Microsoft Edgeが起動しない/開かない原因と対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Microsoft Edgeを起動しようとアイコンをクリックしても、なぜか反応がなく起動しないケースがあります。また、今まで正常に使えていたのに突然起動しなくなるケースがあります。

Edgeをメインブラウザとして利用している場合、起動できないと非常に不便なため対処が必要です。

今回は、Windows10でMicrosoft Edgeが起動しない/開かない場合の原因と対処法について紹介します。対処内容は、Chromium版と従来のUWP版の両方を想定しています。

Microsoft Edgeが起動しない原因

Microsoft Edgeが起動しない場合、主に次のような原因が考えられます。

  • Edgeもしくはシステムに一時的なエラーが発生している
  • インストールしているサードパーティーのアプリケーション・セキュリティソフトの干渉
  • アプリケーションや関連ファイルが破損している
  • EdgeもしくはWindowsの不具合
  • システムファイルの破損
  • ユーザープロファイルの破損

一時的なエラーも考えられるため、まずはプロセスの終了やPCの再起動などの簡単な対処を行なって、Edgeが起動しないか確認することをおすすめします。

Edgeが起動できない時の対処法を紹介していくので、順番に解決しないか試してみてください。

対処1: Edgeのプロセスを終了する

突然Edgeがクラッシュして起動しなくなった場合は、Edgeのプロセスに一時的な問題が起きて応答なしで停止していることが考えられます。

そのため、次の手順でEdgeのプロセスを完全に終了してから、正常に起動できないか確認してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「タスクマネージャー」を選択します。
  2. 「プロセス」タブを開いて、「アプリ」にツリーを展開します。
  3. 「Microsoft Edge」がある場合は、右クリックして「タスクの終了」を選択します。

以上の手順で、Edgeのプロセスを終了することができます。Edgeのプロセスを終了できた場合は、再度起動を試してみてください。

対処2: PCを再起動する

Windowsの一時的なシステムエラーが原因で、Edgeが起動できないケースが考えられます。

システムの一時的なエラーであれば、PCを再起動すれば直ることが多いので、一度PCを再起動してみてください。

再起動後にEdgeが起動する場合はエラーが再発しないか様子をみてください。再起動してもEdgeが起動しない場合は、次の対処に進んでください。

対処3: Edgeのキャッシュをクリアする

キャッシュデータに問題が起きていることが原因で、Edgeが正常に起動しないケースが考えられます。

そのため、Edgeのキャッシュをクリアすることで改善する可能性があります。

Edgeのキャッシュクリアはブラウザ上からできないため、次の手順でキャッシュフォルダを直接削除してください。

  1. Edgeが起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. 次のEdgeのキャッシュフォルダのパスを入力して「OK」をクリックします。どちらのEdgeか分からない場合は、両方のフォルダを開いてください。
    • Chromium版Edgeの場合:
      %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Edge\User Data\Default\Cache
    • 従来のUWP版Edgeの場合:
      %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\AC\MicrosoftEdge\Cache
  4. キャッシュフォルダ内に表示されているファイルを全て選択して右クリックして「削除」します。

キャッシュのクリアが完了したら、Edgeが正常に起動するか試してください。依然として起動しない場合は次の対処に進みます。

対処4: UserDefaultフォルダを削除する

Edgeのユーザーデータが破損していることが原因で、正常に起動しないケースがあります。

そのため、キャッシュの削除で解決しない場合は、UserDefaultフォルダの削除を試してみてください。ただし、お気に入りや保存したパスワードなどの情報が消える点に注意してください。

UserDefaultフォルダを削除するには、次の手順で操作します。

  1. Edgeが起動している場合は終了します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  3. UserDefaultフォルダのパスを入力して「OK」をクリックします。
    • Chromium版Edgeの場合:
      %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Edge\User Data\Default
    • 従来のUWP版Edgeの場合:
      %LOCALAPPDATA%\Packages\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe\AC\MicrosoftEdge\User\Default
  4. フォルダ内に表示されているファイルを全て選択して右クリックして「削除」します。

対処5: PCをクリーンブートする

クリーンブート

バックグラウンドで動作しているサードパーティのアプリケーションや関連サービスが原因で、Edgeが正常に起動できないことがあります。

そのため、PCを一度クリーンブートした状態で、Edgeが起動できないか確認してみてください。

PCをクリーンブートで起動する方法については、次のページを参考にしてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」のテキストボックスに「msconfig」と入力して「OK」をクリックします。
  3. 「スタートアップのオプションを選択」を選択して、「スタートアップの項目を読み込む」のチェックボックスを「オフ」にします。
  4. 「サービス」タブをクリックします。
  5. 「Microsoftのサービスをすべて隠す」のチェックを「オン」にします。
  6. 「すべて無効」をクリックします。
  7. 「適用」もしくは「OK」をクリックします。
  8. PCを再起動して、クリーンブートで起動します。

PCをクリーンブートで起動できたら、Edgeが正常に起動できるか確認してください。

正常に起動できる場合は、スタートアップに登録されているアプリケーションやバックグラウンドのサービスが原因だと判断できます。

原因として考えられるアプリケーションやサービスの起動を無効化するか、アンインストールを行なってください。

対処6: セキュリティソフトを一時的に無効化する

サードパーティのセキュリティソフトをインストールしている場合、セキュリティソフトの起動が影響してEdgeが正常に起動しないことがあります。

そのため、一度セキュリティソフトを無効にした状態で、Edgeを起動できないか確認してください。

無効状態で正常に起動する場合は、セキュリティソフトに原因があることが考えられます。

そのため、以下のディレクトリパスにあるEdgeのアプリケーションファイル(msedge.exe)をセキュリティソフトの除外設定に追加してください。

  • Chromium版Edgeの場合: (*ビットによって異なる)
    C:\Program Files\Microsoft\Edge\Application
    C:\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application
  • 従来のUWP版Edgeの場合:
    C:\Windows\SystemApps\Microsoft.MicrosoftEdge_8wekyb3d8bbwe

