重大なエラー「Kernel-Power 41」の原因と対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

PCが強制終了したり、ブルースクリーンが発生した後でイベントビューアを確認すると「イベントID 41 Kernel Power」の重大なエラーが記録されているケースがあります。

このエラーはKP41病と呼ばれることもある有名なトラブルで、一度発生すると頻繁にパソコンがフリーズしたり、突然電源が落ちるようになるケースもあります。

本記事では、Windows10のPCで重大なエラー「Kernel-Power 41」が発生する原因と対処方法について紹介します。

重大なエラー「Kernel-Power 41」の原因

「Kernel-Power 41」の重大なエラーは、パソコンが正常にシャットダウンされず、強制的に電源が切れた時に記録されるエラーメッセージです。電源の強制終了以外でも、ブルースクリーンの発生後にも記録されるエラーです。

「Kernel-Power 41」のエラーが発生する原因としては、主に次のことが考えられます。

  • ハードディスクの省電力設定が有効になっている
  • 高速スタートアップが有効になっている
  • デバイスドライバーの互換性に問題がある
  • オーディオドライバーが重複している
  • セキュリティソフトに不具合がある
  • BIOSのバージョンが古く問題がある
  • ハードウェア(ハードディスク・グラフィックボード・メモリ)の接触不良
  • ハードウェア(ハードディスク・グラフィックボード・メモリ・マザーボード・電源ユニット)の故障

意図的に強制終了等の操作をしていないのであれば、電源関連に原因があるケースが多いです。

必ずしもハードウェアの故障が原因ではないため、まずは紹介する対処方法を順に試してエラーが解決できないか確認してみてください。

補足: ブルースクリーンが発生してPCが起動できない状態の場合は、セーフモードでPCを起動してから各対処方法を試してください。PCをセーフモードで起動する方法については、『Windows10 – セーフモード(セーフブート)の起動・解除方法』を参考にしてください。

対処1: ハードディスクの省電力機能を無効にする

Windowsには省電のためハードディスクを自動でスリープする機能があります。この機能が原因で「Kernel-Power 41」のエラーが引き起こされるケースがあります。

ハードディスクの省電力機能はデフォルトで有効になっているため、設定変更することでエラーが解決する可能性があります。

ハードディスクの省電力機能を無効化するには、次の手順で操作してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして、「システム」を選択します。
  2. ウィンドウ左のリストにて、「電源とスリープ」をクリックします。
  3. 「電源とスリープ」設定画面が表示されたら、「関連設定」の下にある「電源の追加設定」をクリックします。
  4. ウィンドウ右にある現在選択されている電源プランの「プラン設定の変更」をクリックします。
  5. 「詳細な電源設定の変更」をクリックします。
  6. 「電源オプション」ウィンドウが開いたら、中央のリストにて「ハードディスク」ツリーを展開します。
  7. 「設定(分)」を「なし」に変更します。入力欄右にある下向き矢印ボタンを何度か押し、「0」まで下げると「なし」に設定できます。
  8. 「適用」ボタンをクリックして電源設定を保存します。

以上でハードディスクの省電力機能を無効化することができます。設定ができたらアプリケーション等を起動して、「Kernel-Power 41」のエラーが出なくなったか確認してください。

対処2: 高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップの機能が原因で、電源周りやシステムに異常が起きて「Kernel-Power 41」のエラーが発生するケースがあります。

高速スタートアップは、Windowsの起動を早するための機能でデフォルトで有効になっています。

そのため、高速スタートアップを無効にすることでエラーが解決する可能性があります。設定は次の手順で行います。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「システム」を選択します。
  2. 「システム」をクリックします。「電源とスリープ」→「電源の追加設定」と進みます。
  3. 「電源プランの選択またはカスタマイズ」画面が表示されたら、左上にある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  4. 「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
    • 項目がグレーアウトしていて設定が変更できない場合は、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックするとグレーアウトを解除できます。
  5. 「変更の保存」ボタンをクリックして設定を保存します。

高速スタートアップが無効化できたら、PCを再起動して「Kernel-Power 41」のエラーが発生しなくなったか確認してください。

対処3: デバイスドライバーを最新に更新する

デバイスドライバーが古いまま更新されていないことが原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが発生することがあります。特にオーディオドライバーが原因となっているケースが多いです。

そのため、デバイスマネージャーを起動してデバイスドライバーのアップデートを試してみてください。デバイスドライバーをアップデートする手順は、次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーを展開します。
  3. 「オーディオドライバー名」を右クリックして「ドライバーの更新」を選択します。
  4. 「ドライバーを自動的に検索」をクリックします。
  5. 最新のドライバーがある場合は、自動でアップデートが実行されます。アップデートが完了したら「閉じる」をクリックします。
  6. 他のツリーを全て展開して、「エラーが発生しているドライバー」を同様の操作で全てアップデートします。
    • エラーが発生しているドライバーには「!」アイコンが表示されています。

オーディオドライバーが更新できた場合や、その他の問題の起きているドライバーを更新できたら場合は、「Kernel-Power 41」のエラーが発生しなくなったか確認してください。

全て最適なデバイスドライバーがインストールされていた場合は、次の対処方法を試してください。

対処4: 重複したオーディオドライバーを無効化する

複数のオーディオドライバーが有効になっていることが原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが引き起こされるケースがあります。

