アンインストールできないAvira Antivirusを完全に削除する方法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Avira Free Antivirusは、無料で利用できるセキュリティソフトとして人気です。

しかし、Aviraをアンインストールしても一部のアプリが残ってしまったり、PC再起動後に勝手にインストールされてしまうケースがあります。

また、「アンインストールできません」のエラーが表示されて、アンインストールができないケースもあります。

今回は、Windows10でAvira Antivirusをアンインストールできない時の対処方法について詳しく紹介します。

Avira Antivirusをアンインストールできない原因

Avira Antivirusがアンインストールできない場合、主に次のような原因が考えられます。

  • ランチャーアプリ(Avira)を先にアンインストールしようとしている
  • Avira Antivirusのファイルが欠損している
  • Aviraの関連サービスが起動している
  • Aviraの関連プログラムが全てアンインストールできていない

上記の原因の中でも、アンインストールの順序に問題があり、アンインストールできないケースが多いです。

そのため、まずは紹介するAviraのアンインストール手順を試してみてください。解決しない場合は他の対処方法を順に試してください。

対処1: 正しい順序でアプリケーションをアンインストールする

Avira Antivirusは、アプリケーション本体とランチャーアプリ、関連アプリケーションで構成されています。

  • アプリケーション本体: Avira Antivirus
  • ランチャーアプリケーション: Avira
  • 関連アプリケーション: Ariva Phantom VPN、Avira Software Updater、Avira System Speedup、Avira Security

上記のAviraの全てのアプリケーションをアンインストールするには、先に関連アプリケーションとAvira Antivirusを削除してから、最後にランチャーアプリのAviraをアンインストールする必要があります。

アンインストールの具体的な手順は次の通りです。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  2. 右ペインのアプリ一覧で、先に次のAviraの関連アプリケーションをアンインストールします。アプリを選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
    • Ariva Phantom VPN
    • Avira Software Updater
    • Avira System Speedup
    • Avira Security
    • Opera(*Aviraインストール時に自動でインストールされるため、不要な場合は一緒に削除して下さい。)
  3. 確認画面が出たら「はい」をクリックして、関連アプリのアンインストールを全て完了させます。
  4. 右ペインのアプリ一覧で「Avira Antivirus」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  5. 再起動の確認が表示されたら「はい」をクリックしてPCを再起動します。
  6. 再度「Windowsマーク」を右クリックして「アプリと機能」を選択します。
  7. アプリ一覧で「Avira」を選択して「アンインストール」→「アンインストール」の順にクリックします。
  8. ウィザードが表示されたら「アンインストール」をクリックしてアンインストールを行います。

以上の手順で、Avira Antivirusとその他のアプリケーションを全てアンインストールすることができます。

対処2: 上書きインストールしてからアンインストールする

『対処1: 正しい順序でアプリケーションをアンインストールする』の手順でアンインストールできない場合は、Avira Antivirusの一部のファイルが欠損していることが考えられます。

そのため、Avira Antivirusを一度上書きインストールすることで、正常にアンインストールできる可能性があります。特にアンインストール中にエラーが発生して処理が止まってしまう場合に有効な方法です。

Aviraを上書きインストールしてからアンインストールするには、次の手順で操作してください。

  1. 『Avira Antivirusの公式サイト』にアクセスします。
  2. 「無料ダウンロード」のボタンをクリックしてWindows用Avira Free Antivirusのインストーラーをダウンロードします。
  3. ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックして実行します。
  4. セットアップウィザードにしたがってインストールを進めます。
    • スマートスキャンの画面が表示されたら「後で通知」をクリックしてください。
  5. インストールが完了したらPCを再起動します。
  6. PCが再起動できたら、『対処1: 正しい順序でアプリケーションをアンインストールする』と同様の手順でAvira Antivirusをアンインストールします。

上書きインストールを行ってもアンインストールできない場合や、再起動後に何故かAvira Antivirusが復活している場合は次の対処法を参考にしてください。

対処3: Aviraのサービスを停止した状態でアンインストールする

Aviraの関連サービスがバックグラウンドで起動していることが原因で、アンインストールが失敗したり、エラーが出る場合があります。

そのため、Aviraの関連サービスを全て停止した状態で、アプリケーションのアンインストールを行ってください。具体的には、次の2通りの方法があります。

方法1: セーフモードで起動してアンインストールする

セーフモードで起動することで、Aviraの全てのプロセスを完全に停止した状態でアンインストールを行うことができます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「設定」を選択します。
  2. Windowsの設定で「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左メニューで「回復」をクリックします。
  4. 「PCの起動をカスタマイズする」にある「今すぐ再起動」のボタンをクリックします。
  5. オプションの選択画面で、「トラブルシューティング」を選択します。
  6. 「詳細オプション」→「スタートアップ設定」を選択して、「再起動」のボタンをクリックします。
  7. スタートアップ設定の画面で、「4」キーを押して「セーフモードを有効にする」を選択します。
  8. PCがセーフモードで起動します。