セキュリティソフトの停止方法や、除外設定をする方法については、セキュリティソフトによって異なるためマニュアルで確認してください。

対処7: Edgeを再インストールする

ここまでの対処方法を試してもEdgeが起動しない場合は、Edgeのアプリケーションや関連ファイルが破損していることが考えられます。

そのため、Edgeの再インストールを試してみてください。Edgeを再インストールする方法は、Chromium版とUWP版で異なります。

Chromium版Edgeの場合

  1. 「Windowsマーク」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「名前」欄に「C:\Program Files\Microsoft\Edge\Application\」と入力し、「OK」をクリックします。
  3. 表示されたフォルダの中にある「バージョン番号の記載されているフォルダ(「86.0.622.51」等)」を開きます。
  4. 「Installer」フォルダを「Shift」キーを押しながら右クリックして「PowerShellウィンドウをここで開く」を選択します。
  5. PowerShellウィンドウに次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    [code].\setup.exe -uninstall -system-level -verbose-logging -force-uninstall
  6. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  7. Chromium版のEdgeがアンインストールされます。PowerShellウィンドウを閉じます。
  8. 『新しいMicrosoft Edgeをダウンロード - Microsoft』のページにアクセスして、「ダウンロード」ボタンをクリックします。
  9. インストーラーを実行して、案内に従ってEdgeをインストールします。

従来のUWP版Edgeの場合

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックします。
  3. 次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    Get-AppXPackage |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*WindowsStore*"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}
  4. プロセスが完了するまで待って、ウィンドウを閉じます。

対処8: Windows Updateを実行して最新の状態にする

EdgeのアプリケーションやWindowsのシステムに何らかの不具合があることが原因で、正常に起動しないケースがあります。

上記の問題は、Windows Updateを実行して更新プログラムを適用することで問題が解決する可能性があります。

Windows Updateは、基本的に自動的に実行されますが、再起動などの処理が必要でアップデートが保留中になっている場合があります。

そのため、次の手順でWindows Updateを実行して、更新がある場合は適用してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 右ペインで「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  4. アップデートのチェックとインストールが開始します。
    • 「ダウンロード」や「再起動」ボタンが表示されている場合は、クリックして更新を適用してください。

Windowsが最新の状態にできたら、再度Edgeが起動できないか確認してください。

対処9: システムファイルチェッカーツールを実行する

Windowsのシステムファイルの破損が原因で、Edgeが正常に起動しないこともあります。

上記の問題は、システムファイルチェッカーツールを実行してシステムファイルを修復すると解決する可能性があります。そのため、次の手順でシステムファイルの修復を試してみてください。

  1. 「Windows + X」キーを押してアドバンスドメニューを開きます。
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」をクリックして起動します。
  3. 以下のコマンド入力してEnterキーで実行します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. 完了したら、続いて以下のコマンド入力してEnterキーで実行します。
    sfc /scannow
  5. 全てのプロセスが終了したら完了です。

システムファイルが修復できたら、Edgeを起動して動作状況を確認してください。起動しない場合は次の対処に進んでください。

対処10: グループポリシーでプロファイル操作を許可する

ローカルグループポリシーの設定で、特殊なプロファイル操作を許可すると正常に起動する可能性があります。

そのため、次の手順でローカルグループポリシーの設定を変更してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押し、ローカルグループポリシーエディタを起動します。
  3. 左ペインで次の順番にツリーを展開して、「アプリパッケージの展開」を選択します。
    • コンピュータの構成 > 管理用テンプレート > Windowsコンポーネント > アプリパッケージの展開
  4. 右ペインのポリシー一覧で「特殊なプロファイルでの展開操作を許可する」をダブルクリックします。
  5. 「有効」のオプションを選択して「OK」をクリックします。
  6. PCを再起動すると、ポリシー設定が反映されます。

PCが再起動したら、再度Edgeを起動して正常に動作するかどうかを確認してください。

対処11: 新しいユーザーアカウントを追加する

Windowsアカウントのユーザープロファイルが破損していることが原因で、Edgeが正常に起動しないケースがあります。

そのため、他のWindowsアカウントでサインインしてEdgeが起動できないか確認してください。

他のWindowsアカウントがない場合は、次の手順でローカルアカウントを追加してください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして、「設定」を選択します。
  2. 設定ウィンドウが開きます。「アカウント」を選択します。
  3. 左のリストにある「家族とその他のユーザー」をクリックします。
  4. 「その他のユーザーをこのPCに追加」を選択します。
  5. 「このユーザーのサインイン情報がありません」をクリックして、次のウィンドウの下部の「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」をクリックします。
  6. 「ユーザー名、パスワード、パスワードのヒント」をそれぞれ入力して「次へ」をクリックします。ユーザーが作成できます。
  7. 右ペインで「作成したユーザー名」を選択して「アカウントの種類を変更」をクリックします。
  8. 「アカウントの種類」を「管理者」に変更して「OK」をクリックします。

新しいアカウントが作成できたら、一旦サインアウトして新しいアカウントでサインインし直してください。

新しいアカウントでEdgeが正常に起動できる場合は、プロファイルに問題が起きていると判断できます。必要に応じて古いアカウントからファイルの移行を行なってください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)