macOSでGoogleChromeが重い・遅い時の対処法【Helperが大量】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

MacでGoogle Chromeを使ってブラウジングをしていると「ページの表示や読み込みが遅い」「突然動作が重くなった」という現象が発生することがあります。

ブラウジングしていると、突然このような現象が発生して困るかもしれません。

この記事では、macOSでChromeが重い時の対処法を紹介します。対処法がわからずに困っている人は、ぜひ参考にしてください。

Windows10のGoogleChromeの動作が遅い場合は、次のページを参考にして下さい。

Google Chromeのプロセスの確認方法

Chromeが重くなった場合は、アクティビティモニタをチェックすることをオススメします。

Finderを起動して「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダから「アクティビティモニタ」を起動してください。

アクティビティモニタが起動したら名前が「GoogleChrome」と「Google Chrome Helper」というプロセスを探しましょう。

「Google Chrome Helper」が多数表示されており、MacのCPUやメモリのリソースを占有している場合は、Chromeが原因でMacが重くなっていることが確認できます。

MacでChromeが重い・遅い時の原因

  • タブを開きすぎている
  • Chromeに一時的なエラーが発生している
  • ハードウェアアクセラレーションがオンになっている
  • インストールしている拡張機能が多い
  • 使用量に対して搭載しているメモリの容量が足りない
  • Webサイト側に何らかの問題が発生している

タブの開きすぎや拡張機能のインストールしすぎなど、使用方法に問題がある場合もあれば、Webサイト側に問題があることもあります。そのため、まずはどこに問題があるかを判断して適切に対処しなければなりません。

特定のタブの動作のみが重く、その他のタブで開いているサイトは正常に表示されている場合は、Webサイト側に問題があることが考えられます。逆にどのタブも重くて正常に表示されない場合は、ChromeやPCの問題と判断できます。

続いてChromeが重い場合の対処法を順に紹介していきます。

対処1: 余計なタブを閉じる

Chromeでタブをたくさん開いていると、必要以上にCPUやメモリを専有していることがあります。

そのため、余計なタブをたくさん開いている場合は必要なものだけを残してほかのタブを閉じましょう。

余計なタブを閉じたら動作状況が改善された場合、タブの開きすぎによるCPUやメモリの占有が原因であると考えられます。ブラウジングする際は、タブを開きすぎないよう注意して下さい。

対処2: Chromeを再起動する

開いているタブを減らしてもChromeの動作が重い場合は、プログラムの一時的なエラーが原因になっていることがあります。

Chromeを一度完全に終了させてから再起動してみましょう。次の手順で操作します。

  1. GoogleChromeの上部メニューで「Chrome」→「Google Chromeを終了」をクリックします。
  2. 再度GoogleChromeを起動します。

再起動後に動作が軽くなった場合は、何らかの一時的なエラーが発生していたと考えられます。

再起動後もChromeの動作が重い場合は他の原因が考えられるので、次の対処法を試してください。

対処3: ハードウェアアクセラレーションをオフにする

Chromeでは、ハードウェアアクセラレーションがデフォルトでオンになっています。

ハードウェアアクセラレーションは、GPUに処理を手伝わせることで本来はブラウジングが快適になる機能です。

しかしMacの環境で、この機能が原因でChromeの表示速度が乏しく遅くなる現象がGoogleChromeヘルプのコミュニティに報告されています。

次の手順で、Chromeのハードウェアアクセラレーションをオフにしてみて下さい。

  1. Chromeを起動して右上の「3点マーク」→「設定」をクリックします。
  2. 左ペインで「詳細設定」→「システム」の順にクリックします。
  3. 「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のスイッチを「オフ」にして「再起動」をクリックします。

