発生することがあります。

そのため、システムファイルチェッカーツールを使って診断と自動修復を実行することで、DLLのエラーが解決する可能性があります。

システムファイルチェッカーツールを実行するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を起動します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. PowerShellが起動したら、以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  4. 「検証が100%完了しました」と表示されたことを確認します。
  5. 続いて以下のコマンドを入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  6. 修復作業が完了したらWindows PowerShellを終了します。

システムファイルの修復が完了したらPCを再起動してから、vcruntime140.dllが見つからないエラーが解決したか確認してください。

対処5: アプリケーションを再インストールする

アプリケーション自体に不具合があることが原因で、vcruntime140.dllが見つからないエラーが発生するケースが考えられます。

特に特定のアプリケーションのみでエラーが発生する場合は、アプリケーションの不具合が考えられます。

上記の問題は、アプリケーションを一旦アンインストールして、最新バージョンを再インストールすることでエラーが解決する可能性があります。

アプリケーションを再インストールを試すには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリケーション一覧で、「エラーが発生するアプリケーション」を選択して「アンインストール」をクリックします。
  3. 確認ポップアップが表示されたら「アンインストール」をクリックします。
  4. ウィザードが表示されたら、案内に従ってアンインストールを完了します。
  5. アプリケーションの公式ページにアクセスして、最新のインストーラーをダウンロードします。
  6. インストーラーを実行して、案内に従ってインストールを完了してください。

アプリケーションの再インストールができたら、再度アプリケーションを起動してエラーが解決したか確認してください。

補足: アプリ特有の問題である場合は、アプリのサポートフォーラムやFAQページに具体的な原因や解決方法が記載されていることもあります。アプリの公式サイトやコミュニティサイトの情報も調べてみてください。

対処6: WindowsUpdateを実行する

Windowsのシステムの不具合が原因で、vcruntime140.dllが見つからないエラーが発生するケースが少なからず考えられます。

そのため、Windowsを最新のバージョンにアップデートすることでエラーが解決する可能性があります。

WindowsUpdateを実行してWindowsを最新のバージョンにアップデートするには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. Windowsが最新の状態になったことを確認します。
    • 「再起動」や「ダウンロード」のボタンが表示されている場合は、クリックして更新プログラムを適用してください。

Windowsを最新バージョンにアップデートできたら、アプリケーションを起動してエラーが解決したことを確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)