Mac – Wi-Fi接続中のインターネット回線速度が遅い時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

スマートフォンやWindows PCは問題なくWi-Fi接続の速度が出ているにもかかわらず、MacbookやiMacだけWi-Fi速度が遅い時があります。

MacのWi-Fi機能が故障しているケースも少なからずありますが、環境や設定変更などのトラブルシューティングすることによって解決する場合もあります。

今回は、MacでWi-Fi接続中のインターネット回線速度が遅い時の対処法について紹介します。

Google速度テストを実行する

Mac側の原因なのか、通信側の原因なのかを切り分けるために、Google速度テストを実行します。

Macを再起動する

安定性が有名なMac OSですが、使っているうちに調子が悪くなることもあります。

Mac OSの一時的な問題の可能性があるため、Macを再起動して問題が解決するか確認します。

  1. 画面左上のリンゴのマークのアップルメニューをクリックします。
  2. 一覧から「再起動」をクリックします。

ルータ―のトラブルシューティングを実行する

ルータ―の設置場所や、一時的トラブルが起きている場合、一部の端末の速度が遅くなる可能性があります。

ルータ―のトラブルシューティングを実行し、問題が解決するか確認します。

アクセスポイント(SSID)が適切か確認する

AppleではMacのWi-FiはWPA2認証のものを使うことが推奨されており、他の認証方式では速度が遅くなる可能性があると明記しています。

またMacは標準でIEEE802.11acに対応しています。ここ数年で販売されているルーターはIEEE802.11acをサポートしていることがほとんどなので、WPA2認証で保護されたIEEE802.11acのアクセスポイント(SSID)に接続して問題が解決するか確認します。

Macを最新バージョンにアップデートする

Macは大型アップデートと通常アップデートと二種類のアップデートがあります。

いずれもセキュリティ対策が強化されたり不具合を修正したりしますが、これによりWi-Fiの速度が改善する可能性もあります。

Macのバージョンを最新にしてみて問題が改善するか確認します。

ネットワーク環境を新規作成する

既存のネットワーク環境に問題がある可能性があります。ネットワーク環境を新規作成し、それを使うことにより問題が改善するか確認します。

  1. システム環境設定を開き、「ネットワーク」をクリックします。
  2. ネットワーク環境の右側にあるプルダウンをクリックし、「ネットワーク環境を編集」をクリックします。
  3. 「+」ボタンをクリックして任意の名前を付けます。
  4. 「完了」をクリックします。
  5. ネットワーク環境の名前が、3で付けた名前に変更されていることを確認して「適用」をクリックします。
  6. Macを再起動して、問題が改善しているか確認します。

GoogleのパブリックDNSを試す

DNSとはドメイン名とIPアドレスとを関連付けて管理するサーバーです。DNSが正常に動作していない場合、URLをアドレスバーに入力してもアクセスすることができません。

DNSの動作が遅ければ、コンピューターにURL情報が来るのも遅くなるので、結果的にWi-Fiが遅くなるように感じます。

GoogleはこのDNSを無料で公開しており、自由に使うことが可能です。GoogleのパブリックDNSを設定してみて動作が改善するか確認します。

  1. システム環境設定を開き、「ネットワーク」をクリックします。
  2. 「詳細」をクリックします。
  3. 上部に表示されるタブの中から「DNS」をクリックします。
  4. 左下のほうにある「+」ボタンをクリックします。
  5. DNSサーバが8.8.8.8と8.8.4.4になるように入力します。
  6. 「OK」ボタンをクリックします。
  7. Macを再起動して、問題が改善しているか確認します。

IPv6の設定をリンクローカルに変更する

IPv6とは通信プロトコルの一種で、インターネットに接続するときに使われます。

IPアドレス枯渇問題を解決するための次世代の規格ではありますが、まだまだ対応していないインターネットサービスプロバイダ(ISP)などもあり、完全に移行はできていません。

現在はIPv4が主流で使われているため、他の通信プロトコルが混在するのはWi-Fi速度が遅くなる原因になりかねません。

MacはIPv4にもIPv6にも対応しているため、IPv6の設定をリンクローカルのみに設定することで問題が解決する可能性があります。

  1. システム環境設定を開き、「ネットワーク」クリックします。
  2. 「詳細」をクリックします。
  3. 上部に表示されるタブの中から「TCP/IP」をクリックします。
  4. IPv6の設定を「リンクローカル」に変更します。
  5. 「OK」をクリックします。
  6. Macを再起動して、問題が改善しているか確認します。

Safariの履歴を削除する

インターネットのWebページを見るために必要なWebブラウザーですが、Macでは標準でSafariがインストールされています。

このSafariの履歴が膨大になっていたり、履歴のファイルが破損している場合、Webページの閲覧に影響が出ることがあります。

Safariの履歴を削除して問題が改善しているか確認します。

※画面上部でMac OSのバージョンを選択してください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)