PCをセーフモードで起動できたら、『対処1: 正しい順序でアプリケーションをアンインストールする』と同様の手順でアンインストールを行ってください。

方法2: 関連サービスを停止してからアンインストールする

Aviraの関連サービスを手動で停止してからアンインストールすることもできます。

  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「コンピューターの構成」を選択します。
  2. 左ペインで「サービスとアプリケーション」のツリーを展開して「サービス」を選択します。
  3. 次のAviraの関連サービスをダブルクリックしてプロパティを開きます。
    • Avira Mail Protection
    • Avira Real-Time Protection
    • Avira Service Host
    • Avira Web Protection
    • Aviraスケジューラ
    • Avira保護サービス
  4. 「スタートアップの種類」を「無効」に変更して「OK」をクリックします。
  5. 全ての関連サービスの設定を変更できたら、PCを再起動します。

以上の手順でAviraの関連サービスが停止することができます。『対処1: 正しい順序でアプリケーションをアンインストールする』と同様の手順でアンインストールを行ってください。

対処4: 不要なファイル・拡張機能・レジストリを全て削除する

Aviraのアプリケーションをアンインストールができれば、今後Aviraが勝手に起動することはありません。

しかし、Aviraのアプリケーションを全てアンインストールしても、不要なファイルやレジストリ、ブラウザの拡張機能が残っている場合があります。

全てのAvira関連のデータを完全に削除したい場合は、次の方法を試してください。

方法1: Aviraのインストールフォルダを削除する

インストールフォルダにAviraのデータが残っている場合は、次の手順で削除することができます。

  1. エクスプローラーでProgram Filesフォルダを開きます。
    C:\Program Files
  2. 「Ariva」のフォルダを右クリックして「削除」を選択します。
    • 「Ariva」のフォルダがない場合は、C:\Program Files (x86)内にないか確認してください。

方法2: Aviraの拡張機能を削除する

Aviraをアンインストールしても、ブラウザにAviraの拡張機能が残っているケースがあります。

Aviraの拡張機能を削除するには、次の手順で操作します。

  • Chromeの場合: 右上の「3点アイコン」→「その他のツール」→「拡張機能」を選択して、Arivaの拡張機能の「削除」ボタンをクリックします。
  • Edgeの場合: 右上の「3点アイコン」→「拡張機能」を選択して、Arivaの拡張機能の「削除」をクリックします。
  • Firefoxの場合: 右上の「3本線アイコン」→「アドオン」を選択して、Arivaの拡張機能の「3点アイコン」→「削除」をクリックします。

方法3: Avira関連のレジストリを手動で削除する

Aviraのアプリケーションをアンインストールしても、レジストリにAviraのキーが残っている場合があります。

基本的にはレジストリが残っていても問題はありませんが、不要なレジストリを残したくない場合は次の手順で削除してください。

注意: レジストリの編集はWindowsの動作に影響が出る場合があるため推奨しません。編集する場合は、事前にバックアップを取ってから慎重に行ってください。
  1. 「Windowsマーク」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開きます。
  2. 「regedit」と入力して「OK」をクリックして、レジストリエディタを起動します。
  3. 上部メニューの「編集」→「検索」を選択して検索バーを開きます。
  4. 「Avira」と入力して「次を検索」をクリックします。
  5. 検索でヒットしたレジストリキーを削除します。
    • 次のような「Avira」が含まれるキー名がヒットした場合は、左ペインのツリーのフォルダを右クリックして「削除」を選択します。
      • Ariva
      • ariva.com
      • spotlight.my.ariva.com
    • 「ariva」が含まれる値がヒットした場合は、右ペインで値を右クリックして「削除」を選択します。
  6. 削除ができたら、上部メニューの「編集」→「次を検索」を押して次のレジストリキーを検索します。
  7. ヒットするAvira関連のレジストリがなくなるまで削除の操作を繰り返します。

レジストリの編集が完了したらPCを再起動してください。

以上で、Avira Antivirusと全ての関連データを完全にアンインストールすることができます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)