Chromeが再起動したら動作が改善していないか確認して下さい。

*動作が改善しない場合は、ハードウェアアクセラレーションを再度オンに戻してください。

対処4: 不要な拡張機能をアンインストールする

Google Play Helperが大量に表示されている場合、インストールされている拡張機能が多いことが原因である可能性が高いと考えられます。

インストールしている拡張機能が多いと、Chromeが重くなる原因になります。

ほとんど使っていない拡張機能があれば、次の手順でアンインストールしましょう。

  1. Chromeの右上の「メニューアイコン(3点マーク)」をクリックします。
  2. 「その他のツール」→「拡張機能」の順に開きます。
  3. 不要な拡張機能の「削除」をクリックしてアンインストールします。

対処5: TabMemFreeを利用する

ChromeにはTabMemFreeという拡張機能があり、これを利用するとアクティブになっていないタブに割り当てられているタブを自動で開放してくれます。どうしてもたくさんのタブを開いてしまいがちな人にオススメです。

TabMemFreeを利用する場合は、ほかの拡張機能と同様にChrome Web Storeからインストールできます。インストールする場合は、次の手順で操作します。

  1. 『Chrome Web Store』を開きましょう。
  2. Chrome Web Storeを開いたら、左上にある検索ウィンドウに「TabMemFree」と入力して検索してください。
  3. 検索すると拡張機能がヒットするので、Chromeに追加をクリックしてインストールします。インストールが完了したら設定に進みます。
  4. インストールが完了すると、Chromeのメニューバー(右上のアイコンが並んでいるエリア)にTabMemFreeのアイコンが表示されます。まずはこのアイコンをクリックしてください。
  5. 次に「オプション」をクリックします。
  6. オプションをクリックすると設定画面が表示されます。ノンアクティブのタブのメモリを開放する時間を設定します。
    • 20分に設定した場合、20分間ノンアクティブ状態が継続したタブのメモリが開放される仕組みです。利用状況に応じて適切な時間を設定してください。

Chromeを使うとメモリが占有されて重くなってしまい、毎回対処するのが面倒な場合は、紹介したような拡張機能を使うと便利です。

対処6: 通信状況を確認する

Chromeに問題はなく、Macの通信速度に問題があることも考えられます。

Macのインターネット速度を確認して、問題がある場合は改善できないか対処を行って下さい。

MacでWi-Fiが遅い場合の対処方法は次のページで詳しく解説しています。合わせて参考にしてください。

対処7: Chromeを再インストールする

Chromeの動作が重い場合、Chromeの設定データに異常があることも考えられます。

特にメジャーバージョンのMacへのアップデートを行った後にChromeの動作が不安定になった場合は、Chromeを再インストールすることをおすすめします。

再インストールするとChromeの設定情報やブックマーク、履歴情報がすべて消えてしまいます。事前にGoogleアカウントに同期してバックアップを取っておきましょう。

MacでChromeを再インストールするには、次の手順で行って下さい。

  1. Chromeが起動している場合は完全に終了します。
    • GoogleChromeの上部メニューで「Chrome」→「Google Chromeを終了」をクリックします。
  2. Finderで「アプリケーション」フォルダを開いて「GoogleChrome」を右クリック→「ゴミ箱に入れる」を選択します。
  3. Finderのメニューで「移動」→「フォルダへ移動」を選択します。
  4. 次のパスを入力して「移動」をクリックします。
    ~/Library/Application Support/Google
  5. 「Chrome」フォルダを右クリックして「ゴミ箱に入れる」を選択します。以上でChromeのアンインストールは完了です。
  6. 『Google Chrome』の公式ページにアクセスしてインストーラーをダウンロードして、再度インストールします。

再インストールができたら、Chromeを再度起動して動作が改善しないか確認します。

解決しない場合は

ここまでの対処方法で解決しない場合は、Macの性能不足が原因として考えられます。

特にメモリが不足していると、Chromeで複数のタブを開くと極端にスピードが落ちます。

古いMacを使用している場合は、最低でも8GB以上のメモリを搭載したMacの購入を検討してみて下さい。

その他の環境でChromeが重い場合は、次のページを参考にしてください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)