sfc /scannowが実行できない・途中で止まって終わらない時の対処法 – Windows10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SFCコマンドを実行すると破損したWindowsのシステムファイルを自動修復することができます。Windows10の調子が悪い時、sfcコマンドを実行するだけで解決できることは少なくなく、とても便利なツールです。

特別な設定は不要ですので決して使い方は難しくありません。しかし、状況によってはコマンド実行の際にエラーが発生したり、スキャンの途中で処理が止まってしまったりすることがあります。

今回は、sfc /scannowが実行できない・途中で止まって終わらない時の対処法について紹介します。

対処1: 管理者権限で実行する

まずローカルユーザーなどの標準ユーザーでログインしている場合は、管理者のアカウントでログインしてから再度操作を行ってみてください。

または次のリンク先にある「ローカル ユーザー アカウントを管理者アカウントに変更する」の内容を参考に、現在利用しているアカウントに管理者権限を与えてください。

さらにコマンドプロンプト(Windows PowerShell)も管理者権限で実行します。いくつか手順がありますが、次の方法が簡単です。

  1. スタートボタンを右クリックして「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。
  2. PowerShellウィンドウが表示されたら画面にそのまま「sfc /scannow」コマンドを入力してエンターキーを押します。
  3. コマンドが実行できるようになったか確認します。

対処2: セーフモードで実行する

特定のシステムファイルが利用中のため修復コマンドが利用できなくなっている可能性があります。この場合はセーフモードで起動し直してからコマンドを再入力することで簡単に解決できます。

セーフモードで起動するには次の手順で操作します。

  1. 「スタート」ボタンをクリックし、表示されるスタートメニューの中にある「設定」(歯車アイコン)をクリックします。
  2. 「Windowsの設定」ウィンドウが表示されます。「更新とセキュリティ」をクリックします。
  3. 左側のリストにある「回復」をクリックします。
  4. 画面右側を下へスクロールし、「PCの起動をカスタマイズする」の項目内にある「今すぐ再起動する」ボタンをクリックします。
  5. しばらくすると「オプションの選択」画面が表示されます。「トラブルシューティング」をクリックします。
  6. 続いて「詳細オプション」→「スタートアップ設定」とクリックして進みます。
  7. 「再起動して、次のようなWindowsオプションを変更します」と表示されたら右下の「再起動」ボタンをクリックします。
  8. 再起動が始まります。そのまましばらく待ちます。
  9. 再起動が完了し、「スタートアップ設定」画面が表示されたらキーボードの6を押し、「セーフモードとコマンドプロンプトを有効にする」のオプションを選択します。この時、もしキーを押しても画面が変わらない場合はテンキーではなくキーボードの上部にある数字キーを利用してみてください。
  10. 管理者権限を持つアカウントでWindowsにサインインします。
  11. 起動が完了したらコマンドプロンプトまたはWindows PowerShellを管理者権限で開き、SFCコマンドを再実行します。

対処3: DISMコマンドを実行する

SFCコマンドが利用できない・エラーが発生するといったトラブルでは、多くの場合ハードディスクのインデックスファイル異常が原因です。

このようなトラブルではDISMコマンドを実行することで簡単に解決できることが多いです。次の手順でDISMコマンドを実行してみてください。

  1. コマンドプロンプトまたはWindows PowerShellを管理者権限で起動します。
  2. 表示されたウィンドウにそのまま次のコマンドを入力し、エンターキーを押します。
    DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth
  3. システムファイルの修復が行われます。完了までしばらく待ちます。
  4. DISMコマンドの処理が終わったらSFCコマンドを再度入力し、問題が解決したか確認します。

対処4: Windows Modules Installerを有効にする

Windows Modules InstallerはSFCコマンドを実行するために必要なシステムサービスです。

通常はデフォルトで有効になっていますが、何らかの要因でこのサービスが正常に稼働指定ない可能性が考えられます。次の手順で確認と必要に応じて設定の変更を行ってください。

  1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。
  2. 「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示されたら、ウィンドウ内の入力欄にservices.mscと入力して「OK」をクリックします。
  3. 「サービス」一覧ウィンドウが表示されます。サービスリストの中から「Windows Modules Installer」の項目を探して右クリックします。
  4. 右クリックメニューが表示されたら「プロパティ」を選択します。
  5. 「Windows Modules Installerのプロパティ」ウィンドウが表示されます。「全般」タブ内の「スタートアップの種類」項目を確認し、設定が「手動」になっていることを確認します。「無効」など、別の設定が指定されている場合は「手動」に変更して「適用」ボタンを押して設定を変更します。
  6. 「OK」をクリックしてウィンドウを閉じます。その後、パソコンを再起動してからもう1度SFCコマンドを実行し、問題が解決したか確認します。

対処5: ハードウェアに異常がないか確認する

メモリなどのハードウェア故障の可能性も考えられます。試用期間の長いパソコンなど、心当たりがあるようであればパソコンの修理サポートの利用やパーツ交換などもご検討ください。

対処6: システムを復元する

上記の方法で解決しない場合はWindowsシステムそのものを初期化してしまうのが最も確実な方法になります。

パソコンを完全に初期化しなくても、復元ポイントが作成されている場合はそれを利用して問題が発生する以前の状態にシステムを戻すことが出来ます。

Windows10では初期設定でCドライブの復元ポイントが自動作成されるようになっていますので、次のリンク先の「システムの復元ポイントから復元する」に記載されている手順を参考にシステムの復元が利用できないか試してみてください。

システムの復元が利用できない場合や、復元しても問題が解決しない場合は初期化するかWindowsのクリーンインストールを行います。

Windowsの初期化およびクリーンインストールに関する詳しい手順については次のリンク先をご確認ください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)