Safari「問題が繰り返し起きました」でページが開かない時の対処 – iPhone/iPad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhoneやiPadのSafariでウェブページを開こうとすると、「問題が繰り返し起きました」というエラーが表示されて、ページが正常に開かないケースがあります。

このエラーは、Safariで特定のページを開こうとする時だけ発生することもありますが、様々なページでランダムに発生することもあります。

本記事では、iPhone/iPadのSafariで「問題が繰り返し起きました」エラーが発生してページが開かない時の対処方法について詳しく紹介します。

対処1: Safariを再起動する

Safariに一時的な問題が起きていることが原因で、「問題が繰り返し起きました」のエラーが頻発してページを開けないケースが考えられます。

そのため、Safariを一度完全に終了してから再起動することで、エラーが解決する可能性があります。

Safariを終了してから再起動するには、以下の手順で操作してください。

  1. iPhone(iPad)の画面下端から上に向かってスワイプし、画面中央で指を離してマルチタスク画面を表示します。
    • ホームボタンのある機種の場合は、代わりにホームボタンを素早く2回押してください。
  2. 待機中のアプリ一覧が表示されたら、横方向にスワイプして「Safari」を探し、パネルを上方向へスワイプして終了します。
  3. ホーム画面からSafariをタップして起動します。

以上の手順で、Safariを再起動することができます。Safariを再起動できたら、ページが正常に開けるようになったか確認してください。

対処2: Safariの一時データを削除する

SafariのキャッシュデータやCookieなどに問題があることが原因で、「問題が繰り返し起きました」エラーが発生してページを開けないケースが考えられます。

そのため、Safariの一時データを削除することで、問題が解決する可能性があります。

ただし、Cookieを削除するとログインしているサイトからログアウトされて、アカウント情報を再度入力する必要がある点に注意してください。

Safariの一時データを削除するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「Safari」をタップします。
  3. 「詳細」をタップします。
  4. 「Webサイトデータ」をタップします。
  5. 画面下部にある「全Webサイトデータを削除」をタップします。
  6. 確認メッセージが表示されたら、「今すぐ削除」をタップして削除を実行します。

以上の手順でSafariの一時データを削除することができます。削除が完了したらSafariを起動して、ウェブページが表示されるようになったか確認してください。

対処3: デバイスを再起動する

Safariを再起動しても「問題が繰り返し起きました」エラーが改善しない場合は、iPhoneまたはiPadを再起動してみてください。

デバイスを再起動することで、一時的なシステムトラブルをリセットすることができます。

iPhone、iPadを再起動するには、以下の手順で操作してください。

  • iPhoneX以降: 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPhone8以前: 「サイドボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン非搭載): 「サイドボタン」と「音量調整ボタン」を同時に長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「サイドボタン」を長押しして起動します。
  • iPad(ホームボタン搭載): 「トップボタン」を長押しして、電源オフスライダーをドラッグします。電源が切れたら「トップボタン」を長押しして起動します。

デバイスを再起動できたら、Safariを開いてページが正常に表示されるようになったか確認してください。

対処4: ソフトウェアアップデートを実行する

Safariまたはシステムのバージョンが古く不具合があることが原因で、「問題が繰り返し起きました」エラーが発生してページを開けないケースが考えられます。

そのため、ソフトウェアアップデートを実行して、Safariとシステムを最新バージョンにアップデートすることで、問題が解決する可能性があります。

ソフトウェアアップデートを実行するには、以下の手順で操作してください。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「一般」→「ソフトウェア・アップデート」とタップして進みます。
  3. 利用可能なアップデートが表示されたら、「ダウンロードとインストール」をタップします。
    • 「お使いのソフトウェアは最新です」と表示される場合は、既に最新版にアップデートされています。
  4. アップデートを実行したら、画面の指示に従ってダウンロードとインストールを行ってください。

ソフトウェアアップデートを実行してSafariとシステムを最新の状態にできたら、Safariでページが正常に開けるようになったか確認してください。

対処5: デスクトップモードに切り替える

モバイル向けに設計されていないページを開こうとしていることが原因で、Safariで「問題が繰り返し起きました」エラーが発生するケースが考えられます。

特定のページで「問題が繰り返し起きました」のエラーが発生して開けない場合は、ウェブサイトの表示をデスクトップモードに切り替えると正常に表示されるようになることがあります。

