Windows10 PCが勝手に再起動・シャットダウンする時の対処法【2020】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10搭載PCを使用していると「特に操作していないのに突然PCがシャットダウンした・再起動した」という現象に見舞われることがあるかもしれません。この現象が発生すると、作業中のファイルが失われることがあるのでできる限り避けたいものです。

そこで、この記事ではWindows10のPCが勝手に再起動したりシャットダウンしたりする原因と対処法について詳しく紹介していきます。

シャットダウンの処理がなく、PCの電源が直接落ちてしまう場合は次のページを参考にして下さい。

PCが勝手に再起動・シャットダウンする原因

最初にPCが勝手に再起動したり、シャットダウンしたりする原因を紹介します。よくある原因は以下の通りです。

  • Windows Updateが自動で実行された
  • システムの不具合
  • 外部機器及びインストール済みソフトウェアの問題
  • ディスプレイドライバーに問題が起きている
  • 熱暴走および帯電

こうしてチェックしてみると、一言で「PCが勝手に再起動・シャットダウンする」といってもその原因は多岐にわたることがわかります。

したがって、問題を解決するためには何が原因で再起動やシャットダウンが起きているかを1つずつチェックしなければなりません。

これから具体的な対処法を紹介するので、順に試して問題が解決できないか検証して下さい。

対処1: Windows Updateの設定を変更する

PCが勝手に再起動する場合、よくあるのがWindows Updateが自動で実行されたというものです。シャットダウン時に「Windows更新プログラムの構成中」と表示される場合は高確率でWindows Updateが原因です。

もし、勝手にWindows Updateが実行されて困っている場合は、以下の手順で手動で更新するまで自動更新されないように設定できるので、こちらもあわせてチェックしてみてください。

  1. 「Windows PowerShell」をAdministrator権限で起動します
  2. 次のコマンドを入力して実行します。
    reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d "1" /t REG_DWORD /f
  3. 「Windows PowerShell」を閉じます。
  4. キーボードで「Windows」キー+「R」キーを同時に押して検索ウィンドウを表示します。
    • 上記の手順以外に「スタート」を右クリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックして起動することもできます。
  5. 検索ウィンドウに「services.msc」と入力し「OK」をクリックします。
  6. 「Windows Update」をダブルクリックします。
  7. スタートアップの種類を「手動」に変更します。
  8. 「OK」をクリックして設定完了です。

上記の設定を行うと、Windows Updateを手動で行わない限り勝手に実行されることはなくなります。

ただし、上記の手順で自動が無効にできない場合もあります。Windows Updateの自動更新を無効にするより詳しい手順については、次のページを合わせて参考にして下さい。

対処2: システムの復元を利用して正常に動作していたときの状態に戻す

システムに何らかの不具合が発生している可能性が高い場合は正常に起動していた状況に戻すのがオススメです。システムの復元をする前には重要なデータをバックアップしておくことをオススメします。

また、システムの復元を利用するためにはあらかじめ復元ポイントを作成している必要があるので注意しましょう。復元ポイントの作成及びシステムを復元する具体的な手順については下記のリンクを参照してください。

対処3: セーフモードで起動してチェックする

インストールしているソフトウェアやハードウェアのドライバが干渉してWindowsが勝手に再起動することもあります。ハードウェアを交換した途端に再起動が頻発した場合などは、セーフモードで起動してチェックしてみましょう。

セーフモードで起動する方法についてはこちらを参照してください。

セーフモードで起動すると、読み込まれるファイルやドライバが制限されるので問題が発生しにくくなります。この状況で強制再起動やシャットダウンが発生しない場合はソフトウェアやドライバの問題の可能性が高くなります。

最近増設したハードウェアやインストールしたドライバなどが原因になっている可能性が高いので、1つずつ取り外したりアンインストールしたりしながらチェックしていきましょう。

対処4: 最後にインストールしたソフトウェアをアンインストールする

特定のソフトウェアをインストールした後に強制再起動やシャットダウンが発生するようになった場合はそのソフトウェアが問題であると判断できるでしょう。

この場合は最後にインストールしたソフトウェアをアンインストールして強制再起動やシャットダウンが発生しないかチェックしてみてください。

対処5: ディスプレイドライバーの問題を解決する

ディスプレイドライバーの応答が一定時間なくなることが原因で、PCが勝手に再起動するケースがあります。

上記の問題が起きた場合は、PCの再起動後にアクションセンターの通知に「ディスプレイドライバーの応答停止と回復」のエラーメッセージが表示されます。

ディスプレイドライバーの応答停止エラーが出ている場合は、次のページの対処方法を参考にして下さい。

対処6: PC内の温度をモニタリングする

PC内の熱暴走が原因になっている場合もあります。特にCPUクーラーが緩んでいたり、クーラントが蒸発していたりしてCPUが過熱していることが多いのでチェックしてみましょう。

通常、熱暴走の場合はシャットダウン前に警告が出ますが見落としていることもあります。

上記の場合は『Core Temp』などのモニタリングソフトをインストールして温度変化をチェックしてみて下さい。

温度が異常な場合

異常な温度を示していたら熱暴走を疑ってください。PC内のファンに埃が溜まると冷却性能が落ち、熱暴走の原因になることが多いです。

CPUの熱暴走であることが判明したら、CPUクーラーの掃除、取り付け直しや交換を検討してください。

場合によってはGPUの熱暴走の可能性があります。モニタリングソフトでチェックした結果、GPUが熱暴走している可能性が高い場合は、GPUファンの掃除を行って下さい。

それでも直らない場合は、グラフィックボードを作っているメーカーに修理を依頼するか、グラフィックボード自体を交換しましょう。

対処7: PCを放電させる

PCが長期間電源に繋ぎっぱなしになっている場合は、帯電していること原因で突然OSが終了してしまうケースがあります。

PCの電源プラグを抜いた状態で電源ボタンを数回押し、その後数分放置して放電させてみてください。

帯電が原因の場合はこれだけで正常に稼働するようになるでしょう。

対処8: Windows10の再インストールをする

Windows10のシステムファイルが破損しており、予期せぬエラーが発生してPCが突然再起動やシャットダウンをしてしまうケースがあります。

Windowsのシステムファイルの破損は簡単に修復することができません。また、修正したつもりでも根本的には直っておらず、一時しのぎにしかならない場合もあります。

そのため、ここまでの対処方法で解決しない場合は、Windowsの再インストールを検討して下さい。

*再インストールする前には大切なデータをバックアップするようにしましょう。特にCドライブに保存されているデータは全て消えるので注意してください。

再インストールの具体的な手順については次のページを参考にして下さい。

対処9: PCを修理する

Windows 10の再インストールで改善しない場合は、PCに搭載されているハードウェアが故障してることが考えられます。

破損しているパーツ類の交換だけで解決する場合もありますが、破損パーツを特定するにはある程度の知識が必要です。

そのため、修理することが難しい場合は、PCのメーカーや修理業者に修理を依頼するか、新しいPCへの買い替えを検討して下さい。

関連ページ

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)