PCでGoogle Chromeが頻繁に応答なし/フリーズする時の対処法 – Windows10/Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Google Chromeでブラウジングをしていると突然「ページが応答していません」などの応答なしのエラーが出てフリーズが発生することがあります。

また、ChromeやPCを再起動すると一時的に改善できても、繰り返しフリーズが頻発するケースもあります。

今回は、PCでGoogle Chromeが頻繁にフリーズする原因と対処法について紹介します。対処方法は、Windows10とMacを想定しています。

Chromeが頻繁にフリーズして困っている場合は参考にしてみてください。

Chromeが頻繁にフリーズする原因

Google Chromeが頻繁にフリーズする場合、主に次のような原因が考えられます。

  • PCのメモリが不足している
  • Chromeにインストールされている拡張機能の不具合
  • ハードウェアアクセラレーション機能の不具合
  • キャッシュやCookieなどの一時ファイルに問題が起きている
  • Chromeの設定データやプロファイルに問題が起きている
  • PCのストレージ容量が不足している
  • Chromeの不具合
  • ウイルスやマルウェアに感染している

原因ごとの対処方法を紹介していくので、Chrome頻繁にフリーズしてブラウジングに支障が出ている場合は、対処法を順番に試してみてください。

対処1: タブを閉じる

Chromeで開いているタブの数が増えると、PCへのメモリ負担も増加するため、応答なしのフリーズが起きやすくなります。

そのため、大量のタブを開いている場合は、不要なタブを閉じてフリーズが改善しないか確認してください。

複数のタブを開くとフリーズが発生する場合は、単純にPCのスペック不足が考えられます。次のページの対処方法を参考にして動作が改善しないか確認してください。

対処2: PCを再起動する

ChromeやPCに一時的なトラブルが発生していると、Chromeがフリーズしたり頻繁に応答なしになるケースがあります。

そのため、まずはPCを再起動してからChromeを起動して問題が解決しないか確認してください。

再起動後にChromeでブラウジングし、改善されない場合は根本的なエラーが発生している可能性があります。その場合はこれから紹介するトラブルシューティングを順番に試しましょう。

対処3: Chromeの拡張機能をすべて無効化する

Chromeにインストールしている拡張機能が原因でChromeの動作が不安定になり、応答なしが頻発するケースがあります。

そのため、全ての拡張機能を無効化してフリーズが解決しないか確認してください。無効化する手順は次の通りです。

  1. Chromeの「メニューボタン(右上の3点アイコン)」をクリックします。
  2. 「その他のツール」を選択します。
  3. 「拡張機能」をクリックします。
  4. 拡張機能一覧が表示されたら、すべての拡張機能のスライダーをクリックしてを「オフ」にします。

拡張機能をオフにできたらChromeを再起動して、フリーズが発生しないか確認してください。この状態でフリーズが発生しない場合は、いずれかの拡張機能が問題であると判断できます。

問題が解決した場合は、再び拡張機能の設定画面を開いて、機能を1つずつオンに戻して問題のある拡張機能を判断してください。

原因になっている拡張機能は、代替えできる別の拡張機能を探すか削除を検討してください。

注意: シークレットウィンドウを使うことでも拡張機能を一時的にオフにすることができます。ただし、通常ウィンドウがフリーズするとシークレットウィンドウも同時にフリーズするケースがあるため、拡張機能の設定からオフにすることをおすすめします。

対処4: ハードウェアアクセラレーションを無効化する

Chromeにはハードウェアアクセラレーション機能が搭載されており、GPUを使ってページの描画を行うことで、高速に表示することができます。

ただし、このハードウェアアクセラレーション機能が原因で、Chromeの動作に問題起きてフリーズが発生するケースがあります。

そのため、次の手順で一度ハードウェアアクセラレーションを無効化してみてください。

  1. Chromeの「メニューボタン(右上の3点アイコン)」をクリックします。
  2. 「設定」を選択します。
  3. 下にスクロールして「詳細設定」をクリックして開きます。
  4. 「システム」欄にある「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のスライダをOFFにします。
  5. Chromeを再起動します。

再起動が完了するとハードウェアアクセラレーションが無効になります。Chromeのフリーズが改善したか確認してください。

対処5: ChromeのキャッシュデータとCookieを削除する

ChromeのキャッシュデータやCookieに問題があり、Chromeのフリーズが頻発するケースがあります。

そのため、以下の手順にしたがってChromeのキャッシュデータとCookieを一度クリアしてみてください。

  1. Chromeの「メニューボタン(右上の3点アイコン)」をクリックします。
  2. 「その他のツール」→「閲覧履歴を消去」の順に選択します。
  3. 期間で「全期間」を選択して、次の全ての項目にチェックを入れて「データを削除」をクリックします。
    • 「閲覧履歴」、「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」
    • 注意: Cookieを削除するとブラウザに保存しているアカウントのログイン情報もクリアされます。

