ブルースクリーン: Kmode Exception Not Handledの原因と解決方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows10のPCを使用していると、突然Kmode Exception Not Handledのブルースクリーンのエラーが発生するケースがあります。

様々な要因が考えられるエラーですが、デバイスドライバーが原因で引き起こされる場合が多いです。他にもWindowsUpdateや物理メモリの破損が原因になるケースもあります。

本記事では、Windows10のパソコンで「Kmode Exception Not Handled」のブルースクリーンエラーが起きた時の原因と具体的な対処法について解説します。

Kmode Exception Not Handledの原因

Kmode Exception Not Handledのエラー画面からわかる情報は「カーネルモードプログラムが例外エラーを発生した」ということのみで、具体的な原因までは読み取ることができません。

しかし、実際には次のどれかが原因であるケースが多いです。

  • インストールされているドライバーに互換性の問題がある、破損している
  • ドライバーを使用するアプリケーションに問題がある
  • パソコンに接続しているUSBデバイスに問題が起きている
  • 物理メモリやハードディスクなどのハードウェアに問題がある
  • サードパーティのセキュリティソフトの機能が影響している
  • Windows Updateによる不具合
  • システムファイルの一部が破損している

ドライバーに問題が起きていることが原因でKmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースが多いです。

そのため、エラーが発生するドライバー名をインターネットなどで検索することで、原因の見当をつけやすくなります。

上記の原因の具体的な対処方法を紹介していくので、順にエラーが解決しないか確認してください。

対処1: エラーの原因のドライバーを特定する

Kmode Exception Not Handledのエラーの発生は、ブルースクリーンのエラーメッセージの近くにエラーと関連のあるドライバーやプログラム名(ntfs.sys、syntp.sys、netio.sys等)が表示されるケースが多いです。

そのため、ブルースクリーンのエラー画面を確認して原因のドライバーを特定してみてください。

ブルースクリーンの表示が一瞬で消えてしまう場合やドライバーが表示されない場合は、次のページを参考にして問題の起きているドライバーが特定できないか試してください。

原因のドライバーが特定できた場合は、次のドライバーの再インストールを試してください。原因がわからない場合は、以降の対処方法を順に試してください。

対処1: ドライバーを再インストールする

デバイスドライバーに問題が起きていることが原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースがあります。

そのため、デバイスマネージャを確認して、エラーの原因として疑われるドライバーがあれば該当ドライバーを再インストールしてみてください。

ドライバーの再インストールは、次の手順で行います。

  1. セーフモードでパソコンを起動します。
  2. 「Windowsマーク」を右クリックして、「デバイスマネージャー」を選択します。
  3. ツリーを展開して「問題のあるデバイスドライバー」を右クリックして、「デバイスのアンインストール」を選択します。
    • 『対処1: エラーの原因のドライバーを特定する』で、原因のドライバーが判明している場合は、そのドライバーをアンインストールしてください。
    • 問題のあるデバイスドライバーには、エラーアイコン(黄色のビックリマーク)が表示されます。
    • Kmode Exception Not Handledのエラーが発生する直前にインストールやアップデートしたドライバーがある場合は、そのドライバーのアンインストールも試してください。
  4. デバイスドライバーをアンインストールしたら、パソコンやデバイスのメーカーサイトから最新版のドライバーを入手し、インストールを行なってください。
  5. PCを再起動します。

デバイスドライバーの再インストールが完了したら、Kmode Exception Not Handledのエラーが解決したか検証してください。

対処2: ドライバーに関連するアプリケーションを削除する

エラーの発生しているドライバーに関連するアプリケーションが原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが引き起こされているケースがあります。

特にセーフモードの状態で、エラーが発生しない場合はドライバーを使用するアプリケーションが原因として考えられます。

そのため、問題のあるドライバーと関連するアプリケーションをインストールしている場合は、一度アンインストールしてみることをおすすめします。

アプリケーションをアンインストールするには、次の手順で操作します。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインで「問題のあるアプリケーション」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  3. ウィザードの案内に従ってアンインストールを完了します。

対処3: PCに接続しているデバイスを取り外す

PCに接続しているデバイスが破損していることが原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースがあります。

特にセーフモード中はエラーが発生せず、通常の起動を試すとエラーが再発する場合は、接続しているデバイスに原因があるケースが多いです。

そのため、パソコンに接続しているUSBデバイスを全て取り外した状態で起動してKmode Exception Not Handledのエラーが解決しないか確認してください。

また、増設したグラフィックボードのドライバーに問題が起きている場合は、グラフィックボードを一旦取り外してエラーが出ないか検証してください。

対処3: セキュリティソフトをアンインストールする

AvastやMcAfee、ESETなどののサードパーティのセキュリティソフトが原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースがあります。

