Windows10でアプリ・ソフト・ゲームが起動しない・できない時の対処

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10で起動するアプリケーションやソフトウェアには様々なものがありますが、アプリの種類や環境によっては起動できない・起動時にエラーが出るなどの問題が発生することがあります。

考えられる原因は多数ありますが、まずはアプリの動作条件や使い方など、基本的な部分の見直しから行うのがおすすめです。

今回は、Windows10でアプリ・ソフトが起動しない時の対処方法について紹介します。

対処1: アプリの動作条件を確認する

一部のアプリはアプリの実行ファイル本体以外にも、特定のソフトのインストールが必要なものがあります。

アプリ付属のReadMeファイルや、アプリ配布ページを調べ、動作環境に関する記載がないか確認してみてください。もし記載されていれば、該当ソフトの最新版をパソコンにインストールしてください。あわせてアプリの起動方法や使い方も確認しておきましょう。

対処2: Windowsをアップデートする

Windowsのバージョンを確認し、最新版になっていない場合は更新を行います。

Windowsのバージョン確認と更新の具体的な手順については、下記リンク先にあるMicrosoft公式のサポート情報が参考になります。

対処3: アプリを再インストールする

アプリを一旦アンインストールしてから再インストールしてみてください。

  1. アプリのアンインストール(削除)を行います。アンインストールの方法がわからない場合は、Microsoft公式サポートページの『Windows 10 でプログラムを修復または削除する』を開いて手順を確認してください。
  2. アプリの配布ページにアクセスし、アプリを再インストールします。この時、特別な理由がなければ現時点で最新のバージョンをインストールするようにしてください。
  3. 再インストールが完了したらアプリが起動するようになったか確認します。

Windowsの標準アプリを再インストールするには?

Windows標準アプリなど、上記の手順で再インストールできないものは次の手順で再インストールしてください。

  1. スタートボタンを右クリックし、メニューから「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。この時、ユーザーアカウント制御画面が表示されたら「はい」をクリックします。
  2. Windows PowerShellウィンドウが開いたら、そのまま画面に次の文字列を入力します。
    Get-AppXPackage -AllUsers | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
    • コマンドが長いため、入力ミスを防ぐためにもコピーアンドペーストをするのがおすすめです。コピーアンドペーストをするには上記の文字をすべてコピーした後、PowerShellウィンドウ上で右クリックします。
  3. 赤文字でエラーメッセージが表示されることがありますが、無視して問題ありません。処理が完了したらバツボタンをクリックしてPowerShellを終了してからパソコンを再起動します。

対処4: システムファイル修復ツールを使用する

アプリの再インストールやアップデートで解決できない場合、Windowsのシステムファイルが破損している可能性があります。

次の手順で「DISM」「システムファイルチェッカー」と呼ばれるツールを起動し、システムファイルの破損のチェックと、必要であれば修復を行います。

  1. スタートボタンを右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. Windows PowerShellウィンドウが開いたら、画面に次の文字列を入力し、エンターキーを押します。
    Dism.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
    • 文字はすべて半角で入力し、また「/」(スラッシュ記号)の前には半角スペースを入れるようにしてください。
  3. システムファイルチェックが開始されます。処理進行度表示が100%になり、「完了しました」の文字が表示されるまでしばらく待ちます。
  4. 上記コマンドの処理が完了したら、続いて次の文字列を入力し、エンターキーを押します。
    sfc /scannow

    こちらのコマンドも先程と同様、文字はすべて半角で入力し、スラッシュ記号の前には半角スペースを入れてください。
  5. 進行度表示が100%になり、「完了しました」と表示されるまでしばらく待ちます。
  6. これでシステムファイルの破損チェックと修復は完了です。PowerShellウィンドウ右上のバツボタンをクリックして画面を閉じます。

もしチェックを行った後、「修復できませんでした」というようなエラーメッセージが表示されてシステムファイルの修復に失敗する場合は、Microsoftのサポートの情報を参考に問題を解決してください。

対処5: Windowsを復元する

以前は問題なくアプリが起動できていたという場合や、Windows Updateなどをきっかけに問題が発生するようになった場合は「システムの復元」「Windows のバージョンを戻す」「Windowsの再インストール」などの方法が有効な場合があります。

各方法の詳しい手順については、以下リンク先にあるMicrosoft公式のサポート情報をご確認ください。

対処6: Windowsストアアプリ専用の修復ツールを使う

Windowsストアからインストールしたアプリが起動しない場合はこちらの方法もお試しください。

トラブルシューティングツールを使う

Windowsパソコンには最初からWindowsストアアプリの修復ツールが付属しています。必ずしも問題が解決できるわけではありませんが、1度試してみる価値はあるでしょう。

  1. 「スタート」ボタンをクリックします。メニューが開いたら歯車アイコン(設定)をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」画面が開きます。「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左側のリストにある「トラブルシューティング」をクリックします。
  4. 画面右側を下へスクロールし、「Windowsストアアプリ」の項目を探してクリックします。クリックするとメニューが展開されるので、「トラブルシューティングツールの実行」ボタンをクリックします。
  5. トラブルシューティングツールが起動します。診断と修復が終わるまでしばらく待ちます。

問題が見つかった場合は診断終了時に自動で修復されます。もし終了時に「修正できませんでした」というようなメッセージが出る場合は、表示されたエラーコードをウェブで検索して手動で解決する方法を探すか、その他の対処方法をお試しください。

Windowsストアのキャッシュを削除する

Windowsストアのキャッシュを削除しクリーンな状態にします。キャッシュ削除は専用のツールを使うことで簡単に行うことができます。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 表示されたテキスト入力欄にWSReset.exeと入力し、「OK」をクリックします。
  3. ツールが起動し、自動でキャッシュクリアが行われます。処理にはしばらく時間がかかるため、ウィンドウが自動で閉じるまでしばらく待ちます。

解決しない時は

  1. アプリ固有の不具合・バグの可能性もあります。該当アプリの専用ヘルプページや問い合わせ先が用意されている場合は活用してみると良いかもしれません。
  2. ウイルス対策ソフトなど、起動中の別のアプリの影響を受けてトラブルが発生することがあります。心当たりのあるアプリ・プログラムを停止させるか、セーフブートを試してみてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)