以上で、ChromeのキャッシュデータとCookieを削除することができます。Chromeでフリーズが発生するかどうかを確認してください。

対処6: Chromeの設定をリセットする

Chromeの設定情報に問題が起きており、フリーズが頻発するケースがあります。

自身で設定の変更していない場合でも、拡張機能経由でマルウェアに感染して設定が書き換えられている場合があります。

そのため、次の手順でChromeの設定をリセットしてフリーズの問題が解決しないか確認してください。

  1. Chromeの「メニューボタン(右上の3点アイコン)」をクリックします。
  2. 「設定」を選択します。
  3. 設定タブが開いたら下にスクロールし、「詳細設定」をクリックします。
  4. 下までスクロールして「設定のリセット」を選択します。
  5. 警告ポップアップが出たら再度「リセット」をクリックします。

リセットが完了したらChromeを再起動して、フリーズが発生しないか確認してください。改善しない場合は次に進みましょう。

対処7: Chromeのユーザープロファイルをリセットする

Chromeのユーザープロファイルに問題が起きていることが原因で、フリーズが頻発するケースがあります。

そのため、ユーザープロファイルをリセットしてフリーズの問題が解決しないか確認してください。

Chromeのユーザープロファイルをリセットするには、それぞれ次の手順で操作します。

注意: プロファイルをリセットするとブックマークなどのChromeの設定情報が全て消えます。必要な設定がある場合は、Googleアカウントに同期しておくことをおすすめします。

Windowsの場合

  1. Chromeが起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. %localappdata%\Google」と入力して「OK」をクリックします。
  4. 「Chrome」フォルダを右クリックして「削除」します。

Macの場合

  1. Chromeが起動している場合は終了します。
  2. Finderの上部メニューで「移動」→「フォルダへ移動」を選択します。
  3. ~/Library/Application Support/Google/」と入力して「OK」をクリックします。
  4. 「Chrome」フォルダを右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択します。

以上で、Chromeのプロファイルデータをリセットすることができます。Chromeを起動してフリーズの問題が解決したか確認してください。

対処8: ストレージの空き容量を確認する

PCのストレージの空き容量が不足すると、Chromeのキャッシュデータの書き込み等に問題が起きて、動作が遅くなりフリーズが発生する原因になります。

そのため、ストレージの空き容量が十分にあるか確認してください。ストレージの空き容量は、次の手順で確認できます。

  • Windowsの場合: エクスプローラーの左ペインで「PC」を選択します。右ペインのデバイスとドライブに表示される「ローカルディスク(C:)」の空き容量を確認します。
  • Macの場合: 「Appleマーク」→「このMacについて」を選択します。「ストレージ」タブを開いて空き容量を確認します。

空き容量が10GB以上確保できていない場合は、ファイルなどを削除して空き容量を確保してください。空き容量を増やすには、次のような方法があります。

  • 不要な容量の大きいファイル(動画や画像)を削除する
  • ゴミ箱を空にする
  • 不要なアプリケーションをアンインストールする

空き容量が確保できたら、再度Chromeを再起動してフリーズの問題が解決したか確認してください。

対処9: Chromeを完全にアンインストールして再インストールする

ここまでの対処法を試しても直らない場合は、Chrome関連のファイルの一部が破損していたり、ブラウザ自体に不具合があることも考えられます。

そのため、Chromeを一旦アンインストールしてから最新バージョンを再度インストールしてみてください。

Chromeをアンインストールする場合は、同時にプロファイルデータの削除も行うことをおすすめします。

Chromeを完全にアンインストールしてから、再インストールする手順はそれぞれ次の通りです。

Windowsの場合

  1. Chromeが起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  3. 右ペインで「Google Chrome」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  4. ウィザードに従ってアンインストールを完了します。
  5. 『対処7: Chromeのユーザープロファイルをリセットする』の手順で、Chromeのプロファイルを削除します。
  6. 『GoogleChromeの公式ページ』から最新のインストーラーをダウンロードして、通常の手順でインストールします。

Macの場合

  1. Chromeが起動している場合は終了します。
  2. Finderで「アプリケーション」フォルダを開きます。/li>
  3. 「Google Chrome」を右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択します。
  4. 確認画面が出るので「Macのパスワード」を入力して「OK」をクリックします。
  5. 『対処7: Chromeのユーザープロファイルをリセットする』の手順で、Chromeのプロファイルを削除します。
  6. 『GoogleChromeの公式ページ』から最新のインストーラーをダウンロードして、通常の手順でインストールします。

対処10: セキュリティソフトでフルスキャンする

WindowsのPCの場合は、ウイルスやマルウェアの感染が原因で、Chromeが応答なしになったり、フリーズが発生するケースがあります。

そのため、一度セキュリティソフトでシステムをフルスキャンしてみることをおすすめします。

Windows標準のセキュリティ機能を使用している場合は、次のページを参考にウィルススキャンを行ってください。

サードパーティー製のセキュリティソフトの場合は、ソフトによってスキャンの手順が異なるため、使用しているセキュリティソフトのマニュアルで確認して実行してください。

ウイルスやマルウェアが検出されたら指示にしたがって駆除し、その後Chromeの動作状況を確認してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)