Safariでデスクトップモードに切り替えてページを表示するには、以下の手順で操作してください。

  1. Safariを起動して、エラーで開けないページにアクセスします。
  2. 「問題が繰り返し起きました」エラーが表示されたら、アドレスバーの左側にある「aA」と書かれたアイコンをタップします。
  3. メニューが表示されたら「Webサイトの設定」をタップします。
  4. 「デスクトップ用Webサイトを表示」のスイッチを「オン」に切り替えます。
  5. 「完了」をタップして設定画面を閉じ、「更新」ボタンを押してページを読み込み直します。

または、上記の手順でデスクトップモードに切り替えれない場合は、以下のように設定アプリから設定してみてください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「Safari」をタップします。
  3. 「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップします。
  4. 「すべてのWebサイト」のスイッチを「オン」にします。
  5. Safariを起動し、開けなかったページに再度アクセスします。

以上の手順で、Safariをデスクトップモードに切り替えてページを開くことができます。デスクトップモードでページを読み込み直せたら、正常にコンテンツが表示されたことを確認してください。

対処6: 検索候補機能をオフにする

Safariには、検索ワードを途中まで入力すると、検索ボックスの下に検索ワードの候補を表示してくれる検索候補機能が実装されています。

この検索候補機能の不具合が原因で、「問題が繰り返し起きました」エラーが発生してページが開かないケースがあります。

そのため、検索候補機能をオフにして、正常にウェブページが表示されないか確認してみてください。検索候補機能をオフにするには、以下の手順で操作します。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「Safari」をタップします。
  3. 「検索エンジンの候補」「Safari検索候補」「トップヒットを事前に読み込む」のスイッチをすべて「オフ」に切り替えます。

設定を変更できら、Safariでページを読み込み直してエラーが発生しなくなったか確認してください。エラーが解決しない場合は、設定を元に戻して次の対処に進んでください。

対処7: iCloudの同期を停止する

iCloudの同期処理に問題が起きていることが原因で、Safariで「問題が繰り返し起きました」エラーが発生してページが開かないケースが考えられます。

そのため、iCloudのSafariの同期を一旦停止して問題が解決しないか確認してみてください。

iCloudのSafariの同期を停止するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 画面上部に表示される、「自分のAppleIDのアカウント名」をタップします。
  3. 「iCloud」をタップします。
  4. 「Safari」のスイッチを「オフ」にします。

以上の手順で、iCloudのSafariの同期を停止することができます。同期を停止できたら、Safariでページが正常に表示されるようになったか確認してください。

ページが正常に表示されたら、同様の手順でiCloudのSafariの同期を「オン」に戻してください。

対処8: JavaScriptを無効化する

ウェブページに埋め込まれているJavaScriptに問題があることが原因で、Safariで「問題が繰り返し起きました」エラーが発生するケースが考えられます。

上記の問題は、SafariのJavaScriptの機能を無効化することで回避できる場合があります。

SafariのJavaScriptの機能を無効化するには、以下の手順で操作してください。

  1. ホーム画面より「設定」を開きます。
  2. 「Safari」をタップします。
  3. 「詳細」をタップします。
  4. 「JavaScript」のスイッチを「オフ」にします。

以上の手順で、SafariのJavaScriptの機能を無効化できます。無効化できたら、ページを読み込み直してエラーが回避できたか確認してください。

ただし、JavaScriptの機能を無効化すると、他のウェブページが正常に表示されなくなることがあるため、ページ内容を確認できたら機能を有効に戻してください。

対処9: ブラウザを変更する

使用しているSafariのバージョンに不具合があることが原因で、「問題が繰り返し起きました」エラーでページが開かないケースが考えられます。

特に複数のページで同様のエラーがランダムに頻発する場合は、Safariに不具合があることが考えられます。

Safariが最新バージョンになっているにも関わらずエラーが発生する場合は、一時的に『Chrome - AppStore』などの別のブラウザを使用することを検討してください。

その後、新しいソフトウェアアップデートが提供されたらアップデートを実行して、Safariの不具合が改修されたか確認してください。

対処10: サイトの運営者に問い合わせる

ここまでの方法を試してもSafariでページが正常に開けない場合は、ウェブサイト自体に問題があることが考えられます。

特に特定のページのみで「問題が繰り返し起きました」エラーが発生している場合は、ウェブサイト側に問題があることが考えられます。

ウェブサイトの問題が考えられる場合は、ユーザー側で対処することは難しいため、運営側の対応を待つか、運営側にエラーページについて問い合わせてみてください。

コメントを残す

*