そのため、パソコンにサードパーティのキュリティソフトがインストールしている場合は、一旦アンインストールして、エラーが改善するか確認してみてください。

セキュリティソフトのアンインストール手順は、『対処2: ドライバーに関連するアプリケーションを削除する』と同様です。

対処4: システムファイルチェッカーツールを実行する

Windowsのシステムファイルの破損が原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースが考えられます。

そのため、Windowsに標準搭載されているシステムファイルチェッカーツール等を使用して、システムファイルに異常がないか調べてみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックし、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが開いたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    sfc /scannow
  3. 「検証100%が完了しました」のメッセージが表示されたら、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。
    DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  4. DISMコマンドによる自動修復が開始します。ウィンドウに表示されているゲージが100%になったら、修復処理は完了です。

対処5: メモリ診断を実行する

Kmode Exception Not Handledのエラーは、PCの物理メモリの破損が原因で発生する場合があります。

そのため、メモリ診断ツールを実行してメモリが正常な状態か確認してみてください。

Windowsのメモリ診断ツールの詳しい実行手順については、次のページを参考にしてください。

メモリ診断の結果、問題が見つかった場合は物理メモリを交換を行なってください。複数の物理メモリがある場合は、1枚ずつ接続して問題のメモリを特定して交換を行なってください。

対処6: 高速スタートアップを無効化する

高速スタートアップ機能が原因でKmode Exception Not Handledのシステムトラブルが起きることが稀にあります。

そのため、次の手順で高速スタートアップを無効化し、問題が解消されるか試してみてください。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、「設定」を開きます。
  2. 「システム」→「電源とスリープ」と進み、「電源の追加設定」をクリックします。
  3. ウィンドウ左上にある「電源ボタンの動作を選択する」をクリックします。
  4. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
  5. 設定が変更できるようになるので、「シャットダウン設定」の下にある「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外します。
  6. 「変更の保存」ボタンをクリックして保存します。
  7. PCを再起動します。

対処7: BIOSをアップデートする

BIOSに不具合があることが原因で、Kmode Exception Not Handledのエラーが発生するケースがあります。

そのため、メーカーサイトから最新のアップデート用のインストーラーが提供されていないか確認して、アップデートを行ってみてください。

BIOSのアップデート方法は、パソコンのメーカーやマザーボードの種類によって異なります。メーカーサイト、もしくはパソコンのマニュアルを確認して、BIOSアップデートの手順やアップデートツールの入手方法が記載されていないか調べてみてください。

アップデートが配布されていない、あるいは既に最新版にアップデートされている場合は他の対処法を試してください。

対処8: Windows Updateをロールバックする

Windows Update直後にKmode Exception Not Handledのエラーが発生するようになった場合は、更新プログラムに不具合が含まれていることが考えられます。

Windows Updateが原因と思われる場合は、次の手順でWindows Updateのロールバックを試してみてください。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を開きます。
  2. 「更新とセキュリティ」→「回復」と進みます。
  3. 「前のバージョンのWindows10に戻す」の下にある「開始する」ボタンをクリックします。
  4. ビルドの復元の準備が始まります。「以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください」の画面が表示されたら、「マイアプリやデバイスがこのビルドで動作しない」等の理由を選択して「次へ」をクリックします。
  5. 「アップデートをチェックしますか?」の画面が表示されたら、「行わない」をクリックして次へ進みます。
  6. その後いくつか注意事項が表示されるので、内容を確認し、「以前のビルドに復元する」を実行します。

パソコンが起動しない場合は、回復環境を起動して、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「以前のビルドに戻す」からロールバックを実行することもできます。

Windowsの回復環境を起動する方法については、次のページを参考にしてください。

対処9: システムの復元を実行する

ここまでの対処方法でKmode Exception Not Handledのエラーが改善しない場合は、システムの復元を検討してください。

システムの復元ポイントが作成されていれば、システムの復元を実行してパソコンをエラーが発生する以前の状態に戻すことができます。

システムの復元を実行する手順については、次のページを参考にしてください。

パソコンが起動しない場合は、回復環境を起動し、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「システムの復元」を実行してください。

解決しない時は

上記の全ての方法で解決しないようであれば、修復できないシステムファイルの破損が発生しているか、ハードウェアの一部故障していることも考えられます。

まずは、パソコンの初期化やWindowsのクリーンインストールを検討してください。

初期化やクリーンインストールを行っても改善しない場合は、ハードウェア異常の可能性がありますので、メーカーまたは専門業者に診断・修理を依頼することをおすすめします。

自力で解決することが難しい場合:[Ad]
  • トラブルを自分で解決することが難しい場合は、サポートや修理業者への相談を検討して下さい。パソコンのサポート・修理は、全国対応している『ドクター・ホームネット』がおすすめです。宅配修理にも対応しています。

    コメントを残す

    *

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)