ウイルスバスターがアンインストールできない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ウイルス対策ソフトとして知名度の高い「ウイルスバスター」。会社・個人で利用している方は多いと思います。

そんなウイルスバスターですが、いざアンインストールしようとすると「アンインストールが中止されました」などのメッセージが表示され、正常にアンインストールできないケースがあります。

今回は、Windows10のパソコンでウイルスバスターがアンインストールできない時の対処法をご紹介いたします。

*本稿は Windows 10上で、「ウイルスバスタークラウド」がアンインストールできない時を想定したトラブルシューティングとなりますので予めご了承ください。

対処1: 常駐プログラムを停止する

アンインストール時に常駐プログラムがバックグラウンドで動作し、アンインストールが進まない場合、常駐プログラムを停止することでアンインストールが進む場合があります。

  1. 左下の [田] マークを右クリックし [ファイル名を指定して実行(R)] をクリックします。
  2. システム構成が起動しましたら、[サービス] タブをクリックします。
  3. 左下の [Microsoft のサービスをすべて隠す(H)] にチェックを入れます。
  4. 右下の [すべて無効(D)] をクリックします。
  5. [スタートアップ] タブをクリックします。
  6. [タスクマネージャーを開く] をクリックします。
  7. 起動しているプログラムを1つずつクリックし、右下の [無効にする(A)] をクリックします。
  8. すべて無効したら右上の [X] をクリックし、タスクマネージャーを閉じます。
  9. システム構成に戻りましたら右下の [適用] をクリック後、[OK] をクリックします。
  10. 再起動を促されますので、再起動します。
  11. 再起動後、左下の [田] マークをクリックし、歯車のマークをクリックします。
  12. [アプリ] をクリックします。
  13. 右ペインを下へスクロールし、[ウイルスバスタークラウド] をクリックします。
  14. [アンインストール] をクリックします。

対処2:新規ユーザー作成する

現在ログインしているユーザーアカウントのプロファイルが何らかの原因となりアンインストールできない場合、新規でユーザーを作成することでアンインストールが進む場合があります。

注2:アンインストールだけなのでローカル ユーザーの作成になります。

  1. 左下の [田] マークをクリックし、歯車のマークをクリックします。
  2. [アカウント] をクリックします。
  3. 左ペインの [家族とその他のユーザー] をクリックします。
  4. 右ペインの [その他のユーザーをこの PC に追加] をクリックします。
  5. [このユーザーのサインイン情報がありません] をクリックします。
  6. [Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する] をクリックします。
  7. 任意のユーザー名を入力します。例:test
  8. パスワードは何も入れず、右下の [次へ(N)] をクリックします。
  9. 作成したユーザーが [他のユーザー] 下部に表示されておりますので、作成したユーザーをクリックします。
  10. [アカウントの種類の変更] をクリックします。
  11. [アカウントの種類] のプルダウン メニューから [管理者] を選択し、[OK] をクリックします。
  12. [家族とその他のユーザー] 画面は右上の [X] をクリックし、閉じます。
  13. 左下の [田] マークをクリックし、現在サインインしているユーザーアイコンをクリックします。
  14. ユーザー アイコン上部に [サインアウト] が表示されておりますので、[サインアウト] をクリックします。
  15. 作成したユーザーをクリックします。
  16. パスワード設定してませんので [サインイン] をクリックします。
  17. 新規作成ユーザーですので、ユーザープロファイルが作成されるまで少し時間がかかります。
  18. 完了後、デスクトップ画面が表示されますので、左下の [田] マークをクリックします。
  19. 歯車のマークをクリックします。
  20. [アプリ] をクリックします。
  21. 右ペインを下へスクロールし、[ウイルスバスタークラウド] をクリックします。
  22. [アンインストール] をクリックします。

対処3: サポートツールで強制アンインストールする

通常のアンインストールができない場合、メーカー純正の強制アンインストールツールを実行することでアンインストールが成功する場合があります。

  1. 『ウイルスバスター クラウド アンインストールツール』のページへアクセスして、[アンインストールツール] をクリックします。
  2. [名前を付けて保存] 画面が表示されますので、左ペインの [デスクトップ] をクリックし、右下の [保存] をクリックします。
  3. デスクトップに保存した [VB2020_1600_win_jp_Tool_UninstallTool_hfb0001.exe] をクリックします。
  4. ユーザーアカウント制御が表示されましたら、[はい] をクリックします。
  5. [トレンドマイクロ サポートツール] が起動してきますので、[ソフトウェアのアンインストール(U)] をクリックします。
  6. 表示されている文字を [文字の入力:] 欄にそのまま入力し、[続行] をクリックします。
  7. [アンインストール] をクリックします。
  8. アンインストール完了後、再起動を促されますので、そのまま再起動します。

対処4:アンインストールツールで強制的にアンインストールする

Windowsのアンインストールを支援するツールを使うことで、ウイルスバスターを正常にアンインストールできるケースがあります。

フリーソフトのアンインストール支援ツールは、次の「GeekUninstaller」がおすすめです。

「GeekUninstaller」は、アンインストールできなくなったソフトウェアを削除する機能がありますので、上記を使用しアンインストールができないか試してみて下さい。

公式ではないソフトウェアを使用しての作業となりますので、ウイルスバスターのログイン情報などをバックアップしてからソフトウェアを実行することをおすすめします。

解決しない時は

ここまでの対処でウイルスバスターがアンインストールできない場合は、Windowsのクリーンインストールを検討下さい。

ただし、クリーンインストールは、PC内のデータが全て消えてしまうため最終的な手段となります。

Windowsのクリーンインストールを行う場合は、データのバックアップを確認してから行って下さい。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)