そのため、次の手順で有効になっているオーディオドライバーを確認して、複数ある場合は1つを無効にしてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「デバイスマネージャー」を選択します。
  2. 「サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー」のツリーを展開します。
  3. 展開したツリー内に複数のオーディオドライバーが表示されている場合は、不要な「オーディオドライバー名」を右クリックして「デバイスを無効にする」を選択します。
    • 使用するオーディオドライバーが1つだけ残して、他のドライバーを全て無効化してください。
    • 不要なオーディオドライバーが分からない場合は、「High Definition Audio デバイス」以外のドライバーを無効にしてみてください。
  4. 確認ダイアログが表示されたら「はい」をクリックします。

不要なオーディオドライバーを無効化できたら、「Kernel-Power 41」のエラーが解決したか確認します。

エラーが解決しない場合や、デバイスの無効化によってオーディオに問題が起きた場合は、「オーディオドライバー名」を右クリックして「デバイスを有効にする」を選択して設定を元に戻してください。

対処5: 不要なUSB周辺機器を取り外して起動する

不要なUSB周辺機器を取り外す

PCに接続しているUSBデバイスが原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、マウス・キーボード以外の不要なUSBデバイスを取り外すことで問題が解決する可能性があります。

複数のUSB周辺機器を接続している場合は、次の手順でUSBデバイスを取り外してPCを起動してください。

  1. 「Windowsマーク」→「電源マーク」の順にクリックします。
  2. 「Shift」キーを押しながら「シャットダウン」をクリックします。
  3. オプションの選択画面が開いたら、「PCの電源を切る」を選択します。
  4. 取り外せるUSBデバイスをすべて取り外します。
  5. 電源ボタンを押してPCを起動します。

PCが起動したら、その状態で「Kernel-Power 41」のエラーが発生しないか様子をみてください。エラーが発生しなくなった場合は、接続していたUSBデバイスに問題があることが考えられます。

対処6: セキュリティソフトをアンインストールする

PCにサードパーティ製のセキュリティソフトがインストールされていることが原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが発生するケースがあります。

そのため、サードパーティ製のセキュリティソフトを使用している場合は、一旦アンインストールした状態で「Kernel-Power 41」のエラーが解決しないか確認してください。

セキュリティソフトのアンインストール方法はソフトによって異なりますが、基本的に次の手順で操作します。

  1. タスクバー右側のインジケータで「セキュリティソフト」のアイコンを右クリックして機能を停止します。
    • 停止方法はセキュリティソフトによって異なるため、上記の手順で停止できない場合はマニュアルを参考にしてください。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  3. 右ペインのアプリ一覧で「セキュリティソフト名」を選択します。
  4. 「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  6. PCを再起動します。

PCが再起動すると、Windows標準のセキュリティ機能に切り替わります。この状態で、「Kernel-Power 41」のエラーが解決したか確認してください。

エラーが解決した場合は、セキュリティソフトに原因があることが考えられます。そのままWindowsセキュリティを使用するか、他のセキュリティソフトを検討してください。

対処7: BIOSをアップデートする

BIOSのバージョンが古く不具合があることが原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが発生することがあります。

そのため、BIOSをアップデートすることでエラーを解消できる可能性があります。

BIOSのアップデート手順はメーカーによって異なるため、パソコンのメーカーサイトを確認して、指定の方法でアップデートを行ってください。

BTOパソコン・自作パソコンの場合は、マザーボードのメーカーサイトを参考にしてBIOSのアップデートを行なってください。

対処8: PCを初期化する

ここまでの対処方法で、「Kernel-Power 41」のエラーが解決しない場合は、PCの初期化を検討してください。

PCの初期化を行う手順については、次のページを参考にしてください。初期化の「個人用ファイルを保持する」オプションを選択することで、ファイルを消さずに初期化することもできます。

メーカー製パソコンの場合は、初期化用のツールが用意されていることがあります。パソコン本体のマニュアルやメーカーのサポートページを調べ、初期化の手順が記載されていればそのとおりに初期化を行ってください。

PCの初期化が完了したら、「Kernel-Power 41」のエラーが再発しないか確認してください。

対処9: ハードウェアを再接続する

ハードウェアを再接続

PCの初期化でエラーが解決しない場合は、PCのハードディスク、グラフィックボード、メモリの接触不良によって「Kernel-Power 41」のエラーが発生していることが考えられます。

そのため、パソコンのケースを取り外し、内部のケーブルの再接続やメモリ・ハードディスク・グラフィックボードの再装着を試してみてください。

また、BTOパソコン・自作パソコンを使用している場合は、可能であれば増設したメモリやハードディスク、グラフィックボードを取り外して動作確認することをおすすめします。

対処10: ハードウェアを修理/交換する

特定のハードウェア(ハードディスク・グラフィックボード・メモリ・電源ユニット・マザーボード等)が故障している原因で、「Kernel-Power 41」のエラーが発生するケースがあります。

特定のハードウェアを接続するとエラーが発生する場合は、そのハードウェアが故障していることが考えられるため交換を検討してください。

メーカー保証を受けられる場合は、メーカーに診断と修理を依頼することをおすすめします。メーカーや自力での修理が難しい場合は、PCの修理業者に修理を依頼することを検討してください。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    パーツ交換が難しいタイプのパソコンや、全体的に老朽化しているパソコンの場合は買い替えも検討してください。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)